<   2009年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

b0050879_2182074.jpgシュノーケルの疲れも取れたので、
そろそろランチ・タイムとなり。

b0050879_2183221.jpg余りにも天気が良く海&空の色がキレイなので、
てくてくと桟橋を歩いて行くことに。。。

b0050879_2184348.jpg日差しはキツくても、気持ち良い〜♪

b0050879_2185550.jpgあらら?トタン屋根がむき出しに。
その上の古いヤシの葉が剥がされ、
新しいヤシの葉が、横で待機中〜。

b0050879_2185319.jpgどこもかしこもコダック・モーメント♪

b0050879_2192034.jpgせっかくなので、ちょっとだけ立ち止まって、
正面にあるサンドバンクを眺めてみたり。

b0050879_2193326.jpgレストラン・ブルーが見えて来た〜。

b0050879_2194429.jpg桟橋の反対側も、キレイなブルー。
この浅瀬部分で毎朝見掛けるのが、
カラフルなトロピカル・フィッシュと
朝食を探しにやって来る、ちびたサメ!

b0050879_2194416.jpg晴れた日は更に絵になる根っこかな。
>一句でけた。

b0050879_2195081.jpgブルーという名のレストランだけあり、
青い空の眩しい程の美しさに、乾杯♪

[PR]
水上ヴィラからリーフに向って、100m以上泳いでみたところ、
ほんのちょっぴりの珊瑚があったり、たまにお魚さんに出会う程度と、
かなりがっかりしたので、早々に水上ヴィラへ向って戻ろうとした際、
ふと思いついて、水上ヴィラの一番奥の420番のすぐ近くにある、
リーフに沿って泳いで戻ろうとスタートした、その途端に。。。

b0050879_2121338.jpgあれれ?珊瑚が沢山見えて来た。

b0050879_2103243.jpgリーフ沿いの珊瑚の豊かなこと!

b0050879_2104334.jpgお魚さんも、色んな種類が沢山。

b0050879_2105556.jpgすぐ近くを泳いでも、全然平気な様子。

b0050879_211619.jpg丸い珊瑚も、あちこちに。。。

b0050879_2111755.jpg黄色いシマシマも、いっぱい。

b0050879_2112717.jpgトキトキ珊瑚が多く、波も荒いので、
泳ぎに自身がない人は、危険かも。

b0050879_2113884.jpg間近で観るブルーのキレイなこと。

b0050879_2114913.jpg黄色いシマシマのお魚さん御一行〜。

b0050879_21204.jpgでっかいヒトデも、こんにちは〜。

b0050879_2142065.jpg大小色んなお魚さんがいっぱい。

b0050879_2123220.jpgかなり浅くなって来たせいか、
ブルーの発色がよりキレイに。

b0050879_2125482.jpgん??
茶色い壁に突き当たっちゃった?

b0050879_2124489.jpgどうやらリーフの壁まで来たモヨウ。
リーフに近い方が沢山珊瑚もあるし、
お魚さんも沢山いるんだけれども、
波がものすごく荒いので要注意〜。

b0050879_213305.jpgかなり浅くなって来てしまったので、
この先真っすぐ進むのは危険かと。

b0050879_213779.jpg少しリーフから離れて行くと。。。

b0050879_2131986.jpgお魚の数は減っちゃうけれど、
波に流されたりする危険はなくて、
のんびりシュノーケルが楽しめます。

b0050879_2134133.jpg丸い珊瑚のが裏返っているのが、
それとも貝か別の珊瑚かな。。。

b0050879_2135359.jpg色んな珊瑚を観れて、ちょっと安心。

b0050879_214617.jpg一人ぽっちのパウダーブルーを発見。

b0050879_2143348.jpg端っこの420番が近付いて来たので、
プライバシー云々を考えたりして、
自分のヴィラへ向って、進路変更。

b0050879_2144430.jpgまたお魚さんのいない空間へ。。。

b0050879_215268.jpgデッキに上がり、シャワーを浴びた後は。。。

b0050879_2151425.jpgしばし、プールと海を眺めつつ、
まったりしながら、お茶休憩を♪
くーーーっ。

[PR]
b0050879_1925950.jpgモルディブ滞在4日目の午前中、
ちょっと雲は出ているものの、
雨期にしては、なかなかかの快晴♪
ということで、早速FSランダーの
ハウスリーフをチェック〜〜〜。

b0050879_19253078.jpgプール横にある階段を下りて、デッキへ。
プールの裏側には、屋外の温水シャワーが♪

b0050879_19254141.jpg階段横には、救命用の浮き輪も。

b0050879_19255213.jpgこの瞬間が、溜まりませ〜ん♪

b0050879_192623100.jpgシュノーケリング初日ということで、
旦那しゃんに同行して貰ったのですが、
一緒に着いて来てもらって良かった〜、
と思った程、砂地故の不透明さ。。。
見回しても、お魚さんの姿全くなし。

b0050879_19371339.jpg数十メートルほど沖に向って泳ぐと、
やっと小魚の群れに遭遇〜。

b0050879_19374782.jpg更に真っすぐ進んで行くと。。。

b0050879_19263742.jpgちびた珊瑚が、ぽつりぽつり。

b0050879_19285089.jpgテーブル珊瑚の下に、お魚さん。

b0050879_192918.jpgこっちの珊瑚にも、お魚さんが。
それにしても、少ないなあ。。。

b0050879_19301374.jpgこっちの珊瑚には、大量のちびた発見。

b0050879_19302364.jpgあ、ハワイのお魚さんだ〜〜〜。

b0050879_193037100.jpg紫色がキレイだったので、ぱちり。

b0050879_19304964.jpgどんなお魚さんがいるかなあ。。。

b0050879_1931045.jpgよく群れで見掛けるお魚さんが一匹で。

b0050879_19311121.jpgしばらく行くと、今度はフグさん。
すぐに逃げて行っちゃいました。

b0050879_19312123.jpgこっちには、ブルーのお魚さんが沢山。

b0050879_19313292.jpg段々と浅くなって来ていて、
いざという時に立ち上がる際などに、
珊瑚を踏んでしまったらダメだし、
危険でもあるしと、迂回してみると。

b0050879_19314440.jpg今度は、なぜか砂地の部分に突入。
珊瑚が足元にない事を確認した後、
さくっと立ち上がってみると。。。

b0050879_1932442.jpgなんと、サンド・バンクのすぐ手前!
道理で段々と浅くなり、砂地なはず。

b0050879_19315382.jpg遥か遠くに見える、水上ヴィラが。
100m以上泳ぎ、これだけの収穫とは。
うーん。。。

[PR]
b0050879_15575486.jpgサンセット側なので、朝日は見えず。
ほんのりピンクがかった空の色。

b0050879_1557582.jpgサンライズ側は、明る目の空の色。

b0050879_15571537.gifバギーを待つ間、海を眺めていたら、
ちいさなスティング・レイを発見。

b0050879_15572619.jpgバギーだと長い桟橋もあっという間。

b0050879_15583510.jpgメイン・レストランのカフェ・ランダーに到着〜。
毎朝虫除けスプレーを散布してるそうだけど、
周りに浅いプール(泳げません)が有るせいか、
2週間弱の滞在中、ここで3回も蚊にチクリと。

カフェ・ランダーの朝食ですが、ほぼクダフラと同じだったので、
朝食ブッフェの写真はパス(過去ログのクダフラを参照下さいまし)。

b0050879_15584469.jpgランダーでもカーボ祭りを開催中。

b0050879_15585520.jpg〆は、パン・オー・ショコラと、
フルーツにプレーン・ヨーグルトを。
キャロット&アップル・ジュースと。

b0050879_1558622.jpgヴィラには戻らず、ちょっと寄り道を。

b0050879_1559161.jpgフロント中央のテーブル上の涼しげなガラスの器。

b0050879_15592713.jpg中央には、ぐるっと大きなカウチが。

b0050879_15593744.jpgギフト・ショップを通過すると。。。

b0050879_15584998.jpg遠くに見えて来たのは、メイン・ジェット。
メイン・ジェット手前を左に曲がると。。。

b0050879_15595943.jpgダイビング・センターです。

b0050879_15595184.jpgダイビング・センターの広〜いデッキ部分。

b0050879_1602262.jpgダイビング・センターの桟橋から、
ダイブやシュノーケルのボートが出発。
受付に行くと、元気一杯なスタッフが、
ちらっと見ただけで足に合うフィンを。
履いたら当たって痛いので交換を頼むと
小さいと脱げますから、と交換はなし。
かなり痛いけど、大丈夫かなあ。。。

[PR]
クダフラからランダーへ移動する際、ボート&シープレーン共に遅れ、
お昼前に到着予定が、結局ヴィラでのんびり出来たのは、午後2時から。
ランチには中途半端な時間だしと読書でまったりしていたら。。。

b0050879_1585799.jpgあっという間にサンセット♪

b0050879_159221.jpg空がキレイだから、お散歩かねて、
レストランまで歩いてみようか。

b0050879_159479.jpgこんな感じに水上ヴィラの桟橋の、
途中に2カ所の小さなスペースがあり、
狭い桟橋の上をカートや自転車などが、
ここで待機して譲り合ったりも。。。

b0050879_159302.jpgこんな所まで、なんだかいい雰囲気。

b0050879_1594057.jpgヒールを履いて来た事を後悔しつつ、
5分ほど桟橋の上をゆっくり歩くと、
右手に見えてくるのが、ブルー♪
ブルーの右側がサンド・バンクです。

b0050879_1595170.jpg左側には、スパがあります。

b0050879_1510215.jpg飛び魚みたいな魚が泳いでる〜。

b0050879_1510185.jpgこの根っこ、結構フォトジェニックなのよね〜。

b0050879_1595515.jpgなどと数枚写真を撮ってる間に、
あっという間にサンセット終了間近。

b0050879_1510342.jpg慌てて向った先は、レストラン&バー「Blu」♪

b0050879_15104489.jpgお魚さんのオブジェも、いい感じ〜。

b0050879_15104391.jpgこんなビーチ・ハウスが建てたいな。

b0050879_15103278.jpgキャンドル型のライトもいい感じ。

b0050879_1511452.jpgフォカッチャなどのブレッドに、
手前の二色のディップはガーリックと
ドライ・トマトの2種類のディップ。
ワインは、軽めのムルソーを。。。
アミューズは、帆立とベル・ペッパー。

b0050879_15113763.jpgビーチに人影はなく、キャンドルの灯りがキレイ。

b0050879_15105410.jpgソルト・チーズ・サラダ。。。
堅くてパサパサしたチーズとは知らず、
殆ど残してしまい、ごめんなさーい。
と、心配してくれたウェイターさん、
毎回残す度に、何か不手際でも??
何か別の物をお出ししましょうか??
お客様に満足頂くのが私共の仕事です。
お馴染みのFSの決め台詞ですね〜。

b0050879_1511476.jpg旦那しゃんのフォアグラ・ソテー。

b0050879_15113665.jpg旦那しゃんのサラダかな。

b0050879_15114885.jpgイカスミのパスタ、白身魚入り。
余り風味がなく、お塩をかけて。

b0050879_15122064.jpg旦那しゃんのパスタかな。

b0050879_15123050.jpgヨーグルトとストロベリーのアイスクリーム。
アイスクリームが一番美味しかったかな〜。

b0050879_1512215.jpgおまけは、ブルーのレスト・ルームより。
白いゲコが沢山いて、ハワイを思い出したり。。。

という感じで、モルディブ3日目の夜は更けて。。。
[PR]
リビング・ルームとバス・ルームに続いては、プールとデッキ編♪

b0050879_1912483.jpgその前に、ちょっとひと休みということで。

b0050879_19121762.jpgウェルカム・ギフトのワインで、乾杯♪

b0050879_19124295.jpgかなり甘めのワインで、ギブ・アップ〜。
どうしてウェルカム・ギフトが白ワインの場合、
甘口のワインの確率が高いのかなあ。。。

b0050879_19125598.jpgお口直し?に、各種クッキー盛り合わせを♪
チョコのとフロランティーヌが美味しい〜。
半分以上が卵白系クッキーで、ちょい残念。

b0050879_1913766.jpgリビング・ルームからの眺め。。。

b0050879_19211966.jpgそして一歩デッキに踏み出した途端、
くーーーーーーーーーっ。

b0050879_19223398.jpgデッキ・チェアからプール沿いに、
モルディブの海を眺めて。。。

b0050879_19233199.jpg右側には、テーブル&チェアが。
昼夜は結構暑いので、朝食がベスト。

b0050879_19224620.jpg右側には、木製のベンチがあり、
ベンチ横には下デッキへ続く階段が。

b0050879_1923070.jpg海の中へと降りて行くハシゴと右にもデッキが。
階段左のプール裏部分にも屋外シャワーが。
満潮になると、デッキのすぐ下まで波が当たり、
デッキの下から、こんな風に強い波しぶきが。
こんな時は滑り易くなっているので、要注意。
プールの下部分のコンクリートに波が当たると
どっぱーん、と結構大きな音がして、ビックリ。
サンセット側に比べてサンライズ側のヴィラは、
波が多く、夜はすごく大きな音で気になる人も。

b0050879_19231319.jpgプールの深さは1m20cmくらいだったかな。
端まで行き、立ったままへりに肘をついて、
読書をするのに、丁度良い高さだった様な記憶。
プール・サイドには、目隠しになる塀が◎。

b0050879_19234834.jpgデッキ左側のらせん階段を上がって行くと。。。

b0050879_1924143.jpgロフト・スペースに、デイ・ベッドが。
デイ・ベッドのタオルは、毎日交換。
居心地はなかなか、でも昼は蒸暑〜い。

b0050879_19243170.jpgデイ・ベッドに寝転がってみると正面には。。。

b0050879_1925937.jpgインド洋が広がります〜〜〜。

b0050879_19244664.jpgロフトから下のプールを眺めて。。。

b0050879_19252647.jpgらせん階段を下る時がちょっと怖〜い。
夜間や酔っぱらい星人は、要注意かと。

b0050879_1925418.jpgこれは、らせん階段の途中からの眺め。
こんな風に、お隣のプールが見えたり、
写っていないけど、左側には窓があり、
覗くつもりがなくても自然に方向的に、
シャワー・ルームが見えてしまうので、
シャワーを浴びる際には、要注意〜。

[PR]
プール付き水上ヴィラのリビング・ルーム編に続いては、バス・ルーム編♪

b0050879_18161540.jpgバス・ルームへと入って行くと。。。
すぐ右側の扉の外にあるのが、屋外シャワー。

b0050879_1816408.jpgシャワーは、やや浴び難い流れてくるタイプ。
塀が高めなので、外から見られる事もなし。
夜でも安心な?夜間照明付きです。

b0050879_18165690.jpgバス・ルーム正面にあるのが、トイレ。
クリア・ガラスの床ですが、殆ど魚の姿はなし。
蓋付きのゴミ箱に、ビデもしっかりと完備。

b0050879_1817485.jpgそのお隣には、バス・ローブと室内履きに、
濡れた水着を掛けられる、便利なラックが。

b0050879_1819327.jpgラックの横には、シャワー・ルーム。
茶色のボックスは、使用したタオルを入れて、
環境保護の為にとタオルを数回使用したい人は、
入れずにラックに掛けて下さい、とのこと。

b0050879_18191440.jpgシャワー・ルームの中は、とっても広く快適。
上のレイン・シャワーとハンド・シャワーの二つ。
たまに左の窓から、隣の人が覗いてる事も。
わざとではなく、偶然見える位置にあるせいと。

b0050879_18192885.jpg下には滑り止め用のマットが敷いてあり、安心。

b0050879_18172132.jpgバス・ルーム突き当りには、広めのバス・タブが。
ハンド・シャワーもついて、とっても便利。

b0050879_18173534.jpg左側には、シンクが別々になっていて、
これまた使い易くて、とっても便利。

b0050879_18174684.jpgシンク周りには広いスペースがあり、
そのまた下にも色々と置けたりと、ごうかーく。

b0050879_18181021.jpg見た目よりも、使い易さ重視のタイプ。
もちろん見た目も可愛いのですが。。。

b0050879_18182448.jpgアメニティは、お約束のロクシタン。
ホルダーやコップにコースターも、いい感じ。

b0050879_18183371.jpgティッシュ・ボックスも小物入れも、
全てダーク・ブラウンでシックに統一。
中には、爪ヤスリ、コットン、綿棒が。
右の容器には、ボディ・ローションと、
アフター・サン・ジェルが。。。

b0050879_18185060.jpgバッグに入っているのは、ヘア・ドライヤー。
フェイス・タオルの間には、シャワー・キャップ。

b0050879_18193985.jpgバス・タブとシャワー・ルームの間のラック。

b0050879_18195353.jpgバス・タブ横には、アメニティの容器。
ころんと丸い器には、バス・ソルトが。

b0050879_18201987.jpgバス・タブからの眺めは、こんな感じ。
プールを眺めた、左斜めの眺めです。
ブラインドを開けると、正面には海♪
くーーーっ。

[PR]
b0050879_1721330.jpgまずはフロントにて、チェックイン♪
丸いモノを眺めつつ、冷たいおしぼりを。
レモングラスの冷たいお茶は、うーん。

さくっとチェック・インの手続きを終え、スタッフの運転するバギーに乗り、
フロントから約500m程走ると、水上ヴィラへと続く桟橋に到着。

そのままバギーで桟橋の上を進んで行くのですが、これがまた結構遠い!
一番端のヴィラまでは、多分500mくらいはあるんじゃないかなあ。。。

b0050879_17225383.jpgドアを開けると、こんな感じ。
入ってすぐがリビングで、正面奥はデッキ。
右は寝室で、そのまた奥がバス・ルーム。
と、横に長く広がった造りになってます。

b0050879_17224155.jpgドアを開けてすぐ左にある、バー・コーナー。

b0050879_1723767.jpgリビング・ルーム中央は、こんな感じ。
撮り忘れたのが、カウチ後のデスク。

b0050879_17232117.jpgコーヒー・テーブル上には、ウェルカム・ギフト。

b0050879_17243774.jpgリビング・ルームからベッド・ルームを眺めて。

b0050879_17234665.jpgこの中央に写ってる椅子が、意外と重宝。
座るよりも、羽織モノ置き場として大活躍。

b0050879_17233664.jpgベッドは天蓋付きとクダフラと、ほぼ同じ。
同じく寝心地抜群のマットレスでした。

b0050879_17251342.jpgベッド・サイドのデスクは、こんな感じ。

b0050879_17402613.jpgベッドからもデスクからも眺められる、
丁度中間に配置された、TVとオーディオ関係。
ケーブルはもちろん、DVDやiPodドックも完備。
ぐるり回転式と角度調整出来て観易いTVモニター。

b0050879_17245380.jpgベッド・ルームからリビング・ルームを眺めて。
中央の白い四角い部分は、窓&ブラインドで、
これを開けると隣のヴィラから見えてしまうので、
大抵閉めていたのですが、閉めると暗くてNG。

b0050879_1726314.jpgベッド・ルームの突き当りを右に曲がると、
クローゼット・スペース前のバニティ・デスクが。
こちらも、なかなか重宝したデスクだったりで、
小説を置いたり、腕時計&ジュエリーを置いたり、
日焼け止め類を置いたりと、結構使えるスペース。

b0050879_17261432.jpgデスク右側にあるのが、クローゼット・スペース。
この大きさと広さは、かなり嬉しい〜〜〜。

b0050879_17252548.jpg左側は、大きなスーツケースが2つ置ける広さで、
スーツケースを開けた状態を考慮した高さ。
その下には3段のチェストが各2つずつあり、
その上にはセーフ・ボックスとスペースが、
そのまた上にもスペースと、たっぷり。

b0050879_17253585.jpg右側は、3、4週間のロング・ステイでも大丈夫な、
大きなたんす2本分は有にあるスペースで、
ロング・ドレス&ロング・パンツも余裕で収納可。
左下に見えてる部分は、靴を置けるスペース。

b0050879_17264646.jpgクローゼット側から、デスクを挟んで反対側の
バス・ルームを眺めた状態。。。










と、ちょっと長くなってしまったので、
一先ずここでリビング・ルーム編はお終い。

[PR]
b0050879_17553685.jpgフォー・シーズンズ・クダフラアから、
専用のスピード・ボートに乗り込んで
フォー・シーズンズ・ランダーへ出発。

b0050879_17554837.jpg快速ボートで飛ばす事、30分程。

b0050879_1756064.jpgソネバギリ国際空港付近へと到着〜。
と、このシー・エアプレーンの到着が、
更に30分以上も遅れて着くまでの間、
ゆらゆら気持ち悪く揺れまくる船内で、
大半のゲストが吐き気を催したりと。
やっとシー・プレーンが到着したので、
スピード・ボートが近づける事に。
はふー。

b0050879_17561277.jpgソネバギリ国際空港に到着〜。
欧米人に大ウケのユーモアでした。

b0050879_17562474.jpgシー・プレーンに乗り込んで、飛ぶ事45分。

b0050879_1756489.jpg途中、こんなキレイな海を眺めつつ。

b0050879_1757381.jpgフォー・シーズンズ・モルディブ@
ランダー・ギラーヴァルへと、到着♪
水上に長く見えるのが、水上ヴィラで。
手前に小さく浮かぶのが、乗降場。

b0050879_17571974.jpgシー・プレーンからデッキへと降りて、

b0050879_1757339.jpg続いてやってきたボートに乗り込み、
ランダー・ギラーヴァルへと、出発♪

[PR]
b0050879_16554134.jpgもう一度ブッフェが食べたくなって、
2、3分のお散歩の後、カフェ・フラアに到着。

b0050879_1655511.jpgまだ8時と早朝なのに。。。
一番ビーチ際のガゼボの席取りに励む、
ヨーロッパ人の子連れのファミリー。

b0050879_1656220.jpgプラスティックのお包みを着た、角砂糖。
オレンジ・ジュースとミルク・ティーを頼み、
奥のブッフェのコーナーへと、いざ出陣〜。

b0050879_16561384.jpgお腹に優しい、お粥をちびた椀で。
野菜炒めに、今いちの太麺ソテー、
鰻に生ハムにサーモンと統一感ゼロ。

b0050879_16562451.jpg壁の流木かな?が、いい感じ〜。

b0050879_16573920.jpg結局誰も座っている所を
見掛けなかった、入口のカウチ。

b0050879_1658760.jpg大きなシェル型には、浮き文字で、
Cafe Huraa(カフェ・フラア)と。

b0050879_16582159.jpg黄色いお花も、朝一番とあって、
まだ眩しさを感じない優しい色合い。

[PR]