タグ:ヨーロッパ ( 77 ) タグの人気記事

キテレツちっくなアイザック・ミズラヒのと面白キャラはまた別モノといいますか、
天才ならではの?いい感じの弾け具合が大好きな、カール・ラガーフェルド様♪

b0050879_11265950.jpg先日発表した、物議を醸したiPod付きの
ファー・バイク・ヘルメットについては、
そりゃ脇の下に抱えたら冷たいけどねえ、
毛っていうか、でかいヅラみたいなもんさ。
iPodの操作も、とっても簡単だしね、ま、
いいアイデアって、いつもバカバカしいものさ。

なんて感じで、さらっとかわして、今年流行るかもしれない80年代についても、
一度(80年代を過ごして)経験してるから要らないね、沢山だよ、と、ばっさり。

いちいち可愛くて可笑しいカール・ラガーフェルドのインタービューは、こちら♪



やるなあ、カール“ビヨンド”ラガーフェルド♪
[PR]
リーマン破綻以来、ロンドン市内のどこのレストランも客足が減っているらしく、
今年サバイバル出来そうにないと言われるレストランが50軒以上という記事は、こちら
中には、既にクローズしたり、営業日を減らすお店も出て来ている様。。。
今年は特に、海外旅行ガイド本の修正が大変そう〜〜〜。

以前は超予約困難だった高級レストランの予約が、割と簡単に出来ちゃう今だったり、
高級ブティックのスカした店員がサバイバルする為、超親切丁寧キャラに変身していたり、
ユーロ安で買物天国と、観光客には嬉し楽しい事てんこ盛りのロンドンなのですが、
この状態、一体どこまで行くのやらと思うと、ちと複雑な気分になったり。。。

そんな厳しい状況だったりするロンドンの有名レストランに対し、、、
全然活気づいていたりする、アメリカ各地の高級レストランの記事は、こちら

確かに、SF在住の友人らの話でも、ザ・フレンチ・ランドリーやゲイリー・ダンコ、
マイケル・ミーナなぞ、以前と変わらず連日てんこ盛り、だそうですからねえ。。。
[PR]
b0050879_957056.jpgパリのPIERRE HERMÉ PARIS
ピエール・エルメ・パリ本店へ♪
続いては輝きのショーケース編。


まるで美しく豪華な宝石を眺めているみたいでした♪             
[PR]
b0050879_9523343.jpgパリといえば、ピエール・エルメ♪
今回のお土産、何にしようかな〜。
マカロンにしようかな〜♪

b0050879_9523596.jpg今回の訪問時は真夏ということで、
マカロンの賞味期限は3日間が理想。
帰国日は朝早い飛行機ということで、
当日朝のお買い物は時間的に無理〜。
結局マカロン購入は泣く泣く諦めて、
ボンボン・ショコラ詰め合せを2箱と
ゆっくり楽しめるショコラ・ショーに
パン・オー・ショコラなどなど。

b0050879_9523710.jpgラ・メゾン・デュ・ショコラとは
また違った魅力の美味しさ〜〜〜♪

[PR]
b0050879_10174399.jpgパリのPIERRE HERMÉ PARIS
ピエール・エルメ・パリ本店へ♪
続いては、華麗なイスパハン編。

b0050879_10174691.jpg甘いライチの香りでいっぱい〜。

b0050879_1017486.jpgしっかり素材にも拘る姿勢が好き♪
瑞々しくフレッシュなラズベリー。
(仏語では、フランボワーズ)


新鮮で美味しい素材が美しいアートに生まれ変わる瞬間です♪                 
[PR]
b0050879_1029752.jpgパリのPIERRE HERMÉ PARIS
ピエール・エルメ・パリ本店へ♪
続いては美しいパティスリー編♪

b0050879_10291145.jpgまるで絵画アーティストの様。。。

b0050879_10291474.jpgただ美しいだけでは終らないのが
ピエール・エルメのパティスリー♪


エルメではキッチンと呼ばずラボ(研究所の意味)と呼びます♪             
[PR]
b0050879_10515028.jpgパリといえば、泣く子も黙るどころか
大人も喜ぶ(笑)ピエール・エルメ♪

b0050879_10515224.jpgまだ早朝のオープン前ということで、
もちろんお店の中には人影もなくて
ショーケースの中もガラガラの状態。
そこで予めいただいていた携帯番号に
電話をすると奥から担当の方が現れて
ドアを開けて下さり、一緒に奥へと♪


いよいよ、ピエール・エルメ・パリ本店のキッチンに潜入ですよ〜♪                  
[PR]
b0050879_11363449.jpgロビー横にあるドアをくぐると。。。

b0050879_11363651.jpg落ち着いた感じのホテルのレストラン。
晴れた日は隣の中庭のテーブルがオススメ。

b0050879_11363998.jpgミルク・ティーとグレープフルーツ・ジュース♪
アメリカでは高級ホテルさえパックが多い中
ちゃんとちゃんとの葉っぱの紅茶が嬉しい〜。
撮り忘れたブレッド・バスケットを頼んだら
美味しいバターにハニーやジャムてんこ盛り。

b0050879_11364144.jpg旦那しゃんは、オムレツ〜。

b0050879_11364315.jpgごくちまは、目玉焼き〜。

[PR]
b0050879_11293448.jpgパリのシャルル・ド・ゴール空港に到着〜♪
ルフトハンザ航空のラウンジも改築中だった様で、
ラウンジ使用不可の為、ゲート横のロビーへ移動。
いただいたミール・クーポンを使い、お買上げ♪
パッケージが超可愛い、岩塩を使ったポテチに、
ココアとラッテに、不味かったプチ・ビスケット、
柔らかくて少し甘めだった、チョコ・ワッフル他。

b0050879_1129366.jpgヒマだったので免税店を冷やかしに〜。
貰って困るシリーズ第一弾とばかりに
←黄色のビスチェ型の花瓶を見た後は
エッフェル塔が悪くないと思えたり?

b0050879_11293839.jpg貰って困るシリーズ第二弾という訳で
子供がいなくて良かったと安堵した程
イケてない超ぶちゃいくなぬいぐるみ。
両端のエッフェル塔はまだ分りますが
真中のゾウさんもどきの肌色のモノ!
しかも価格は可愛くない12ユーロ也。
この時の相場で換算すると約2千円強。

b0050879_11294029.jpgルフトハンザのビジネス・ファーストの
これが意外にもまあまあだった機内食♪
見た目が悪いせいか余計に新鮮な驚き。
食後しばらくするとドイツへと到着〜。

[PR]
イタリア、ロンドン、パリという旅程で、欲しいモノはイタリアの食材ですが
移動が多かったので荷物が重くならない様に、パリまでぐぐっと我慢しました。

b0050879_1165113.jpg左上から時計回りに、レイズのポテチ、
イタリアのスープ2種類、オリーブ油、
モノプリのすごく不味かったチョコに、
お猿さんの絵が可愛いマロンのジャムと
同じく不味かったモノプリのクッキーに
何を思ったのか、マイユのマスタード。
これ、世界中どこでも買えるのに、汗。

最終目的地パリで、短時間で沢山買わないと!と思いっきり焦ってしまい
バターやチーズなどは持ち帰り辛いし、ワインはアメリカでも手に入るし
でもチョコは沢山買えたし、イベリコハムも手に入れたし、ということで
最終地パリのスーパーでアメリカで買えない食材やお菓子を探しましたが
スーパーで、よく吟味しないまま、なぜかマイユのマスタードを掴み(汗)
そうよね、パリといえばマイユのマスタードよね、と現地で超納得顔(涙)。

何が哀しいかというと、ガラス瓶入りのマスタードのこれまた重いこと〜。
これなら変わったジャムやオイルの方が何倍もマシでした(とほほ、涙)。

b0050879_116534.jpgで、今回のヒットが、レイズのフランス限定?
ま〜んまイベリコハム!のポテトチップ♪
ポテチを一口、パリッ!と噛み締めた途端、
口中に、イベリコハム、来た〜〜〜〜〜〜♪
お友達にも沢山買えば良かったな〜、と後悔。

b0050879_1165543.jpgでも、やっぱり一番は、チョコレート♪
ラ・メゾン・デュ・ショコラの圧勝〜!
ああ、幸せ〜〜〜♪♪♪

[PR]