タグ:B級グルメ ( 61 ) タグの人気記事

イタリア、ロンドン、パリという旅程で、欲しいモノはイタリアの食材ですが
移動が多かったので荷物が重くならない様に、パリまでぐぐっと我慢しました。

b0050879_1165113.jpg左上から時計回りに、レイズのポテチ、
イタリアのスープ2種類、オリーブ油、
モノプリのすごく不味かったチョコに、
お猿さんの絵が可愛いマロンのジャムと
同じく不味かったモノプリのクッキーに
何を思ったのか、マイユのマスタード。
これ、世界中どこでも買えるのに、汗。

最終目的地パリで、短時間で沢山買わないと!と思いっきり焦ってしまい
バターやチーズなどは持ち帰り辛いし、ワインはアメリカでも手に入るし
でもチョコは沢山買えたし、イベリコハムも手に入れたし、ということで
最終地パリのスーパーでアメリカで買えない食材やお菓子を探しましたが
スーパーで、よく吟味しないまま、なぜかマイユのマスタードを掴み(汗)
そうよね、パリといえばマイユのマスタードよね、と現地で超納得顔(涙)。

何が哀しいかというと、ガラス瓶入りのマスタードのこれまた重いこと〜。
これなら変わったジャムやオイルの方が何倍もマシでした(とほほ、涙)。

b0050879_116534.jpgで、今回のヒットが、レイズのフランス限定?
ま〜んまイベリコハム!のポテトチップ♪
ポテチを一口、パリッ!と噛み締めた途端、
口中に、イベリコハム、来た〜〜〜〜〜〜♪
お友達にも沢山買えば良かったな〜、と後悔。

b0050879_1165543.jpgでも、やっぱり一番は、チョコレート♪
ラ・メゾン・デュ・ショコラの圧勝〜!
ああ、幸せ〜〜〜♪♪♪

[PR]
b0050879_672719.jpg一昨日ホテルで人気の足つぼを訊ねた際、
もう一軒貰っていたお店の情報が、ここ。
今年九龍に支店が出来たという富足臨
富足臨なのに、Footという英語表記のみ。
アジアンなスパ・リゾートを意識してか、
女性好みの作りだったり、清潔感もあり、
受付もセラピストも、皆若い女性ばかり。
個人的には、まあまあ気に入った感じ。

軽くなった足で、しばし裏通りを歩いて、少し買物した後、
ちょっと小腹が空いたので、ランチにする事に。。。

と、今朝方、足つぼへ行く前に通りかかったお店がフラッシュバック!
開店前の早朝からガラス越しのキッチンでシェフがせっせと何か作成ちう。
近づいてみると、なんとそれは、何十何百モノ、ちびた小龍包と判明。
とりあえず、お店まで戻ってみると、結構な行列だったので、入る事に。

b0050879_673927.jpg英語のめにぅに喜び、注文してみたのは、
こちらの坦々麺と小龍包のセット。
うーん、良くも悪くもなく、普通かなあ。
お店はこじんまりしていて、清潔感有り。
一応手作りのパフォーマンス付だけど、
やや、ファーストフード的な風味も。。。
店内を見渡しても、若い女性が殆どで、
名古屋のスガキヤなぞ、思い出したり。

b0050879_68834.jpg売り、らしい小龍包はというと。。。
タイミング悪く、15分待たされて、
坦々麺を食べ終え、ほぼ満腹時に登場。
皮は薄くて、スープも沢山なんだけど、
ちょっと人工的な甘さが気になる感じ。
MSGなのか、独特の甘さが売りなのか。
やっぱり、ファーストフード系の風味。
が、全部でUS$5位故、文句は言えまい。

[PR]
ってなわけで。
ここのところ、ちびっと多忙が続く、ごくちまってことで。
外出ついでに、近所のホールフーズへ寄り道してのお買い物♪

b0050879_8284842.jpg左上より。。。
クロワッサンにチキンと、お寿司、
先日美味しかったゴルゴンゾーラに、
デリのケーキ数種類をテイクアウト。

b0050879_829218.jpgハワイアン・ドラムスティック♪
ガーリック、生姜、チリ、醤油と、
甘辛いソースが食欲を増すチキン。

b0050879_8291691.jpgツナミ・ラージ・コンボという名の、
〆て、$14.30のお寿司のセット。

b0050879_8292786.jpg5cm程のプチ・フール♪
ちびたケーキのショーケースの中の、
どれを選んでも、$17.99/パウンド。
ちなみに、これだけで、$8くらい。
一年前にケーキを買ったところ。。。
もれなく歯に滲みる程の甘さだったので、
覚悟して食べてみると、なんと甘さ激減!

以上っ、アメリカのスーパーにしては、美味しゅうございました〜♪
[PR]
ってなわけで。
シンガポール名物のB急グルメの代表といえば、チキン・ライス♪
ごくちまも、シンガポールに行く度に必ず一度は食べる程の大好物。

と、先日ごくちま邸に遊びに来ていたゲストしゃんが、
一度も本場のチキン・ライスを食べた事がないということで、
連れて行ったのが、シンガポール・オールド・タウン・カフェ

不味くはないんだけど、鶏肉に骨がついていたり、ソースが違っていたり、
ごくちまの中では、こんなのチキン・ライスぢゃないやいって感じで。
それなら自分で、いちから作っちゃう!と頑張ってみたのが、こちらっ。

b0050879_8204283.jpgごくちま特製のチキン・ライス♪

←キュウリなかったので、アスパラガス。








ディッピング・ソースは左から、
チキン・ソースに、ジンジャー・ソース、
チリ・ガーリック・ソースの3種類♪

ってな感じで。
今日は、本場のチキンライスに一番近い、本格的なレシピをご紹介の巻♪
たんたかたかたかっ、たんたんたーんっ。

まずは、4人分の材料として。。。

ライス;
タイの細長い米ロング・グレイン・ライス、3カップ(600g)
脂付きの鶏の皮、大さじ2杯程度
水、大さじ2杯
生姜を軽く潰したモノ、2cm
にんにくを軽く潰したモノ、2房
塩、大さじ1〜2杯
チキンの茹で汁、3½ カップ
*又は、水とチキン・ブイヨン大さじ1杯を混ぜ合わせたモノ
パンダン(椰子)かスクリューパイン(阿檀)の葉を刻んだモノ、2枚
*ちなみに、ごくちまはパスいちっ。

チキン;
鶏肉、1羽分
水、鶏肉が隠れるくらい
生姜を軽く叩き潰したモノ、親指サイズ
にんにくの皮をむいて軽く叩き潰したモノ、4〜5房
塩、小さじ1杯

チリ・ガーリック・ソース;
生の赤唐辛子を好みで、3〜10本、
生姜、2cmくらい
にんにく、4房、
塩、小さじ1/4杯
(カラマンシー)ライムの絞り汁、2個分、
チキン・ストック(又は茹で汁)、大さじ2杯

ジンジャー・ソース;
生姜、75g
にんにく、6房
塩、小さじ1/2
(カラマンシー)ライムの絞り汁、2個分
チキン・ストック(又は茹で汁)大さじ2杯

チキン・ソース;
にんにくオイル、大さじ1½杯
ごま油、小さじ1½杯
ライト・ソイ・ソース(又は醤油)、大さじ5杯
砂糖、大さじ1½杯
水、大さじ3杯

飾りとして;
パクチー(コリアンダー)
スライスした玉ねぎやキュウリやトマトなど、お好みで。

チキンの作り方; 
1、大きな鍋にお湯を沸かし、塩、生姜、にんにく、鶏肉を入れ、
20〜25分程、弱火でチキンを蓋をしないで煮る。
2、火を止め、鍋に蓋をし、完全に火が通る様、20〜25分程置く。
3、鍋から鶏肉を出し、氷水を入れたボウルに入れて、5、6分冷ます。
4、鶏肉を取り出し、ザルで水切りをした後、適当な大きさに切る。

ライスの作り方;
1、米を洗い、ザルにあけ、よく水を切っておく。
2、大きな鍋を熱し、鶏の脂と水を入れ、弱火で脂を溶かす。
3、生姜とニンニクを入れ、焦がさない様に炒め、鶏の皮と脂を捨てる。
4、米と塩を加え、1〜2分満遍なく炒める。
5、4を炊飯器に入れて、鶏肉の茹で汁と葉を加え、普通に炊き上げる。
6、鍋で炊く場合は、弱火で焦げない様たまにかき混ぜながら炊く。

チリ・ガーリック・ソースの作り方;
1、フード・プロセッサーに全ての材料を入れて混ぜるだけ。
2、好みで、塩や砂糖を増減。
3、冷蔵庫で2〜3日の保存可能。

ジンジャー・ソースの作り方;
1、フード・プロセッサーに全ての材料を入れて混ぜるだけ。

チキン・ソースの作り方;
1、全ての材料を混ぜ、鶏肉の上からかけるだけ。
2、にんにくオイルが無い場合、フライパンに油を入れ、3、4個のにんにくを数分弱火で炒めた油で代用OK。
*2は容器に入れて、長期保存可能。
*ごくちまはソースとしてつけて食べましたっ。

チキンとライス、飾りをお皿に盛り合せ、ソースをつけて、出来上がり♪
[PR]
ってなわけで。
昨日に引き続き、SFベイエリアの美味しい飲茶といえば、Koi Palace
がっ、「コイ・パレス」は、SF空港そばのデイリー・シティと少し遠くて、
ベイエリアで一番との評判は聞いてはいたものの、ずっと行けずじまい。。。

と、今月ダブリンにソフト・オープンしたのが、Ulfertsという郊外型モール。
韓国、ベトナム、香港、タイ、中国、シンガポール、日本などなど、
13軒のレストランからなるモールのグランド・オープニングは、3月8日♪

アジア系レストランの中には、先日のシンガポール・レストラン上階に、
なんと「コイ・パレス」の姉妹店「コイ・ガーデン」がオープン♪

b0050879_7325689.jpg半分切れてるけど、、、
ポットの下のキャンドルで保温ちう。
名物の焼きそばと、子豚の丸焼き♪
焼きそばは、どのテーブルを見ても、
ほぼ全テーブルにある程の人気の逸品。
子豚の皮は、少し生臭さくて、NG。

b0050879_733888.jpgエビ餃子は、大好きな極薄の皮♪
XO醤が載ったのは、ちびっと辛過ぎて、
他の繊細な味を殺してしまう、一品。
豆乳スープに入って出て来た湯葉巻は、
これでもかってくらいの豆乳攻め。

b0050879_7332311.jpg焼きそばと同じ位、大人気だったのが、
手前の揚げたてのシュガー・パフ♪
奥のライチ・タピオカ・プリンは、
甘さ控えめのココナッツ風味♪

b0050879_7333431.jpgシュガー・パフを割ってみると。。。
さくさくの外側はドーナツに似た風味で、
お砂糖がまぶしてあって、素朴な甘さ。
中は、シュークリームの様な空洞状態。
デザートは別腹星人♪じゃなくっても、
もりなく、軽く2個は行けちゃう軽さ♪

[PR]
ってなわけで。
SFベイエリアの美味しい飲茶シリーズの第一弾はオークランドより、
ローカルにも日本の「美味しんぼ」ファンにも人気がある、Peony

b0050879_8367.gif店内には旧正月のデコレーション♪

b0050879_832067.jpg蒸し立ての飲茶を載せたワゴンを押し、
店内を練り歩く店員しゃん。。。
大半が英語が通じなかったりして、
蓋を開けてもらい、見た目で判断し、
欲しい時はイエス、その逆はノー。

b0050879_833397.jpg恐る恐る、、、一口ぱくりっ。
美味しい時は、大当たりと喜び合い、
今イチな時は、外れと笑い合ったり。
好きな仲間と食べる、美味しいひと時♪

b0050879_834838.jpg終り良ければ全てヨシっ。
揚げたて熱々のセサミ・ボールに、
生クリーム系のマンゴー・プリン♪

[PR]
ってなわけで。
本日はタイトル通り、最近美味しかったモノ&不味かったモノを、ご紹介♪
>単独だと、ちとパワー不足な小ネタをまとめて処分したかったらしい。
くすす。

b0050879_5391598.jpgパッケージに惹かれて買ったモノの、
香りも味も、ごくちまご用達のお茶、
Mightyleafとは大違いの不味さだった、
Leaves pure teas by China Mist
カモミールも草系、日本茶は激安系。

b0050879_5393521.jpgごくちまの裏庭のオレンジ♪
5年以上経っての初収穫だというのに、
日陰にあるせいか、ちと甘み薄。。。

b0050879_5395410.jpgアメリカでモンブランを発見!!
ちうごく系のベーカリーなんだけど、
パンは、以前日系スーパーで試した所、
まあまあだったので今回はケーキに挑戦。

b0050879_540751.jpg左のモンブランはというと。。。
栗のペーストは、まあまあだけど。
タルトはバター少なめな堅めの生地。
生クリームは人工的な甘さが気になるし、
カスタードクリームは水っぽい感じ。
右のココナッツ・マンゴー・ケーキは、
ムースは美味しいけど、やや甘めで、
下のココナッツ・パイが激甘で惜しいっ。

b0050879_5402390.jpg終りよければ、全てヨシってことで。
ごくちまの大好きなQuintessaの
セカンド・ワインとは思えないほど、
香りもコクも深みもてんこ盛りぃ。
エチケットも可愛い、Faust♪

[PR]
ってなわけで。
ダブリンといっても、アイルランドのダブリンじゃなくて。
サンフランシスコの東南方向にある、郊外の街、ダブリン。
で、昨年オープンしたのが、アジアン系のやむやむモールで、
その一階にあるのが、シンガポール・オールド・タウン・カフェ

b0050879_9133726.jpg店内奥には、シンガポールの昔の写真。。。

b0050879_9135123.jpgちうとはんぱにアジアンだった玄関口。
シーリング・ファンは、ラッフルズを意識ちう?

b0050879_914283.jpgランチのおまけについてくるのが、本日のスープ。
この日は、トムヤンクン・スープ♪

b0050879_9141598.jpgアペタイザーより、Roti Canai♪
インド系のフラット・ブレッドに、
タロ芋入りカレーのディップ・ソース♪
クロワッサンみたくフレイキーな、
美味しいパンと濃厚な甘めのカレー。
やむやむっ。

b0050879_9142699.jpgハイナン・チキン・ライス♪
ソースはチリの1種類のみで、がっくし。
チキンは骨付で食べにくいことよっ。
ライスは黄色くて、少しパサパサ。
ライスの下に、甘いソースがあったり、
本場のチキン・ライスと、ちと違うけど、
本場のチキン・ライス未体験の人は、
結構喜んでくりたので、ほっ。

b0050879_9143644.jpgホッケンミーを食べたかったのだけど、
ランチは、ホッケン・ヌードルのみ。
で、ホッケン・ヌードルを注文っ。
エビもイカもプリプリで、麺は2種類。
味付けは悪くないけど、ぐずぐずな感じ。

b0050879_9144781.jpgそして、こちらは、ナシゴレン♪
甘からず辛からず、かといって旨からず。
そんな感じぃ。

ちなみに、この日参加したのは、、、
ごくちまを始めとする、女性3名っ。
で、メイン3品を全員半分残す程の量っ。
でかっ。

[PR]
ってなわけで。
ごくちま@スーパー大好き主婦ご用達のスーパーでもありっ、
てんこ盛りのグルメな商品展開&オーガニック志向といえばっ、
全米だけじゃなく、UKでも展開ちうのWhole Foods(ホールフーズ)

お肉もお魚も他より新鮮で、何より選び抜かれた産地限定という安全さに、
フォアグラや神戸牛は、飼育方法に反対して、売れ線なのに扱わない、
そんな、しゃきーんっとした姿勢も、かなりごうかーく。

オーガニックだけじゃなく、エコ対策も随分前から取り入れていて、
オリジナルの緑色のエコ・バッグは、$1.99と安さと丈夫さが自慢。

ロングスやトレーダー・ジョーズなんかのエコ対策な様でいて、
カラフルな保冷バージョンや、イラスト違いで数種類なんていう、
日本の消費者寄りの考えの様なエコ・バッグ展開とは一線を引く感じ。

既にプラスティック袋を廃止したトレーダー・ジョーズに続けとばかりに、
4月22日のアース・デーを目標に、プラスティック袋を廃止予定だそう。

こんなオイタをしたりと、なんともぷすすなCEOなんだけど。。。
それはさておき、ごくちまオススメのホールフーズやむやむは、こちらっ。

b0050879_759688.jpgStrausのぎうにうっ&ヘビー・クリーム♪
アメリカの牛乳=薄くて不味いという図式を、
さくっと取っ払う程の美味しさと濃厚さ♪
ぎうにうの蓋を開けると、バターみたいな上澄み。
ヘビー・クリームはクロテッド・クリームみたく、
コクと甘みと旨味があり、くどさと脂っぽさなし。
全シリーズが揃うのは、ここだけっ。
*但し、ごくちまのご近所限定の話。
くすす。

b0050879_7591812.jpgPoco Dolceのチョコレート♪
このチョコレートだけじゃなく、
他のメーカーのも美味しいモノ限定。
ホールフーズで売れているモノ=
アメリカでブレークするモノだったり。

b0050879_759307.jpgポコ・ドルチェのチョコレートで、
ごくちまが好きなバージョンは、
岩塩+キャラメル+ビター・チョコ。
回転が早いので、見つけたら即買い!

そして、これなしではホールフーズは語れないのがっ、こちらっ。

b0050879_7595361.jpgチーズ&サラミ♪
上の画像左から。。。
フラマニのサラミ&チョリソーに、下のミルク・チーズに、
シャンパンにピッタリの定番チーズといえばのLa Turに、
パルメジャーノをよりフルーティにした感じのPiave Vecchio Miticaに、
ゴート・チーズ好きには溜まらないCaprino Cremoso W Truffle Guffantiに、
ゴートとは思えないコクありのGoat Truffle Tremor Cypress Groveに、
今回初挑戦となる牛+黒とりふのSottocerene Al Tartufoに、
そして真中の羊+黒とりふのSheep Gufanti Tartufo Moliterno♪
くーーーーーーっ。

b0050879_80637.jpgFRA'MANIのSalametto Piccante♪
Spicy dry chorizoというフレーズに、
臭くて不味いチョリソーを思い出し、
今まで手を出さずにいたブツ。。。
チーズ・ソムリエのオススメでトライ。
こりがまた、今まで食べたチョリソーの
不味いイメージ払拭しちゃう感じぃ。

b0050879_801795.jpgRobiola Lange 2 Milk Guffanti♪
牛と羊のミルクから出来たチーズ。
こりがまた、とってもミルキーで、
カマンベールとブリー程クセもなく、
二つの良い所取り+フレッシュ感。
チーズだけで食べたい感じの逸品。

[PR]
ってなわけで。
先日パリへ行くアメリカ人のおともらちに、何が欲しいと訊かれて、
もしついでがあって見つかれば、栗のペーストを、と頼んだところっ、
さくっと買って来てくれた、栗のお土産は、こちらっ。

b0050879_10293220.jpg栗65%のジャムらしきモノっ♪>惜しいっ。
アメリカ人は、余り栗を食べないというか、
知っててもマロングラッセか焼栗程度だったり、
たまにスタッフィングに入れる人もいるけど、
メジャー度も今イチで、栗のお菓子も余りなくて、
栗のペースト自体、よく分らなかったらしい。
そのままでも、パンに塗っても美味しいけど、
さくっと閃いた、ごくちま@早速スタート!

b0050879_10294453.jpgたんたかたかたか、たんたんたーんっ♪
まずは、スポンジケーキから。。。
卵をミキサーでしっかり泡立てて、
お砂糖とふるった粉をさっくり混ぜ、
オーブンで焼いてる間に。。。

b0050879_10295515.jpg9分立てにした生クリームの中に、
栗のジャムを味見しながら加えて、
ぐるぐるとしっかり混ぜて出来上がり。
焼き上がったスポンジを冷ました上に、
マロンクリームを満遍なく広げて。。。

b0050879_1030812.jpgモンブランのロール版の完成♪
とっても甘さ控えめで、やむやむっ。
おともらちに、ツルの恩返しならぬ、
ジャムの恩返しとばかりに、進呈♪
アメリカにモンブランはないので、
おともらち@初モンブランに大絶賛!
やたーーーっ。

[PR]