<   2007年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ってなわけで。
溜まりに溜まった、おうちごはんを一挙にご紹介まにっ。

b0050879_9353992.jpg美味しいワインを開け、飲みながら仕込むは、
子羊のローズマリー&ガーリック風味。

b0050879_935542.jpgサラダは、アルギュラ(ルッコラ)とトマト、
マッシュルームと、ゴルゴンゾーラ・チーズ、
ハニー・ロースト・ナッツも、パラパラっ。
そして、バルサミコ・ビネガーのドレッシング♪

b0050879_9361438.jpgくんくんくん、すんすんすん。
ぐるぐるぐる、きゅ〜〜〜。
おりのはなと、はらどけいによると、
そろそろ、らむ、やけたかんじっ。

b0050879_9362796.jpgミディアム・レアと、ちょうど良い焼き加減♪
アスパラガス&ガーリック・ブレッドを添えて。

b0050879_9364233.jpgお手抜き主婦の心強い味方、
タイ・チキン・パナング・カレー♪

b0050879_937248.jpgポルチーニ他色んな茸とチキンをソテーし、
白ワインに生クリームと塩胡椒で味付け。
普段はパスタだけど、ダイエット版ってことで、
下には、黄色と緑のインゲン豆を。。。
*ごくちまの分だけ、ペンネをちびっと。
パルメジャーノ・リッジャーノをパラパラと。。。

b0050879_9374577.jpgロースト・ビーフとチーズ風味のニョッキ♪
法蓮草とアボカド、トマトにウォルナッツ、
マッシュルームのサラダを添えて。。。

b0050879_938087.jpgごくちま特製ソースのBBQリブ♪
ちびっと辛目のナシゴレンを添えて。。。

b0050879_9381845.jpg旦那しゃんのパリ土産より。。。
思い出すだけで、涎てんこ盛りの、
やむやむイベリコ豚の生ハム♪

b0050879_9383384.jpgやむやむチーズとワインと一緒に。。。

b0050879_9385491.jpg自家製ボロネーゼ・ソースのパスタ♪
パルメジャーノ・リッジャーノをパラパラと。。。

b0050879_939175.jpgパスタの代わりに茄子のラザニア♪
と、やっぱりパスタが恋しくなって、
パスタを茹で、さくっと和えたのは、
ミラノ土産のポルチーニ・ソース。

b0050879_9393529.jpg真空パックを開けちゃったので、
一気に食べないと、ということで、
またまた、イベリコ豚の生ハム♪
コクある、赤ワインと共に。。。

b0050879_93950100.jpgお手抜きナイトにピッタリなのが、
グリルで焼くだけのBBQモノ♪
ホールフーズ特製の生ソーセージ、
アスパラガスにオニオン・スライス、
チリ・レモングラス風味のチキン。

[PR]
ってなわけで。
1つ前の日記への数々の温かいコメントに涙てんこ盛りのごくちま。
ひとつひとつのコメント&メッセージを何度も読み返しては、
皆しゃんの真心をばっ、ごくちまのハートに、ちうにうっ。
くーーーーーーーーーっ。

と、いつまでも喜んで余韻に浸り、もふもふっとしてる場合じゃなく、
皆しゃんへのお見舞い返しとばかりに、さくさくっと更新タイムなりっ。
らじゃっ。

ってなわけで。
サンクスギビングは、デリのターキーで手抜きしたにも関わらず、
翌日は朝から、てろんてろん〜と、ごくちま@益々怠け者のラニ状態。

b0050879_759234.jpgごくちま@ほふーっとしていたら、
旦那しゃん@働き者が立ち上がり、
さくさくっと作ってくれたのが、
特製ピーカン・ナッツのワッフル。
くーーーっ。
ちなみに、アメリカでは、
ピーカンぢゃなくペカンと発音。
くすす。

やむやむを楽しんだ後は、ホクとラニを連れ、裏庭で深呼吸タイム。

b0050879_7461624.gifうろうろ〜、うろうろ〜。
おり、ばしょ、きまらない〜。

ラニ号@裏庭にて、朝のとりふタイムなんだけど。。。
なぜか、なかなか場所が決まらず、落ちつかない様子でぐるぐる状態。

実は、今夏のタホの山火事が鎮火した後、今後の山火事の防災策として、
各家庭の庭にある、全ての木の低い部分の小枝を切り落としたり、
庭に落ちている枯葉や松ぼっくり等を全て取り除こうという事に。

我が家は、生憎、旦那しゃんのスケジュールが合わなかったので、
毎冬、シーズンちうの雪かきをお願いしている業者しゃんに連絡し、
さくさくっと処理していただき、防災策ばっちしの状態に。。。

b0050879_7471059.jpgで、裏庭@かなりスカスカ状態。
ホク号も同じく落ちつかぬ様子で、
揃って、うろうろ〜うろうろ〜。

b0050879_7502710.jpgえーとぉ、ボク、あの〜、実は、
なんというか、物足りなくて。
こう、もっと何か標的というか、
何か目新しいモノがないと。。。

b0050879_7581389.jpgと、その横で、ラニ号@我慢し切れず、
何もない場所で、つゆだくの巻。
くすす。

b0050879_84875.jpgとりふタイムの後は、ないないタイム♪
カウチの上に、フリースを敷いて、
その上に、ころりんと寝転がって、
身体の上にも、フリースを掛け。。。

b0050879_843588.jpgあんだよっ。
ねがおは、とるなよっ。
ラニ号@お犬様状態で就寝ちう。

b0050879_852276.jpgボクは、ちゃんと弁えてますから。
とは、ホク号@犬用マットレスの上。

b0050879_874867.jpgでも、その代わりに、、、
お腹をなでなでしてくらさーい。
くすす。

ってな感じで。
ホクラニと一緒に、まったりころころ三昧だった、ごくちま。
と、朝から、いや、タホに来て以来まったりしかしてないと気付き、
このままでは、いか〜ん!!とばかりに、しゃきしゃきっと支度をし、
ホク&ラニをお供に、さくさくっと旦那しゃんと向った先は、こちらっ。

b0050879_884945.jpgタホの山奥で、森林浴タイム♪
って、実は、毎年サンクスギビングのタホで、
必ずしているのが、家族?写真の撮影会♪
ごくちまが予めロケ班をした場所から選び、
セッティングから撮影まで自分たちで行い、
200枚近く撮った写真の中から、1枚を選び、
それを元に我が家のクリスマス・カードにし、
家族&友人らに送っているので、あーるっ。

b0050879_8143593.jpg今回選んだ場所は、こちらっ。
人気の観光地エメラルド・ベイを、
車で少し越えた辺りにあるビーチ。
この日も観光客で大賑わいだった、
エメラルド・ベイとは対照的に、
殆ど人気なく、しーーーん。。。

b0050879_8164380.jpgビーチもいいけど、湖もいいなあ。
大好きな石ころてんこ盛りぃ。

b0050879_8181836.jpgねえねえ、ここで、なにするの?
ラニ号@お水怖いじょーーーっ。

b0050879_8195665.jpg大きな大きな杉の木に松の木。。。
松ぼっくりも、20cmとでかたサイズ。
ちなみに、そんな超でかたの松ぼっくり。。。
ヘブンリー・スキー場の麓のショップにて、
2個で2、3ドルにて販売されてましたっ。
>ぼろ儲けまにっ。

b0050879_8205675.jpg眩しいはずの太陽も、弱々しい冬の日差し。。。

b0050879_8312488.jpgBBQグリルも、来春まで出番なし。。。

b0050879_8332918.jpg場所は変わり、別のビーチへ。
やっぱり、殆ど人気なしっ。

b0050879_8342198.jpg水辺に転がる木の根っこらしきモノ。

b0050879_8343399.jpg近くに寄ってみると、キラキラっ。
周りについた水分が凍り結晶に。

b0050879_8344788.jpgと、同じく興味を持ったのが、ホク号。
がっ、感慨深く眺める訳でもなく、
やっぱり、当然つゆだくの的に。
ぷすす。

b0050879_835351.jpgってな感じで。
裏庭と違って、あちこちに標的もあり、
他のわんこの匂いも各所にてんこ盛りで、
ホクラニ揃って、マーキングに大忙し。。。
ちゃんと、わんこの為のゴミ袋も設置♪
リーシュをつけること&とりふの処理!
このたった2つがお約束事項だというのに、
よく見掛けるのが、でかたわんこ@リーシュなし、
そして、そこら中にある、でかたのとりふ。。。
でかただから、目に入るのか知らないけど、
せめて、とりふくらいは、処理してちょっ。

ってなわけで。
そこそこ納得行く写真も撮れたってことで、さくっと撤収まにっ。
翌日はカジノへ行き、ちびっと遊んだりして、ご満悦まにっ。

b0050879_8352330.jpg土曜日にはヘブンリーもオープン。
がっ、雪不足の為にコース1本のみ。
ごくちま@腰の方も心配だったりで、
雪不足に、ちびっとほっとしたりして。
>ひみちゅ。

b0050879_8353668.jpgホク警備隊長が、安全確認する中、
SFのお家へ向けて、いざ出発♪

b0050879_8354814.jpg相変わらず怖い、HWY真横の山肌。
この時期、いつもなら凍ってる川が、
ちろちろちろ〜っと、流れていたり。
山肌も雪の下に隠れてる頃なのにな。
どうなるかなあ、今年のタホの雪。。。

[PR]
ってなわけで。

思い起こせば、ごくちま@小学校5年生の時。。。
お風呂場で立ってシャンプーをしていた際、足元のリンスを取ろうと、
ふと前屈みになった瞬間に、ギクっとなって、動けなくなって以来、
ずーっと腰痛持ちで、冬場は特に激痛だったりした、ごくちま。

このままじゃ、おばあしゃんになった時に歩けなくなると思い、
今春からずっと、自宅のトレッドミルで競歩&ジョギングをしたり、
そこそこ腹筋&背筋もついてきたので、大丈夫だろうとタカをくくり、
流行りに乗ってやってしまったのが、ビリーのブートキャンプ。

巷で同じ様に嘆き哀しむ被害者と同じく、酷い腰痛と共に襲ってきたのが、
今までにはなかった、左足の付根部分の火で焼かれる様な鋭い痛みと、
左足全体にナイフで刺す様な痛みと痺れで、これが始まったのが7月末。

モルディブ旅行も断念しかけたけど、旦那しゃん孝行と頑張って行き、
幸いにも、マッサージやスノーケルで、少し痛みが薄れて来たりで、
旅行から戻った後も、週に2、3日、3時間程プールで泳いでリハビリし、
念の為、整形外科病院にも行き、レントゲン撮影を。

と、9月末の時点でのレントゲン結果による担当医の診断はというと。
ピンチング・ナーブ(神経が何らかの原因によって圧迫された痛み)か、
もしかしたらヘルニアだろう、とのこと。

とりあえず、帰国時の痛み止め用にと、胃の弱いごくちまでもOKという、
タイレノール#3&コーディーンの入った痛み止めを処方して貰い、
今後はステロイド薬を1ヶ月服用し、様子をみましょうと言いかけて、
やっぱり、念の為にMRIを撮りましょうとは、担当医の話。

後日改めてMRIを撮りに行き、それからしばらくし3週間程日本へ帰国し、
親孝行兼ねて、ママしゃんと一緒にスポーツ・マッサージへ通ったり、
家族揃って、温泉へ療養しに行ったりして、少し痛みが和らいだりで。

帰国から戻る頃には、大分痛みが減って来ていて、完治間近と思いきや、
帰国後すぐに病院へ行くと、丁度MRIの結果が出ていて、担当医曰く、
「治って来たのは、気のせいでしょう。
この画像からすると、L4&L5がかなり酷い椎間板ヘルニアですね。
ステロイド薬服用では治らない酷さどころか、普通痛みで歩けませんよ。」
との診断で、これにはごくちまも超がっくし。

「とりあえず、腰椎の神経根に直接、麻酔注射をしてみましょう。
それで、もし数日でも数週間でも効果があればヨシってことで。
もし効果がなければ、あと2回注射を続けてみて、様子を見てみて、
それでもダメなら、あとは全身麻酔で、背中の切開手術をしましょう。
腰椎を削って、脊髄神経を圧迫している髄核を切除するオペです。」
って、そげなおっとろしー事を、いとも簡単に話さないでくださーい。

ってなわけで。
急遽、麻酔注射を受ける事となった、ごくちま。
まずは、12日前からアスピリン系の痛み止めを一切禁止され、
5日前からは、アドヴィルや、イブプロフェン他の痛み止めが禁止され、
当日は、最低4時間前からの食事&水分摂取を一切禁止されて、
日帰りとなるので、運転手を必ず連れて来る事などなど。
以上のお約束事をしっかりと守って、受けた注射が、こちらっ。

b0050879_4515886.gif神経根へのEpidural注射♪
日本でいうと、ブロック注射かな。
先生がレントゲンを観ながら、
神経根の部分に、ちくっと刺して、
ステロイド入りの麻酔薬を、注入っ。
←先生のくれた、お土産フィルム。
ごくちまの生写真をご覧下さいまし。
くすす。

このエピデュラルを打つ前に、患者のみの中待合室へ呼ばれ、
カーテン仕切りの幾つかのベッドのひとつで着替後に寝て待機していると、
優しいナースしゃんらが入替わり訪れては、冗談まじりで話し掛けて来て、
何度も名前や運転手の有無の確認がされるなど、安心度てんこ盛り。

と、エピデュラル前の麻酔担当のナースしゃんてば、
「リラックスする為に、麻酔入りの点滴を打ちますからねー。
この点滴が一番痛いから、これさえ終れば、もう大丈夫です。」
なんて言いつつ、上手に痛みなしの点滴を刺してくれたもんだから、
てっきり、今日の注射は楽勝ねっ、なーんて安心していたらばっ。
ああ、どぎーっ。

ベッドごとオペ室もどきへ入り、うつ伏せになり、消毒された後、
「一瞬だけ、ちくーっとしますよーっ。」
という先生の言葉と共に襲って来たのが、ものすんごい激痛。
そして、神経根に針が達した瞬間の痛みの凄さといったら、
まさに拷問並みの痛さ!

昔、麻酔なしで歯の神経を抜かれた時以来の、もの凄い痛み。
しかも一瞬だけじゃなく、薬を入れる際にグリグリされた間は、
神経根に直撃、つまり左足の激痛が倍増され、もう失神寸前の痛み。
たったの十数秒なのに、ものすごく長く感じた瞬間。。。

注射が終ると、すぐに患者のみの中待合室にベットごと戻されて、
痛みや腫れが無い様にと、腰の部分に冷たい氷パックを当ててもらい、
20分ほど腕に血圧モニターと指に心拍数モニターでチェック・タイム。

と、朝一番だったので、前夜から食べ物も水も一切禁止されていて、
朝から、お腹が減るよりも、喉が異様に乾き辛かった、ごくちま。
注射後すぐに、お水と動物ビスケットを貰い、しばし補給タイム♪
はふー。

その後、血圧も心拍数も全く異常なく、副作用反応もなしってことで、
注射から30分後には、洋服に着替えて下さいね、との指示が。
着替えた後に、自力でカーテンを開け、ふらふらと歩いて行くと、
ナースしゃんらが驚いて駆けより、車いすに乗せられ、駐車場へ。
>ごくちま@ちびっとフライングの巻。

お礼を言い、見送って貰い、旦那しゃんの運転で、さくっと自宅へ。
注射を打たれた場所が、ハンマーで殴られた様な鈍痛があったりで。
でも、左足の痛みは、全身麻酔のお陰か、全くなし。

心配していた、吐き気やむくみや発疹などの副作用も一切なく。
夕飯は、旦那しゃんの買って来てくれたお寿司を食べて、早めの就寝。

腰の辺りの鈍痛で、なかなか眠れなかったのも、真夜中までで。
気がつくと、夜中から朝方4時過ぎまで、初めて痛みで目を覚ます事なく、
久々に4時間ほどの熟睡を経験し、嬉しかったのなんのって。

恐る恐る、トイレに行こうと起き上がってみると。。。
おやっ、おやおやおやっ、というくらい、左足の痛みはなしっ。
腰の鈍痛は多少残っているものの、4ヶ月間悩まされた足の痛みはなし!
くーーーっ。

人によっては、全く効かない人や、効いても数日や数週間だったり、
この注射だけで痛みが全く消えてしまう人もいるんだそうで。
ごくちまの場合は今の所、左足の脹ら脛にかすかに痛みが戻ったものの、
以前と比べると、普通に歩けちゃうほどの軽い違和感のみ。

と、一度もの凄い痛みや辛さを経験した後、それが消えてなくなると、
嬉しさ以上に、もう二度とあの痛みを経験したくないとう気持ちが増し、
以前していた運動さえも、下手にやると、また痛くなるのでは?
なんて感じで、最近やたらと超ビビりまくりのごくちま。。。

b0050879_695679.jpgタホでも、ラニと一緒にごろごろばかり。
サンクスギビング・デーも終ったし、
クリスマス用のデコレーションとか、
ツリーも飾らないとダメなのに。。。

b0050879_6101241.jpgラニ号も、寝てばかりいないで、
ちょっとは手伝ってよねーーーっ。


おり、ちびただから、とどかない。
>ラニより。

b0050879_610287.jpgリビングの飾りのないツリーを見て見ぬフリし、
でも、気分だけはクリスマスってことで、
美味しいワインやチーズを引っ張りだして、
飲んで食べては、現実逃避の世界へ。。。

b0050879_6131110.jpgおっ、そりなら、おりも、てつだうっ。

と、余りにも、ごくちま@ラニ化しまくりってことで。
既に前庭のイルミネーションの飾り付けを終えた旦那しゃんが、
仕方ないなあとばかりに、ツリーの飾り付けを始めちゃったので、
ごくちまも慌てて参加し、なんとか完成したツリーは、こちらっ。

b0050879_611213.jpgじゃーん、って、昨年と余り変わりないどころか、
旦那しゃんに大半任せたので、ちとコテコテ状態。
と、タホのツリーの飾り付けを終えた時点で、
今年のごくちま@既に完全燃焼寸前ってことで。
今年はクッキー工場長も長期休暇を申請ちう。。。
SFのお家のデコレーションも全くやる気なしの今。
このままでは、いかーん!と内心思いつつも、
いや、この時期、無理してストレスどころか、、、
腰痛が再発しては、元も子もないしなあ、なんて。
たまには、リラックス・モードも、ありよねーん。
>完全に開き直れず、悶々と格闘ちうーっ。

[PR]
ってなわけで。

サンクスギビング休暇をタホで過ごす事にした、ごくちまと旦那しゃん。
と、今回、タホに行く前に立ち寄ったホールフーズで手に入れたのが、
サラミとチーズ数種に、今回のメインであるターキーのセット♪

サンクスギビングのターキー含むディナー全てがセットになったモノで。
ちなみに、昨年一昨年も、同じくホールフーズのターキー・セット。

b0050879_10223869.jpg今回のターキーは、いつもと違う♪
一体何が違うのかというと、、、
なんと、オーガニックのターキー。
と、オーガニックと聞いて、一瞬、
超ヘルシーかも、なんて誤解したり。
くすす。

b0050879_10234090.jpgやったーーー!!
おりっ、おーがにっくふぇち!
>ラニ号@意味はき違えちう。

b0050879_10241839.jpgラニには呆れてあくびが出ちゃいます。
>ホク号より。

b0050879_102595.jpgターキーをオーブンに入れた後は、
することないので、やむやむタイム♪
冷蔵庫でキンキンに冷やしておいた、
好物のラ・グランダームで、乾杯っ。
お供は、チーズとサラミに生ハムを。
おしゃべりしたり、ゲームをしたり、
と、あっという間に、2時間が経過。

b0050879_10284188.jpgターキーが焼き上がる、ほんの少し前、
マッシュド・ポテトやビーンズに、
ブレッドにスタッフィングなどを、
オーブンの下の段へ入れて温めて、
続いて用意したのは、、、こちらっ。

b0050879_10334995.jpgターキーのお供のワイン♪

b0050879_10351514.jpgいい匂いがするのに、まだですか〜。
>ホクより。


もうあと少しで出来上がるからねー。
ちょっとお昼寝したら、すぐだからねー。

b0050879_1035551.jpgはーい、じゃ、ちょっとお昼寝しまーす。
>ホクより。

b0050879_1037529.jpgチラっ、、、チラっ、、、まだ、ですね。
>ホク@待ち切れないらしい。

b0050879_10382451.jpgってな感じで、ホク号と遊んでる間に、
ターキー@こんがりと良い焼き具合に♪

b0050879_10394332.jpgターキー・セットについてくる、
特製のハチミツ&ハーブ・バターを、
満遍なくターキーに塗りまくると。。。

b0050879_10401221.jpg見事なまでに、つやつや&良い香り♪
くーーーっ。

b0050879_10414378.jpg胸肉などのホワイト・ミートと、、、

b0050879_1042927.jpgモモや手羽などのダーク・ミートに分け、

b0050879_10424569.jpgマッシュド・ポテトを取り分け、、、

b0050879_1043922.jpgスタッフィングを取り分け、、、

b0050879_10433547.jpgやむやむはっ、まっ、まだなりかっ。
おりっ、むちゃくちゃ、はらへりまくりっ。
はっ、はやく、してくりーーーっ。
ぷぎぷぎぷぎーーーっ。
>ラニ号より。

ラニ号ったら、お行儀悪いなりっ。
今、お皿に盛りつけてる所だからねー。
目をつぶって、ゆっくり10数えるまでは、
やむやむは、お預けなりよっ。

b0050879_10442383.jpgいーちぃ、にーぃ、さー、、、

b0050879_10453930.jpgんっ、しーぃ、、、あっ。


こらっ、ラニ号、目を開けてるなりーっ。

b0050879_10465587.jpgうしゃしゃーーーっ、みちかっちったーーー。
ぺろっ。

b0050879_1049306.jpgってな感じで、ラニ号と遊んでる間に、
サンクスギビング・ディナー出来上がり♪

b0050879_10501587.jpgちょーだいっ、ちょーだいっ。
いっぱい、まったから、ちょーだいっ。
>ラニ号@かなりの真剣顔。

b0050879_1051138.jpgボクも、もう待てませんよっ。
>ホク号@やっぱり同じく、超真剣顔。
くすす。

ってなわけで。
オーガニックというと、普通いまいち美味しくなかったりするけれど。
さすがはグルメなスーパー、ホールフーズ特製のターキーってことで、
皮もカリッと&ジューシーで、お肉も柔らかくチキンと変わらぬ旨さ。
ごうかーく♪
[PR]
ってなわけで。

サンクスギビング・デーの昨日を含む今週一週間お休みってことで。
旦那しゃんと一緒に久々に行って来たのが、こちらっ。

b0050879_4453943.jpgまだ雪が全然少ない、レイク・タホ♪
ヘブンリーのOPは、土曜に延期。
HWY走行ちうの車内から、ぱちり。

b0050879_4463617.jpgやっぱり、裏庭にも雪は全くなし。
朝晩は、かなり冷え込み零度以下。
がっ、雪が降る気配は全くなしっ。
早速、ホク@警備隊長が出動ちう。

b0050879_4472212.jpgと、ホク&ラニ警備隊員が何かを発見!

b0050879_4474982.jpgリスが齧って丸裸の松ぼっくり。
くすす。

b0050879_4481838.jpg幸いHWYの渋滞も無かったモノの、
3時間ほどのドライブの疲れを癒すべく、
ワインとチーズと生ハムで、かんぱーい♪
と、今回旦那しゃんが買って来たのが、
ホールフーズのチーズ・マスターらが、
強烈にオススメちうという黒とりふチーズ。
これがマジで、やっばいくらい、旨過ぎっ。
生ハムは、どんぐり風味のセラノ・ハムっ。
やむやむっ。

b0050879_4503811.jpgサラダの後のメインは、チキン♪
時間を掛けてローストしたので、つやつや。
って、実はこれ、コスコで見つけたチキン。
レトルト2袋で15ドルと、超お買い得品。
一口食べたら、意外にも、やむやむっ。
これは、冷蔵庫の常備品にしないとね♪
と思いきや、二口目以降は、塩っぱーーーっ。
余りの味の濃さに、半分も食べ切れましぇーん。
惜しいぞっ、コスコのチキンっっ。

b0050879_456968.jpgぷんすか!
と、拗ねまくりのラニ号@くーにゃんちう。
いつもの様にチキンが貰えず、拗ねまくり。
って、わんこは塩分に弱いっていうから、
健康の為にあげられないんだじょーーーっ。

b0050879_4571775.jpgと、すねてても可愛い、にくきう。
しかも、強力な消臭剤のお陰で、無臭♪
くちゃくなったら、しゅっしゅするだけ♪

ってな感じで。
タホのお家でまったり気分てんこ盛りのごくちまと旦那しゃん。
翌日、プリ・サンクスギビングとばかりに出掛けた先は、こちらっ。

b0050879_505078.jpgタホで一番好きなレストラン、Evans
ここのワイン・リストは山奥とは思えない程、
なかなかの品揃えと、お値打ちな価格。
自家製パテをカリカリのトーストに載せ、
ワインと一緒に、やむやむっ。
と、サンクスギビング直前ってことでか、
お客しゃんもお店の人も超少なめで、
なかなか料理が出て来なかったりで。。。
続いて出て来た、自家製の焼立てバゲットに、
バターをつけて、ワインとやむやむっ。

b0050879_544050.jpg旦那しゃんの定番の前菜♪
鴨のソーセージに、パンチェッタ、
ナッツにチーズと、法蓮草のサラダっ。

b0050879_561277.jpgごくちまの前菜より。。。
ソテーしたオニオンと、ホタテに、
マスカルポーネ・チーズを包んだ、
ドライ・トマトの自家製ラビオリ。
ロブスター・シェリー・ソースで。
もちもちっとした食感のパスタに、
旨味たっぷりのコクあるソース。
結構ボリューム大だけど、ぺろり。

b0050879_5104132.jpg旦那しゃんのメインより。。。
生ハムで包み焼いた子牛ロイン♪
タラゴン風味のマッシュド・ポテト、
キノコ&ブランデーのソースに、
ソテーしてツヤツヤのちびたオニオン。
シャキッと絶妙な炒め具合のアスパラ。

b0050879_5145388.jpgごくちまのメインより。。。
味噌と蜂蜜で鮭をカリッと焼上げ。
程良い炒め具合のちんげん菜に、
期待外れで香りなしの松茸ピラフ、
トマトと貝割と枝豆のレリッシュ。
ピラフ以外は、なかなかだったけど、
パンとパスタで既に腹7分目状態で、
敢えなく、3分の1でギブギブまに。

ってな感じで。
楽しく美味しいプリ・サンクスギビング・ディナーを味わいつつも、
しみじみと最近の自分の胃の小ささを再確認し哀しくなった、ごくちま。
この量でお腹一杯になるとは、フレンチ・ランドリーのランチどころか、
もう、普通のフレンチ・レストランのディナーさえも危うい状態。。。

ってなわけで。
翌日のサンクスギビングのターキー・ディナーとの格闘編は、
明日以降のアップに、乞うご期待まにっ。
[PR]
ってなわけで。

朝から空の色がグレーちっくな、モルディブ滞在12日目の朝、
ごくちまと旦那しゃんが参加した、人気のOPツアーは、こちらっ。

b0050879_3423287.jpgワン&オンリー・リーティラの
シークレッツ・オブ・ティラ♪
海に出た途端、雲行きが怪しくなり。
あっという間に、土砂降りまにっ。
皆、ずぶぬれで30分待機ちうー。
1時間待っても雨なら中止&返金。
と、どうにか一時間後には小雨に。
ほっ。

b0050879_3445686.jpg雨は止んだものの、曇り空。。。
もちろん、海の中も透明度悪し。
がくーん。

b0050879_3454125.jpg余りの不透明さにビビる子供を、
必死で助ける、ガイドしゃんの図。

b0050879_3462263.jpgと、しばらくすると晴れ間が見え、
段々と視界も良くなって来たり。

b0050879_346516.jpg今回も、スポットは二カ所で。
一カ所目は、前回のツアーと同じ、
亀しゃんや珊瑚の多い場所なりぃ。
と、早速ごくちまも、発見の巻♪

b0050879_3473091.gifうひゃー、見つかっちったー!
ってな感じで慌てる亀しゃん。
くすす。

b0050879_3481182.jpgあっ、この前観た左足のない亀しゃん!

b0050879_3492725.jpgそいでも、元気よく、すいすーいっ。
で、あっという間に、ばいばーい♪

b0050879_351690.jpgカラフルなお魚しゃんてんこ盛りぃ。

b0050879_351408.jpgずーっと眺めていたい気分。。。

b0050879_352440.jpgと、突然潜って行った、ガイドしゃん。
なじぇか、なまこを突ついて、ご満悦。
くすす。

b0050879_3525368.jpgなまこはパスいちっして、視線を戻すと、
色とりどりのお魚しゃんの中に、
ごくちま、またもや発見の巻っ。

b0050879_354435.jpg亀しゃん、めーーーっけ♪

b0050879_354465.jpgと、ガイドしゃん、キターーーっ。

b0050879_355830.jpg亀しゃん、焦ったーーーっ。

b0050879_355364.jpg亀しゃん、逃げたーーーっ。

b0050879_3555981.gifごくちま達、追い付いたーーーっ。
と、焦る亀しゃん@正面は行き止まりっ。
亀しゃん@咄嗟に左方向を確認するもっ、
左方向も行き止まりまにっ。
ああ、どぎーっ。

b0050879_3572685.gif続いて右方向を確認する亀しゃん、
がっ、右方向も行き止まりまにっ。
亀しゃん、ぴーーーんちっ。

b0050879_3581994.jpgあひーーーっ。
そんな感じで、身動き取れずで、
亀しゃん@思考回路停止ちうーっ。

b0050879_359568.jpgと、おもむろにごくちま達を睨んだ後っ。

b0050879_3593519.gif亀しゃん@一か八かの勝負に出て、
いきなり方向転換&向ってキターっ。
くすす。

b0050879_412743.jpg果たして亀しゃん逃げ切れるのかっ。

b0050879_42720.jpgと、ガイドしゃん、追いかけたーっ。

b0050879_424922.jpgがっ、亀しゃん、逃げ切ったーーーっ。
いえーい♪
>亀しゃんの気持ち代弁ちう。

ってな感じで。
しばし亀しゃんと鬼ごっこするガイドしゃんを観て楽しんだ後は、
ひらひらと優雅に泳ぐ、お魚しゃんたちをまったり鑑賞タイム♪

b0050879_434442.gifb0050879_455926.gif

b0050879_46186.gifb0050879_463039.gif

b0050879_464933.gifb0050879_47139.gif

b0050879_474975.gifと、またまたガイドしゃん、デターっ。
と思ったら、子亀ちゅかまえてたーっ。
ぷぎぷぎーっ。
>子亀の気持ち代弁ちうー。

b0050879_49758.gifすぐにさくっと解放された子亀しゃん。
二度と捕まるもんかってな勢いでもって、
しゃーーーっと遥か彼方へ逃走?の巻。

b0050879_4103169.gifほらほらっ、ニモだじょーーーっ。
と、ガイドしゃんが教えてくりたけど、
余りの遠さに、ズームでこの程度。
くすす。

b0050879_4111779.gifぺとーん、っと引っ付くヒトデ。

b0050879_4114727.gif赤いお魚しゃんに。。。

b0050879_412894.gifまた別の種類のチョウチョウウオ。

b0050879_4123563.jpgガイドしゃん@指差しちうは、
とっても大きな、ブルーの貝っ。
でかっ。

b0050879_4132796.jpg呼吸ちうは、ちと不気味まにっ。

b0050879_4135967.gifこりも、ニモの仲間??

b0050879_414209.jpgおおっと、深穴ちうい報発令ちうーっ。
以上で、一カ所目のスポットは終了っ。
ボートに上がって、次なるスポットへ。
しゃーーーっ。

[PR]
ってなわけで。

数年前から、ほぼ毎年恒例となったシルク・ド・ソレイユのSF公演。
前回のコルテオのレポートは、こちらっ

2007年度は、11月17日から1月20日まで「Kooza」を好演ちうーっ。
早速、旦那しゃんと一緒に観に行った、クーザのレポートの始まり始まりぃ。

b0050879_3251694.gifSFジャイアンツのホームベースの、
駐車場に見えてくるのが、テント♪
見た途端、胸わくわく&どきどき。
くーーーっ。

と、今回も、前回&前々回に引き続き、タパス・ルージュを購入。
タパス・ルージュとは、公演前とインターミッションにVIPテント内で、
シャンパンやカクテルに数々のやむやむをカウチに座って楽しめたり、
VIP専用トイレや、同じく専用のテント側の駐車場がついてるチケット。
もりなく、座席も最前列からの一番手前のぶろーーーっく♪
くーーーっ。

さくさくーっと、VIP専用駐車場に車を停めて。
わくわくしながら、タパス・ルージュのテントに入って行くと。。。

b0050879_3265399.jpg天井からぶら下がるファブリックに、
照明やクーザの映像が映り込み、
なんともいえない妖しい美しさに。

b0050879_59244.jpgお出迎えのスタッフも、こんな感じで、
いつもより長〜く逆立ちしてま〜す。
くすす。

b0050879_5101573.jpg今回のバーは、BONBAYの協賛。
シャンパン、白&赤ワインに、
ジンを使ったカクテル数種♪
タパス・ルージュの入口でも、
バニー姿の金髪おねいしゃんらが、
カクテルを手渡してくりまーっす。

b0050879_513518.jpgやむやむオードブルてんこ盛りぃ♪
アートな感じのデコレーション・テーブル。
カナッペなんかのフィンガー・フードが、
あっという間に群がる人々に食べ尽くされては、
奥から新しいやむやむを載せたトレイが運ばれ、
テーブルに置く前に、あちこちから手が伸びて、
あっという間になくなり、すぐに奥へと引返し、
また奥から新しいやむやむが。。。
ってな感じで、引っ切りなしに運び込まれまくり。

b0050879_5175899.jpgドライトマト&チーズ♪

b0050879_5181199.jpgチキンのクリーム系の和えモノ♪
揚げたクラストの裏に海苔が。
ちびっと、びみょ〜な風味。

b0050879_5183153.jpg一番人気だった、焼き鳥っ♪

b0050879_518449.jpgベトナム風のナマス・サンド?
食べてないので、想像ちうっ。

b0050879_519411.jpg大変だわっ、やむやむが足りないわっ!!
ってな感じで、奥へと急ぐ、スタッフ♪
>うそっ、ただのデコレーションまにっ。
くすす。

ってな感じで。
一時間ほど、楽しく美味しくやむやむを楽しんだ後は。。。
お腹も膨れ、アルコールでホロ酔い気分のまま、メイン会場の中へ。

今回のKoozaのちびた映像は、こちらっ
ごくちまの大好きなクラウン(ピエロ)達が主人公。
一昨年の公演でもクラウンを演じていた、サインフェルドでお馴染みの、
クレイマーに良く似た芸風のクラウンが、キング役♪
くーーーっ。

ネタ・バレになると困るので、余り書きたくないんだけど。。。

オープニング前に、お供のクラウン二人を引き連れ、ぷちコントをしたり、
客席を練り歩いては、お客しゃんのポップコーンを盗んだと思ったら、
他の人にそれをぶちまけたりと、相変わらずのハチャメチャぶり。

今回は、ステージ上にバンド&ボーカルのステージが特設されていて、
より一層の臨場感でもって、音楽と唄とパフォーマンスが楽しめる仕組み。

今回は、アレグリアみたいな、いまいち分りにくいストーリーや、
パフォーマンスは一切なしの、単純明快な楽しいショー♪

ジャグラーあり、ジャンプあり、一輪車あり、ハシゴやブランコ芸あり、
大車輪に、シーソー・ジャンプに、中国雑技団顔負けの少女芸ありで。

その中から、特にごくちまがシビれたのは、柔らか少女達の芸。
キレイなメイクと衣装で着飾った少女3人の、身体の柔らかいこと。

同じくシビれたのは、大きな八の字の車輪をぐるぐると動かして、
その車輪の外や中を走ったり、バク転しながら、駆け回る芸。

他にも、一輪車しながら、おねいしゃんを抱えてのパフォーマンスや、
器械体操を思わせる、シーソーを使った見事なジャンプの数々に、
ナイナイの岡村を彷彿とさせる、ちびたジャグラー芸などなど。

上のクラウン以外のキャラクターも、なかなかの大ヒット。
主役の凧が上手にあげられない不器用でビビりのイノセントに、
ステージの下にいる、メカニック担当の一見水兵ちっくなキャラや、
ステージ正面の席のお客しゃん@要注意のバッド・ドッグなどなど。

バッド・ドッグの他にも、客席のお客しゃんらをステージに上げて、
一緒にパフォーマンスしたりと、一体化して盛り上がった2時間半。
くーーーっ。

と、とちう、インターミッションが入り、向ったのは、こちらっ。

b0050879_52010100.jpgインターミッション=デザート・タイム♪
皆の興奮覚めやらず状態のまま、
より一層の盛り上がりへ。。。

b0050879_5215873.jpgデザートてんこ盛りのVIPテント♪

b0050879_5221498.jpgと、前回よりも更にグレード・ダウン。
今回は、アイスクリームもなしっ。
がくーん。

ってな感じで。
デザートは、いまいちだったけど、ショー自体が最高だった、クーザ♪

と、今回は、とある日曜日の午後1時&4時の二部の1時の部ってことで。
帰る際に早く出られる様にと、駐車場入口側であるテントの左端に駐車。
こりで、渋滞フリーだとほくそ笑んでいたらばっ。

b0050879_522269.jpgなんと、1時の部の人達が帰る頃には、
4時の部の人達てんこ盛り。
もりなく、入口付近は大渋滞まにっ。
ああ、どぎーっ。

ってなわけで。
本日の教訓;二部ある日の早い部の時は、右端出口方面に駐車の巻。
ぷいぷいっ。

b0050879_5224079.jpg段々と遠くなる、テント。。。
また来るからねーーーーっ。
待っててねーーーっ。

ってな感じで。
帰りの車内では、旦那しゃんとショーの話で盛り上がりまくり。
あっという間に、さくさくーっと、お家に到着まにっ。
ホクとラニを呼び集め、お土産代わりにと披露したモノは、こちらっ。

b0050879_5225375.jpgタパス・ルージュのおみやっ。
パンフレットに、特製ミントに、
シルクドソレイユのベストCD♪
くーーーっ。

ってなわけで。
シルク・ド・ソレイユのファンなら、今回のクーザは逃すべからずっ。
もう一回観に行こうかな〜〜〜。
ぷいぷいっ。
[PR]
ってなわけで。

ごくちまと旦那しゃんご贔屓のオークランドにある、オリベット
今年もいよいよ秋の味覚の王様、白とりふの季節到来ってことで。
さくさくっと行って来たのが、恒例の白とりふディナー♪

気になる、白とりふ三昧の2007年のトリュフ&茸めにぅは、こちらっ
ちなみに、昨年の白とりふディナーのレポートは、こちらっ

b0050879_4321878.jpgとりふの美味しい季節がやってきた♪
そんな感じの冬の夕焼けまにっ。

b0050879_4325180.gifオリベットに到着♪
一階カフェでは食べた事ないけど、
とりふの季節は、このカフェでも、
特別めにぅとか、あるのかなあ。
寒そうな屋外テーブルなんだけど、
ちゃんと赤外線ヒーターも完備。

b0050879_4343469.jpg今年のとりふは、超不作らしく。
おまけに、ユーロ高とでWの悲劇。
ガラスケースに入れられた中から、
一番大きな白とりふを選択の巻。
まずは、ワインで乾杯まにっ。

b0050879_4372264.gifちっさーーーっ。
この一粒10gのお値段、$140なりぃ。
一昨年の値段が、$5.5/gで、
去年は$6.00/gで、今年は不作で、
なんと倍以上の$14.00/g!!
*オンラインは、$12.00/gと記載、
が、後半は在庫薄になったからか、
店内めにぅには、$14.00/gと。

このオリベットの白とりふ販売システムはというと。。。
希望のお客しゃんにだけ、白とりふを別売りするシステムで、
買わない人でも、お店のとりふを少しスライスしてくれるけど、
大半の人は、白とりふ三昧したい&せっかくだしと、購入の巻。

と、帰る頃に気付いたので、時既に遅しだったのが。。。
どうも、早い時間のお客しゃんから順に小さいとりふを捌いてた様で、
てっきり、ちびたしかないと諦め、みんなケースの中から選んでたけど、
帰る頃には、ちびたを売りつくせたらしく、でかたとりふが登場の巻。
しっこーくぅ!!

せっかく、年に一度の白とりふのお祭りだというのに。
こんな、ちびたとりふで我慢させるなんて、来た意味ないというか。
せっかく白とりふを楽しみに来たのだから、大盤振る舞いで行きたいし、
なのに、出し惜しみするなんて、やられたって感じぃ。

昨年も一昨年も、同じくらいの時間だったけど、大きかっただけに、
ほんとうに不作なんだとばかり信じていたので、騙された感じで。
ちびた2個選ぼうかとも思ったけど、足りなくなったらと心配したり。
とにもかくにも、こりには旦那しゃんも一緒に、ぷんすか&がっくしまにっ。

ってなわけで。
来年もしオリベットのとりふディナーに行かれる方は、要注意まにっ。
ちびたとりふしかケースになくても、きっと裏に、でかたがあるはずっ。
ぷぎーーーっ。>まだ根に持ってるらしい。
くすす。

b0050879_4465970.jpg旦那しゃんの前菜より。。。
スパイニー・ロブスターと白海老の、
プリプリして美味しいトルティーノ。
食感は、さつま揚げみたいな感じ。
海老大好きな人には溜まらない逸品。
白とりふをスライスして。。。

b0050879_457531.jpgごくちまの前菜より。。。
白とりふは合わないと、パスいちっ、
された、子羊の生ソーセージと、
ポルチーニ茸のぶよぶよ水煮系。
グリッシーニと子羊の生ハム。
今回の唯一のしっこくめにぅ。
生臭いわ、味付けがフラットだわ、
半分以上残してしまった、一品。

ちなみにワインは、ソムリエしゃんが選んだ、とりふ&茸用のリストより、
旦那しゃんは、Vermentino, Dettori Bianco, Badde Nigolosi, Sardinia 2006
ごくちまは、Sauvignon Branc-Picolit, Eclisse, La Roncaia, Friuli 2004
やむやむっ。

b0050879_554518.jpg今回の大ヒット、Agnolotti dal plin♪
子牛を野菜やハーブと煮込み、
ちびたパスタで包んだモノ。
旦那しゃんと二人でシェアの巻。

b0050879_584387.jpgこんな感じで、白とりふを掛けて、
いたらきまーーーっす♪
こりと合わせたワインは、
96年のバルバレスコをグラスで。
Vigneto Marcarini, Cantina
Vignaioi Elvio Pertinace

b0050879_5121976.jpg二人揃って、同じメインより。。。
ニーマン・ランチ・リブアイのグリル・ステーキ♪
薄いのに焼き加減も良く、芳ばしくて最高っ。
黒とりふのサルサも、濃厚で芳醇な香りたっぷし、
オニオンとカリフラワーのグラタン風は、絶品。
こりがまた、全部旨いのなんのって。

b0050879_5144717.jpg白とりふをスライスして。。。
って、こりがもっと、でかたなら、
もっと濃厚な香りが楽しめたのに、
オリベットのばかばかっ。
>まだしつこく根に持ってるらしい。
ワインも、二人揃って同じモノ、
Cabernet Sauvignon della Bergamasca,
Kalos, Il Calepino, Lombardy 2003

b0050879_518137.jpg旦那しゃんのデザートより。。。
カプチーノと胡桃のビスコッティ。

b0050879_5184593.jpgごくちまのデザートより。。。
ポメグランテのソルベ♪
こりがまた、お口の中を超リフレッシュ。
と同時に、胃もすっきりしてくれる感じ。
ほんのり甘く、しゃきっと爽やかな逸品。

ってなわけで。
白とりふ出し惜しみ事件以外は、ごうかーくだった、オリベット♪
帰り際に、さくさくっと来年の白とりふの予約をして、ばいばーい。
来年は、奥から、でかたを持って来させるじょーーーっ。
>書いてる今も、まだしつこく根に持ってるらしい。
ぷしっ。
[PR]
ってなわけで。

もっ、もう少しで終わりだっ、、、がんばれっ、ごくちまっ。
>最後の力を振り絞りっ、自分で応援ちうーっ。
くすす。

b0050879_7194793.jpgキレイなピンク色の朝焼け。。。

b0050879_7201185.jpgがっ、キレイな色=雲の多さっ。
ああ、どぎーっ。

b0050879_7204128.jpg東の空も、キレイだけど、、、
なんだか、とっても、びみょ〜っ。

b0050879_7212413.jpgいつもの朝ご飯も、曇りがち。。。

b0050879_7215273.jpg旦那しゃんの朝食より。。。
珍しく、オムレツじゃないので。
くすす。

b0050879_7223615.jpgごくちまの朝食より。。。
タイ風のお粥、チリ多めで♪
>辛さとナンプラーの塩気がないと、
ちびっとだけ物足りない味らしい。
ぷすす。

b0050879_7243466.jpg朝食から戻って来ても。。。
まだ、ぼんやりした、グレーの空。

b0050879_7251898.jpg本日のフルーツ盛り合せより。。。
パパイヤ、バナナ、マンゴーに、
マンゴスチンっ。

b0050879_7261020.jpg水着に着替えて、日焼け止めを塗ったり、
フルーツ齧ったり、読書している間に。。。
太陽っ、デターーーーーーっ。

b0050879_7272815.jpgああ、海が、ごくちまを呼んでいる。
ぷぎぷぎーーーっ。

b0050879_7275615.jpgおっ、お隣のグランデは今日も空室っ。
あっちまでスノーケルしに行こうかな。

b0050879_7285549.jpgそりともデッキで読書しちゃおうかな〜。
さ〜て、今日は何して過ごそうかな〜。
な〜んて考えてる時が、一日の中で、
一番ワクワクしちゃう、至福の時かもかも。
くーーーっ。

[PR]
ってなわけで。

11日目の夜、懲りずに、またまた向ってしまった先は、こちらっ。

b0050879_991066.jpgTapasakeレストラン♪
この日は、夕方からずっと雨。。。
雨にも負けず、カートに揺られて、
到着してみると、人影疎らまにっ。

b0050879_9116100.jpgつきだしより。。。
全くもって芸のない、唐揚げ。
しかも、ガチガチとすごく堅くて、
まるで、わんこのジャーキーの様。

b0050879_9124879.jpgなんとなくワインじゃない気分のごくちまが、
Sakeめにぅに見つけたのが、こちらっ。
ハワイの楽でオススメしていただいて以来、
なんとなく好きになっちった、八海山♪
楽の美味しかった、やむやむを思い出し、
そりを肴にやろうと決めた、この夜。
ぷしっ。

b0050879_91446100.jpgオン・ザ・ロックで、レモン入れてください♪
そう頼んだら出て来たのが、こちらっ。
ただでさえ、水っぽい見た目なのに、
薄いワイングラスだから、すぐ温まり、
氷が溶けて、すぐしゃびしゃびに。。。
ああ、どぎーっ。




旦那しゃんは、シャルドネかなにかっ。

b0050879_9153268.jpg旦那しゃんの前菜より。。。
キングクラブの春巻きみたいのっ。
その下には、マヨネーズ・ソースっ。
見たまんまのお味だったそう。

b0050879_9171670.jpgごくちまの前菜より。。。
アサリの酒蒸しっ。
って、やたらと貝殻が分厚く重く、
その割に身が激ちびたのマニラ系。
しかも、ちゃんと砂抜きしてなくて、
かなりの確率で、ぱくっ、じゃりっ。

b0050879_9184429.jpg鮪とエビの握りに、雲丹のお刺身っ。
この雲丹、写真ではOKちっくだけど、
実物は乾涸びて、超かさかさ状態。
数枚取ろうとすると、丸ごと取れるほど。
日本人シェフなのに、拘りないのか、
プライドのへったくれもないのか、
マジで、出すべきじゃない代物。。。
ちなみに、雲丹のお値段$40弱。

ってな感じで。
やっぱり、タパサケ終ってるなあ、、、と、がっくししていたらば。
突然、賑やかな声がして振り向くと、さっきまでガラガラだったのに、
あっという間に、タパサケ@満員御礼状態まにっ。

いったいじぇんたい、どうしちったのかと思いきや。
この夜は、ロブスター・ナイト@ファンディータの予定だったのだけど、
ものすごい雨=野外のレストランは、もりなくクローズってことで。
急遽ディナーする場所を失っちった、てんこ盛りのゲストしゃんらが、
さくさくっとリーティや、渋々(推測)タパサケに流れて来たモヨウ。

と、そこへ慌てふためいて寄って来たのが、親切なバーテンダーしゃん。
なんと、雨が上がった後のせいか知らないけど、サメが来てるという話。
旦那しゃんは、ワイン飲んで待つというので、ごくちまだけが、ちぇきあうっ。

b0050879_9223077.jpgおっ、尻尾はっけーんっ♪

b0050879_9214397.jpgお、今度は、ちびたサメ、発見っ。

b0050879_922061.jpg岩みたいに黒っぽいのは、マンタっ。
その隣は、ちびたサメっ。

b0050879_9221755.gifおかあしゃんサメ、でかっ。

ってな感じで。
しばし、他のゲストしゃんらと一緒に、サメ&マンタ鑑賞を楽しんだ後、
さくさくーっと、興奮覚めやらずの状態で、席に戻ってみると。。。

b0050879_9313584.jpg旦那しゃん、既にメイン完食まにっ。
殻から想像するに、海老の山椒焼。
>どうやら待ち切れなかったらしい。
くすす。

b0050879_932353.jpgごくちまのメインより。。。
ちっさー、と思わず叫んでしまった、
子供茶碗に入れて盛った感じの、
ロブスター炒飯、確か、$40弱っ。
でも、今までの中で一番マシな味っ。
ただ、量が少ないので、呼び水系っ。
くすす。

b0050879_9335314.jpgで、追加した、ごくちまのうどんっ。
上のかき揚げは、超フツー。
スーパーで20円とかの激安うどん系。
マジで、アメリカの和食屋より最低っ。
うどんなら、冷凍モノでも乾麺でも、
もっと、そこそこマシなのがあるはず。
大昔の給食のカレー麺の方がマシっ。
ぷぎぷぎーっ。

ってなわけで。
ロブスター炒飯が普通に美味しかった(あくまでも比較レベルの話)ので、
うっかり、うどんもイケるんじゃないかと思ったら、見事騙された、この夜。
この日が、タパサケでの最後のディナーだっただけに、超やられた気分。

っていうか、ちびっとでも期待しちったのが、しっこくだったねって感じぃ。
ちなみに、やっぱりこの夜のディナーも、ワイン&チップ込みで約$400っ。
ぷぎぷぎーっ。
[PR]