<   2005年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ってなわけで。

とうとう、待ちに待った、H&Mが先週頭、サンフランシスコにオープン♪
こりは、ぜしともっ、偵察に行かねばっ。

でもって、あわよくばっ、日本のおともらちのクリスマス・プレゼントも、
ここで、たんまりと、見つかっちゃうかもかもーっ。
くーーーっ。

思い立ったら、吉日なりーーーっ。
しゃーーーっ。

b0050879_1195.jpgってことで午後、SF市内到着♪
ユニオンスクエアにて、ぱちりっ。
ティファニー側に立って、
メイシーズに向かって構え、
ユニオンスクエアのツリーを入れて。
って、小雨の午後ゆえ、
イルミネーションもなく、
ちびっと暗く、いまいちなりぃ。

って、この小雨、ごくちまのこの日の買い物運を暗示しちゃってるなりか?
超不安な幕開けなりぃ〜。
ぱふぱふ〜ん♪

で、サンフランシスコのH&M。
ユニオンスクエアの角にある、ナイキ沿いに、一店舗。
そして、なんとも強気な、同時オープンした店舗はっ、
同じくユニオンスクエアから、ケーブル乗り場への間に一店舗。
なんとも、べっくり。

ちなみに、150パウエル店では、コスメティックの他に、
レディースは、H&M L.O.G.G, H&M Ladies, H&M Trend Ladies, Underwear。
メンズは、H&M L.O.G.G. Sport, H&M Man, H&M Man Modern Classic, Underwear
そしてヤングの、Divided Femaleと、Divided Maleの品揃え。

そして、150ポスト店では、ちびっと品数が少なく、
レディーズは、H&M Ladies, H&M Trend Ladies, Underwear。
メンズは、H&M Man, Underwear。
そして、ヤングの、Divided Femaleのみ。

で、昨日のユニオンスクエア。
クリスマス商戦シーズンということで、街には、溢れんばかりの買い物客。
みなしゃん、両手に抱えきれない程の大量のショッピング・バッグ。
見回してみると、その半分弱が、H&Mといっても、過言ぢゃないほど。
ってことで、今の所、かなり、SFで大ヒットちうなりぃ〜。

では、レポーターのごくちま、いよいよ、ポスト店に突入っ!
しゃーーーっ。

と、やっぱり価格帯に見合った、低サービスっちゅーことで。
ドアマンもおらず、ドアの横で「いらっさい♪」と笑顔での挨拶もなしっ。
ぷしっ。

広い店内を見渡すと、そこそこの集客率。
がっ、約半数は、手ぶらで、ぐるっと見回すと、そのまま、さいならーっ。
残りの半数は、セール会場でたまに見かける様な、、、
とにかく、かーっとなって、あれもこれもと、何でも掴んぢゃうタイプ。

と、ここでっ、ごくちまレポーター、さくさくーっと商品をちぇーっく。
やたらとトレンドを追ったモノばっかしが、数種の色展開。
が、ワン・シーズンを唄うだけあって、素材の悪い事っ。

20ドル前後で展開する、綿ジャージー系なんて、
おされで、わざと首の辺を、びろびろーんと延ばし切ってるのか、
びろびろの安物生地を、強引な縫製に依って、延ばし切ったのか、
もーぅ、事実は知りたくありましぇーん。
ぷしっ。

街中どこでも見かける、大人気のフェイクファー・コートも、
150ドルから200ドル弱と、意外と強気な値段の割に、
ファーなんて、超安物のウィッグのクオリティで、色も形もデザインも、
超特価トレンディで有名な、フォーエバー21にさえ負けちゃってる程。
ああ、どぎーっ。

タグを見ると、アクリル、ナイロン、ウールそれぞれっ、100%てんこもりぃ。
こりっ、もりなく、毛玉ころころ注意報、発令ちうーっ。
と、同時に、カラダかゆかゆ&静電気注意報も、発令ちう−っ。
ぷしっ。

って、まだ開店して1週間だというのにっ。
陳列商品の一番手前のセーターしゃん、毛玉おやぢに変身ちうーっ。
サンクスギビング翌日の、ブラック・フライデーのせいなりねーん。
ああ、どぎーっ。

しかもっ、タグの隅にはっ、Made in Lufthansa♪
おおっ、なんて、芳ばしい響きなりぃ。

二階もぐるぐるっとしても、ぴーんと来るモノ、全くなしっ。
割とイケてない店員しゃんも、忙しさでか、もりなく、超無愛想っ。
更にっ、入り口の泥棒除けのガードマンしゃんの態度まで、でかっ。
うーむぅ。

さすがは、外資系って思ったのが、使えるクレジット・カードの種類。
VISAに、Mastercardに、American Expressと、一般系の他、
続いちゃうのが、Electronに、Switchに、Deltaに、SOLO。
って、そんなの一般のアメリカ人は、持ってましぇーん。

で、ごくちまレポーターの収穫は、どうだったかって?
冷やかしだけで、さいならーーーっ。
ぷしっ。

おされではあるけど、値段の割に、超安っぽいんだすよー、こりが。
ワン・シーズン用のブランドなら、他にいっぱいある、アメリカだすしぃ。
日本と違い、アメリカではヨーロッパ・マジックは、長く続かないかもかも?

お店を出て、ユニオン・スクエアまでの帰り道にあるのが、ZARA
こり、日本にも、六本木ヒルズに入ってる、スペインのブランドなりね。
ここも、ちらっと覗いて、収穫なしのままっ、終了っ。

って、こげな、消化不良な気分のまま、帰宅してたまるかっ!
そんな思いで雨の中、ユニオンスクエア一角をぐるぐるした、ごくちま。
サックス、メイシーズ、ニーマンを覗いて、やっとちびっと収穫アリ。
カシミアのシンプルなセーター数色、半額にて、お買い上げ〜♪
はー、ちかりたっ。

ってなことで、既にっ、先が見え始めている、H&M。
いったいじぇんたい、この先っ、どうなるのかっ、H&M。
ギャップやユニクロと同じ苦しみを味わうのかっ。
乞う互期待っ。
しゃーーーっ。
[PR]
ってなわけで。

まにまにしゃんが、今日のエントリーにて、頭痛を、
いやっ、ワインを熱〜く語りまくっているのでっ、
ごくちまも今日のエントリーは、ワイン絡みで、行っちゃうの巻。
サブタイトルもっ、ワインで、ごーごーっ♪>って、まんまやんけ。
ぷしっ。

えー、実は、今日のブツ。
ちびっと新鮮みには欠ける、既に、定番化しつつある、逸品なりぃ。

まずは、ぐぐぐーーーっと遡る事、4年前。
美味しいワインを求め、ごくちまとだんなしゃんが、向かったのは、
ナパでワイン作りの仕事をしてるおぢしゃんもバイトしてる(笑)という、
ごくちま邸の近所にある、某有名ワイン・ショップ♪

当時、ごくちまとだんなしゃんがハマっていたのはっ、
カリフォルニアの赤ワイン、カベルネ・ソーヴィニヨン。
地元という特権を活かし、毎回、安くて旨いワインをまとめ買い。
くーーーっ。

バイトのおぢしゃんも、作り手だけあって、色んな拘りがある様で、
高いだけがワインぢゃないんだすよっ!と、熱〜く語ってくりたり、
新ワイナリーの情報や、少量生産の限定ワイン情報も、だっくだく。

しかも、常連客になってからは、美味しい特典、てんこもり。
店の奥にある、入荷数の少ない、とっておきワインを分けてくりたり、
瓶詰め前の、ひみちゅのワインを飲ませてくりたり、なんてことも♪
ごうかーく♪

で、当時、ハマっていた、カベルネ・ソーヴィニヨン。
ごくちまとだんなしゃんがお願いしてた、超無難的なリクエストは、
ビンテージとしてのポテンシャルもあって、かつ、今飲んでも良い一本。
ぷすす。

そんなリクエストに応え、おぢしゃんが選んでくりた、一本一本は、
リリースさりたばかりのワイン故、とっても若くて、固めだったり。。。
ぷすん。

若いワインを、もっと美味しく飲める方法を、教えてくらさーい!
そんな感じに、ごくちまが、おぢしゃんにリクエストした途端、
おぢしゃんが、にこにこしつつ、さくっと手渡してくりたのが、こちらっ。

デキャンティング・ポワラー♪
巷に出回る色んな種類の中でも、
MENUブランドのブツ限定!!
こり、イタリアの物理学者が発明。
特に若いワインに使用してみると、
固いワインも、さくさくっと開き、
ヴィンテージ・ワインもしくはっ、
1ランク上のワインに、変身っ。
騙さりたと思って、使ってみたら、
あーら、不思議♪
まぢで、香りとコクが増量っ!
特に、若めのワインにオススメ!
WACにて、発売ちうーっ。
しゃーーーっ。

って、WACしゃん。。。
ごくちま、こりだけいっぱい宣伝したんだすからぁ〜、
もし、いっぱい売れたら、お礼に、まにまにしゃんに1個あげてちょっ。
ぷしっ。

ってことで、人気ブログ・ランキング、ぽちっと、よろしくの巻♪
[PR]
by mrs-usa | 2005-11-29 01:31
ってなわけで。

サンクスギビングの休日を、タホで過ごした、ごくちまとだんなしゃん。
美味しく焼けたターキーに舌鼓を打ちつつ、やむやむ満喫しまくりぃ。

と、アメリカの伝統に従って、サンクスギビングの翌日からはっ、
さくさくっと、クリスマス・ツリー用の生モミの木を手に入れてっ、
みなしゃんに出遅れない様っ、急いで飾り付けしなくてはっ!
あたふたっ。

ところがっ、翌日は、ザザ降りの雨っ。
って、こりぢゃあ、飾り付けする気分になんて、なりましぇーん。
ぷすん。

と、ごくちまのやけ酒、いや、、、
ごくちまの祈りが天に届いたのか、一昨日の晩から朝にかけて、、、
レイク・タホ近辺に、ちらほらと降り積もった雪は、こちらっ。

b0050879_7132769.jpgひゅ〜るりぃ〜♪
ひゅ〜るりぃらら〜ぁ♪
思わず、日本海を彷彿とさせる、
レイク・タホのビーチなりぃ。
5度の気温も、冷たい海風のせいで
体感温度は、シベリア超特急!
さぶっ。

b0050879_713381.jpg散歩ちうのラニ号も、
余りの地面のちべたさにっ、
ぴょーん、ぴょぴょーん、
4本足を交互に上げての飛び歩き。
って、おり、あしがみじかいからよぉ、
おなかも、○ん○んも、ゆきだらけ。
へっぷしっ!

もちろん、ごくちまのタホのお家の前にも、うっすらと雪化粧♪

b0050879_7135527.jpg今年の秋に植えたばかりの、
玄関前の巨大モミの木しゃんも、
こんな感じにキュートな雪化粧♪
さーて、どんな感じに飾るかな?
シンプルに白いライトだけとか?
もしくは、カラフルなライト?
巨大なモミの木故、梯子で上らないと、
てっぺんには、届かないかもかも?

って、実は上のモミの木。。。
今年の秋に植えたばかりの、まだラニ号の背丈くらいの、ちびモミの木。
よって、飾り付けしようにもっ、ちんちくりん過ぎて、出来ましぇーんっ。
ぷしっ。

ってことで、
室内に飾るには、ちびーっと小さ過ぎる、前庭のモミの木の代わりに、
ごくちまとだんなしゃんが向かった先は、こちらっ。

クリスマス・ツリー屋しゃん。
毎年、サンクスギビングの頃になると
アメリカ各地の原っぱなんかに、
突如出現し、さくっと商い開始♪
1メートル程のちびた$40程から、
4メートル近くのでかた$100まで、
お部屋のサイズで選べまーっす。

b0050879_7142312.jpg好きなツリーをじっくり選び抜いて、
代金を、さくっと支払うと、
かさ張らず、運びやすい様にと、
ツリーをネットで、くるりんこ♪
車の屋根に、よいしょと積んで、
落ちない様に、しっかりと安全運転。
ちなみに、室内に運ぶのは夫の役目。
ぷしっ。

って、実は上のツリー積んだ車の写真。
だりか知らない、ご近所しゃんの車なりぃ。
ぷしっ。

ってことは、ごくちまは、生モミの木を買わなかったってことなりかー?
しっこくーぅ。

ごくちまとだんなしゃんが普段暮らしているのは、SF郊外のお家の方。
たまに来るタホのお家での滞在期間は合計でも、年にたったの数十日程度。
でもって、次回、タホの家に遊びに行くのは、クリスマスの直前。

で、モミの木。。。
いくら切り売りしてある、モミの木でさえも、生は生。
ちゅまり、生きているってこと。

毎日、もしくは、受け皿たっぷしのお水をあげないと、、、
モミの木しゃん、クリスマス前に、しおしおのぱ〜。
ああ、どぎーっ。

ってことで、たまにしか来ない、タホのお家のツリーはっ、
残念ながら、お水の要らない、フェイク・ツリー♪
ぷすすぅ。

ってなわけで、ごくちまとだんなしゃんがSF帰宅前に飾りつけを終わった、
タホのお家のクリスマス・ツリーは、こちらっ。

b0050879_828344.jpgじんぐるべーっ♪
じんぐるべーっ♪
じんぐる・おーざうぇーっ♪
きょうはー、たのっしいー♪
くっりすますっ、へいっ♪
高さ3メートルで、ふっさふさ。
フェイク故、アレルギーもなしっ。
って、こやつ、フェイク野郎の割にゃ、
意外と、イカしてないだすかーーーっ?
後ろの暖炉には、犬っころ用の靴下も♪
くーーーっ。

[PR]
ってなわけで。

最近、ぐぐぐーーーっと、冷え込んで来たせいかっ、
ちびっとハワイが恋しくなってきちった、ごくちまん。

b0050879_1044159.jpgハワイのアルバムを引っ張りだし、
こんな写真を、じーっと眺めては、
とろーんと思い出してしてみたり。
ああ、今すぐにでも、さくさくっと、
ハワイに飛んで行きたいなりーっ。
ぷひぷひぷひーっ。
って、なら、タホに来るなってか?
ぷしっ。

って、ハワイ関連をググっていたら、こんなん、出まちたっ!
ごくちまと同じくっ、今すぐハワイに逃避したい人は、こちらっ
他にも、ハワイのいろいろな映像、ありまっせー♪
くーーーっ。
[PR]
by mrs-usa | 2005-11-27 10:13 | ハワイ
ってなわけで。

サンクスギビング前日から、タホ滞在ちうの、ごくちまとだんなしゃん。
レイク・タホといえばっ、大自然♪

ってことで、ぶろぶろ仲間の「紅葉狩り♪」シリーズに負けまいとっ、
ごくちまも、タホで紅葉狩りに、頑張ってみまちたっ。

そんな、期待たっぷりのカラフルなタホの紅葉写真は、こちらっ。

b0050879_8344918.jpgああ、どぎーっ。
すっかり、冬景色だしぃ〜。
って、スキー・シーズン直前だけに、
紅葉なんて、2ヶ月前位にっ、
既に、終わっちゃってまーっす。
ってことでっ、しばしの間っ、
キレイな雪山をお楽しみ下さい♪

やーまーはっ、しろーがねーっ、あーさひをっ、あーびぃてぇーっ♪
ぷしっ。

って、ほんとは、今回のタホ滞在時に。。。
思いっきり、スキー三昧を楽しもうとしてた、ごくちまとだんなしゃん。
せっかくのシーズン・パスも、閉まってるスキー場では、使えましぇーん。
がくーん。

しかもっ、最悪な事に、サンクスギビングの翌朝から、ザザ降りの雨っ!
しゃーーーーーーっ。

もーぅ、こうなったら、ヤケ酒飲むしか、ないなりねーっ。
ってことで、ごくちまとだんなしゃんが、昨夜飲んだヤケ酒は、こちらっ。

b0050879_8421671.jpg好物のブーブのラ・グランダームに、
ガーリック&ハーブのチーズと
クラッカーに、キャビアしゃん♪
って、ごくちま、こりぢゃ物足りず、
この後、ねこしゃんから貰った、
ニシダやのやむやむ柴漬を肴に、
飲んぢゃいまちたーーーっ。
ぷしっ。

昨日のサンクスギビング・ディナーの残りを、朝と昼に食べ続けたせいか、
夕方には、ターキーと聞くだけでも、いやいやーってなっちった、2人。
夜は、何かご褒美でも貰わないと、やってらりないわんっ!
ってなわけで、とっておきのシャンパンを、ぐびぐびーっ♪

と、そんな飲んだくれ夫婦の思いが通じたのかっ!
ご就寝前に、犬っころを庭に連れて行こうと、ドアを開けた瞬間っ、
二人の目に飛び込んで来たのは、こちらっ。

b0050879_8384321.jpgゆーきぃや、こんこんっ♪
あーられや、こんこんっ♪
今シーズン初の、雪なりーっ。
朝からの雨が、冷え来んで雪に♪
くーーーーーーっ。
って、犬っころも興奮したのか、
こり、すんごいステップだしぃ。
ぷすす。

と、久々の雪に、犬っころと一緒になって興奮ちうの、ごくちまん。
雪降る寒さの中、ひとりツボに入った遊びは、こちらっ。

b0050879_95299.jpgしゃーーーーーーっ。
って、そのまんまやんけーーーっ。
ジャクジーの上に積もった雪に、
書いた文字眺めては、くすくす笑い、
夜中に蓋の写真をひたすらパチリっ。
ふと気がつくと、犬っころも家の中。
ごくちまのみ、独り、ぽつねーん。
ああ、どぎーっ。

b0050879_93519.jpgまさに、ぷしっ。


、、、って、もしやして、、、?


あいっ、こりにてっ、終了っ!!

[PR]
ってなわけで。

昨日は、アメリカのサンクスギビング・デー♪
直訳すると、感謝の日だけど、日本の勤労感謝とは、意味が違い、、、
もちこっと、重く深いものなりぃ。

簡単に説明すると、遡る事、1620年、
コロンブスの大陸発見後、迫害を恐れて、イギリスからボストンへと、
海を渡ってやって来たのが、清教徒しゃん達。

当時、アメリカで穏やかに暮らしてたのは、インディアンしゃん達。
そんな彼らから、土地を奪ったり、ひどい仕打ちをした、清教徒ら。

ところがっ、農作物の育て方も知らず、冬の寒さも尋常でなかった故っ、
翌年までに、飢えと寒さで、半分以上の清教徒が亡くなってしまったとな!

そこで、優しかったのが、インディアンしゃんたち。
清教徒らに、南瓜やトウモロコシなどの農作業を伝授したり、
自分達の大事な食料を分けてあげたりして、助けてあげたそう。
お陰で、無事厳しい冬を乗り越え、子孫を増やしていった、清教徒ら。

それ以来、インディアンしゃん達に、感謝の気持ちを込め、
毎年、ささやかな収穫のお祝いをしようと思いつき、
豊作のお祝いはもちろん、清教徒の苦労を思う気持ちや、
アメリカ国家の繁栄など、色んな思いを込めてお祝いする様に。

そりが、のちに、アメリカの祝日となり、毎年11月の第4木曜日を、
サンクスギビングとして、お祝いする事となりまちたっ。
って、ながっ。

ってな感じらしいけど。>いいかげん。
今時は、感謝の気持ち、より、家族が集まってターキーを囲む日ってな感じ♪

ロースト・ターキーの他に、揚げるターキーも、数年前から人気で、
他に、ターキー苦手な人用に、豚の丸焼きや、鶏の丸焼きなども、アリ。

付け合わせの食材や味付け、デザート類は、各家庭、色々で。。。
代表的なものは、パンやセロリを使う、スタッフィングに、
マッシュド・ポテトに、コーンに、いんげん豆に、パンに、
グレービー・ソースに、クランベリー・ソース、
パンプキン・パイに、ピーカン・パイに、アップル・パイなどなど。

ちなみに、ハワイでは、上のモノに、プラス、
いなり寿司、巻き寿司、カリフォルニア・ロール、煮しめ、焼きそば他、
とんでもない、文化の交流が食卓の上で広がってまーっす。
ぷしっ。

話はちびっと逸れるけど。。。
他にサンクスギビング繋がりで有名なのは、こちらっ。

メイシーズが毎年NYでやる、
サンクスギビング・パレード♪
こり、バルーンや楽団しゃん、
着ぐるみや飾り付きの車など、
1924年から続く、伝統モノ♪

そして、もひとつ、サンクスギビングといえば、こちらっ。


アフター・サンクスギビング・セール♪
アメリカ人男性、Farazしゃんのブログより、昨年のセールの画像♪

って、こり、撮影時間は、夜ではなく、、、
サンクスギビングの翌朝、6時からの早朝セールにっ、
2時間前の朝4時から並んじゃってる、アメリカ人しゃんの写真なりぃ。
ああ、どぎーっ。

確かに、多少の投げ売り的な、目玉商品は一部あれど、、、
業界の友人らの話に依ると、大半は「安物買いの銭失い」系の商品ばかり。
って、そげなモノに、どうして、朝の4時から並ぶんだすかーーーっ。

って、こりには訳があり。。。
質より量を誇る?大半のアメリカ人家庭でのクリスマス・プレゼント合戦。
その為に、とにかく少しでも安く、たくさん買い込みまくる、アメリカ人。

で、クリスマスの朝に、ひたすら繰り広げられるシーンが、
貰っては開け、きゃーっ、また貰っては開け、きゃーっ。。。
ってな感じで、ちびっと、おさるしゃん的な歓喜のシーン。

そりが一通り済むと、次に待っているのが、アフター・クリスマス・セール♪
こりも、同じく集客の為に、投げ売り目玉おやぢ、いや、商品はあれどっ、

大半は、要らないプレゼントを、ぢぶんの欲しいモノと交換しに行く日。
って、そりなら最初から、ギフト券にでも、してくらさーい、って感じぃ。

もしくは来年用の、量より質なクリスマス・プレゼントのストックする日。
ああ、どぎーっ。

ってな感じで、前説が、すんげー長くなっちったけど。
昨日のごくちま邸でのサンクスギビング・ディナーは、こちらっ。

b0050879_3414362.jpg昨年と同じくっ、
今回のサンクスギビングも、タホ。
夫婦二人と犬っころ2匹と少ない為、
ホールフーズのデリで注文した、
やむやむターキーのセットなりぃ。
色々入って、6~8人分で、$100。
なんとも、お得感、ぎっしり♪
ぷしっ。

b0050879_342598.jpgビニールから取り出し、お胸を上に、
大きなベーキング・パンへ、ぽんっ。
こり、10パウンドちょいの大きさ。
大きさは上の写真に、ちうもーく。
コロナと比較してちょーっ。
有名な大食いのソーニャしゃん。
約半分の4パウンドちょいを、
12分で完食し(汗)、優勝となっ。

b0050879_3422097.jpgごくちま、アメリカ人でない故、
ターキー焼いた経験なしっ。
で、今日のシェフは、だんなしゃん。
はなたん命名、ターキー奉行♪
ごくちま担当は、テーブル・セット。
ワインは、バタール・モンラッシェ、
Domaine Bernard Morey 2001。
ただ、ひたすら飲むだけっ。

b0050879_3423557.jpg華氏、約325度のオーブンで、
じっくり焼く事、2時間弱。
たまーに、温度を計ってみたり、
って、ごくちまが開ける度に、
さくさくーっと飛んでくるのが、
担当シェフのだんなしゃんでなく、
我が家の犬っころ、ホク&ラニ。
ぷすす。

b0050879_3424942.jpgじゃじゃーん♪
こんがりターキーの出来上がりぃ。
ターキーの温度を計ってみると、
華氏160度と、焼き加減ばっちし♪
余分な脂は、下に落ち、、、
外は、こんがりカリカリーーーっ、
中は、しっとりジューシー♪
ごうかーく♪

b0050879_343439.jpgこり、ごくちまのやむやむ。
左から時計回りに、パンに、
スタッフィングに、クランベリー、
いんげんに、マッシュド・ポテト、
そして、ターキーの皮と手羽♪
やばい位、しっとりうまうま〜。
ターキーの見方が変わる逸品。
ぷしっ。

もちろん、我が家の犬っころ、ホク&ラニが黙ってる訳なくて〜。
美味しいターキーの香りに釣られ、ごくちま達の周りを、ぐーるぐる。
鼻ちゅん&じゃーんぷで催促したり、カリカリ、ちうちう、大忙し♪
ぷすす。

ってことで、せっつきまくるホクに、ひとくちお裾分けの巻。
と、目にも留まらぬ、コンマ1秒の早さでっ、ぱくーっと、ご完食♪
その早さっ、何度カメラを構えても、じぇんじぇんキレイに撮れない程っ。

そんな、ホクの早業は、こちらっ。

b0050879_3431928.jpg


b0050879_3433385.jpg


b0050879_343486.jpg
っ。


って、まぢ、はやっ。

と、そんな早業ホクに見とれていたら、横で、ちうちうと鳴き声が♪

b0050879_3444146.jpgおりにも、くれーっ。
って、おり、ちびただから、
じぇんじぇん、とどかないじょーっ。
こりぢゃ、くぬぎとおんなしだーっ。
くっそー、ごくちまめーっ。
ぷひぷひーーーっ。


*たらいま、ぽちぽちっと、ぶろぶろランキングのテストちう〜。
一週間、新エントリーに貼付けることでっ、一体どこまで上がるのかっ。
乞うご期待っ。
しゃーーーっ。
[PR]
ってなわけで。

アメリカでは、本日、サンクスギビングの日♪
もりなく、ターキー求める買い物客で、ごった返しのスーパーに、
明日からの、アフター・サンクスギビング・セールの為に気合入れる人や、
明日からの全国的に開始さりる、クリスマスの飾り付けの為、
大きな切り立てのモミの木を買い求める人など。。。
ホリディ気分、てんこもりぃ〜♪
ぷひぷひーっ。

って、ごくちま邸では、どんな感じってか〜?
我が家での、毎年恒例のサンクスギビングの行事といえば、こちらっ。
シルク・ド・ソレイユの鑑賞なりぃ♪
くーーーっ。

SFジャイアンツのホームベースである、SBCパーク
ここの駐車場に、サンクスギビングの頃、突如出現するのが、こちらっ。

b0050879_554995.jpgいくつものカラフルで巨大な、
サーカス・テントしゃん♪
どこからか、漂ってくるのは、
芳ばしいポップコーンの香り。
ここに、いるだけでもっ、
気分はもりなく、わっくわくぅ。
この中で、2ヶ月強に渡り、
開催ちうのシルク・ド・ソレイユ。

3年前のVAREKAI/バレカイが、ごくちまの一番のお気に入り♪
日本人デザイナーの幻想的な衣装も、演奏や歌声とマッチしてたし、
なんといっても、カラダの動きの限界を、キレイに優雅に演出しまくりっ。
ごうかーく♪

2年前の「ALEGRIA/アレグリア」は、なんとなく。。。
昔のU2のプロモVで、見世物サーカス小屋をフィーチャーしたやつ、
ありを彷彿とさせる、不気味さで、ごくちま、ちびーっと、、、
がくーん。

ってな感じで、シルク・ド・ソレイユを観ない事には始まらないのがっ、
ごくちま家伝統の、サンクスギビングの正しい過ごし方なりぃ。
って、たった3年の伝統&歴史だしぃ。
ぷしっ。

でっ、今回、SFで上演さりているのが、こちらっ。

Corteo/コルテオ
こり、舞台は、サーカス小屋。
亡くなるピエロしゃんが主役。
仲間に、家族に、天使らに、
今までの回想や、思い出が、
走馬灯の様に、ぐーるぐる。
そりっ、ぐーるぐるっ♪

この、コルテオ、バレカイといい勝負なくらいっ、
ごくちまの中ではっ、ダントツのお気に入りになりまちたっ。
こり、もう一回、観に行っちゃうかなー、って思ってるほど。

そんな素敵な映像をお知らせしたかったんだすけど、、、
テント内では、カメラもビデオも禁止ゆえっ、アウトっ。
ぷすーん。

と、ある場所だけはっ、カメラOKとなっ。
ってことで、ごくちまが撮った写真は、こちらっ。

b0050879_5415677.jpgこり、VIPルームの画像♪
といっても、選ばりた人でなく、
ごくちまや、だんなしゃんみたく、
一般市民が、さくっと買えちゃう、
特典がいっぱいのVIPチケット。
ステージに負けないくらいの、
幻想的なセッティングなりぃ。
ぷひぷひーん。

b0050879_5422319.jpgごくちまがカメラ構えた為っ、
もりなく緊張ちうのおねいしゃん。
シャンパンに、ビールに、ワイン、
コーヒーに、ココアに、紅茶に、
なんでもかんでも、飲み放題っ。
って、余りがぶ飲みするとっ、
つゆだく警報発令しちゃいますぅ。
ぷしっ。

b0050879_5424580.jpg各やむやむワゴンの前には、
わらわらと集まる、ちびっこたち。
って、ごくちまも、イターっ。
ぷしっ。
こり、インターミッションの時。
ってことで、おやつがメイン。
お腹空いてた、ごくちま、、、
がくーん。

と、なじぇ、ごくちま、こんなにも、がくーんとしてたかって?
そりは、全て、ベイエリアの渋滞のせいなりーっ。

開演時間の一時間前からオープンさりるのが、VIP専用のTAPIS ROUGE♪
がっ、渋滞に巻き込まれた、ごくちまとだんなしゃん。
もりなく、だんなしゃん@イライラマンに変身ちう。
やっとこさ到着した時には、VIP専用の駐車場はあったものの、
やむやむオードブルは、全て、キッチンの中へ。。。
ああ、どぎーっ。

って、今、VIPの特典をまとめて書こうと、HP観てたらばっ、
VIPルームの写真、こっちに、てんこ盛りぢゃんかよーぅ。
しかも、ごくちまが撮ったのよか、じぇんじぇんキレイだしっ。
おまけに、クイックタイムのツアー映像まで、ついてるしっ。
ぷしっ。

ってことで、このVIPチケットの特典は。。。
入り口側の専用駐車場に、最前列の席に、TAPIS ROUGEへのアクセスに、
開演前のやむやむワインやシャンパンとオードブルに、
インターミッションのやむやむドリンクとデザート類に、
TAPIS内のゴージャスな雰囲気や映像各種に、専用のお土産売り場に、
専用トイレに、専用テラスに、コート・チェックのサービスなど。
ふーぅ、ちかりたっ。

b0050879_543432.jpgで、今回の文句は、こりっ。
アップルパイに、タルト数種に、
チョコケーキ2種類のみっ。
3年前の美味しいチョコも、
去年の美味しいアイスもなしっ。
毎年、哀しい位、どんどんと、
しょぼくなってく、やむやむ。
しっこーく!!

ほんと、しつこいけど、3年前のやむやむのゴージャスだったことっ!
写真があれば、比較したいくらい、やむやむ、てんこ盛りだったのにぃ。
3年前の信じられない程、クオリティが高かった、チョコレート各種に、
アイスに、ソルベに、クッキーに、パイに、こりでもかの大盤振る舞い。

そりが、既に去年の段階で、かなり、がっくし。
チョコレート、パイ、クッキーは消え、シャンパンやワインも格下げだし、
オードブルの味も内容も、3年前の半分以下っ。

最初から不味いチョコなら、文句は言わないんだすけどね。
まぢで、世界最強の旨さだっただけに、がっくし。

去年は、アイス・キャンディを舐めつつ、ぢぶんを宥めた、ごくちまん。
って、おまい、おとなになれっ。>ラニ
ぷしっ。

今年は、ギリギリの会場入りだっただけに、オードブルの中身は?のまま。
でもって、毎回VIPのスウィート内で挨拶に回っていた、ピエロしゃん達。
インターミッション時には、姿見えず、、、。
もしやしたら、開演前にも、いなかったんだろうか。。。
ごくちまの楽しい夢を、壊さないでくらさーいっ。
ぷすん。

b0050879_5433334.jpgこり、最後にもらえる、
VIPのおみやげなりぃ。
シルク・ド・ソレイユ編集CDと、
ポルシェ協賛のCDに、
パンフレットの以上3点。
会場内では、このパスを首に♪
って、CD聴いてみたけど、
ただのダンス・ミュージック(涙)。

こりぢゃ、コルテオの内容が、じぇんじぇん、わかんないじょー!!
っと、ジタバタ、お嘆きちうの、そこのあなたっ!
シルク・ド・ソレイユ・プリゼンツの最新の映像は、こちらっ
ああっ、やっぱりもう一回、観に行こうーーーっと♪>結局、好きらしい。
ぷっひぷひーっ。
[PR]
ってなわけで。

今日から始まった、ごくちまのお取り寄せコーナー♪
どんどんどんっ、ぱふぱふぱふぱふーーーっ。

まず、第一回目は、こりなくしては、ラニを語れまいっ!
そんな感じの逸品なりぃ。>どんな感じなりか?
ぷしっ。

そりは、遡る事、二年前の秋。
ごくちまの大事な姐しゃまがた、ちゅんちゅんまにまにのご来米♪

日頃から、和モノに飢えまくっている、ごくちまの為にとっ、
スーツケースいっぱいに、おみやを仕込んでくりた、姐しゃま方。
雑誌に、洋菓子に、和菓子に、なんと牛タンまでっ、てんこもりぃ〜。
くーーーっ。

ナパでワイナリー巡りをしたり、SF界隈でやむやむを満喫し、
ジャクジーでPop片手に、シンクロナイズドのポーズ決め込んだり、
ライブ会場で拳上げて踊りまくり、燃焼し切った、ちゅん姉&まに姉。

哀しいかな、、とうとうやって来てしまった、帰国の朝。
3人だけぢゃなく、ホク&ラニとも一緒に、記念写真を撮りまくり、
朝ご飯をやむやむしつつ、しばし、別れの挨拶で涙ぐみ。。。

さてっ、出発前に再度、忘れ物ないかと、点検しに二階へ行く途中っ、

b0050879_035847.jpg階段の踊り場に置かれてる、
ホク&ラニのおもちゃ専用ベッド。
と、その中で、微動だにせず、
ぬいぐるみのフリして隠れるラニに、
その隣で、やたらと嗅ぎ回るホク。
いったいじぇんたい、何なりかー?
新しい遊びでも発見したなりかー?

と、てこでも動かぬラニが、たぷたぷボディの下に隠していたモノ、発見!

ベルンのミルフィユ♪
こり、まにまにしゃんからの、おみや。
わざわざ名古屋の高島屋に寄って、
買って来てくりたものーーーっ。

さくさくっ、パリパリっ、な、パイの中に挟まりてるのはっ、
ヘーゼルナッツ他、3種類のやむやむチョコ・クリーム。
そりを、口溶けとろ〜り、な、やむやむチョコでコーティング♪
くーーーっ、うんめーーーっ。

なーんて、解説してるばやいぢゃなくって!
ラニの隠してたのはっ、なんとっ、ちゅん姉のミルフィユ。
ああ、どぎーっ。

こり、まにまにしゃんからお裾分けしてもらったミルフィユで、
食べたい気持ちをググっと堪え、バッグにさくっと仕舞い込み、
帰りの飛行機か、もしくは大阪に戻ったらやむやむしよう。。。
そんな感じで、大事に大事に取っておいた、逸品。

そりを、ラニ号ったら。。。
こそこそっと、ちゅん姉の部屋に忍び込み、、、
絨毯の上に置いてあった、ちゅん姉のバッグを開けて、盗み出し、
3本セットで入ってる箱から、なんとも器用に、1本だけ取り出し。。。

がっ、さすがに犬っころには、包み紙は開けられなかったらしく、
大胆にも、そのまま包み紙ごと、がじがじ、がぶりっ!

「ノー! ノー!! ノーーーーっ!!! ラニっ!!」
ラニの首ねっこ、ちゅかまえて、叱りつける、ごくちま。
その横で、ただ、ボー然と立ち尽くすだけの、ちゅん姉しゃん。
そのまた横で、ある意味、すごいと感心しまくりの、まに姉しゃん。
もーぅ、穴があったら、入りたかったじょーーーっ。
とほほぉ。

ってことで、今回ご紹介したのはっ、
ごくちまの地元、名古屋ではっ、高島屋でしか買えないらしいっ、
ベルンは、ミルフィユ、18個入りで、1575円なりぃ。
やむやむーーーっ。

ってな感じで、今となっては、
ラニを語る上での大事なエピソードとなった、ミルフィユ事件。
当時を思い出して、当事者のラニに、インタビューしてみましょう♪

b0050879_054168.jpgおうっ、みるふぃゆなっ、
ありゃ、うまかったじょーっ。
こう、くちのなかで、ちょこがよぉ、
ねろねろって、とけてよぉ、
ぱいのさくさくかんとよぉ、
すんげぇ、まっちでよぉ。。。
もーぅ、やむやむーぅ。

ちゅんちゅんと、まにまによぉ、、、
おり、また、まってるから、みるふぃゆ、よろしくなっ。
●>おりのとりふと、交換♪
ぷしっ。
[PR]
ってなわけで。

先日のゲイリー・ダンコの送迎ディナーから、数週間。。。
行ってきたのは、今月オープン仕立ての新レストラン「Ame」♪

こり、Ameと書いて、アメと読む。
そう、すなわち、日本の雨の事なりぃ。
しゃーーーっ。

こちらのお店のオーナー・シェフご夫妻は。。。
ウルフギャング・パック氏の元で修行を積んだ後、
LAの「SPAGO」でエクゼクティブ・シェフを努めた、ヒロ・ソネしゃん。
同じく、パック氏の元で、ペイストリー・シェフだったのが、奥しゃん。
お付き合いのきっかけは、パック氏のセッティング♪
くーーーっ。

そんなお二人が、88年から経営してるのが、ナパにある「テラ」♪
ここ、いつも予約でいっぱいな、ナパのセント・ヘレナでも人気のお店。
しかもっ、一昨年にジェームス・ビアード賞を獲得してからはっ、
欧米だけでなくっ、日本のグルメなお客しゃんまでのお越しとなっ。

そんなお二人が今月頭に、新しくオープンしたのが、こちら、「雨」
場所は、サンフランシスコのソーマにオープンした、
高級コンドミニアム&ホテルで有名な、St. Regis

ホテルは、スタンダードで$450から、スイートは$1,300から。
コンドは、2BRで、$1.8ミリオンから、$2.5ミリオンで、、、、
ちなみに、9割型、既に売れちゃってまーす。
ぷひぷひーーーっ。

エントランスには、きれいな彫刻の入ったマーブルの噴水が、、、
しゃーーーっ。
うやうやしく、ドアマンに開けてもらって中へ入ると、、、
既に、新しいモノ好きなヒップなサンフランシスカンが、てんこもり♪

って、こんな余分なインフォは要らないってか?
そんな、食いしん坊のあなたには、こちらっ。

b0050879_10483940.jpgサシミ・バーより、
まずは、ごくちまの前菜、
鯛のお刺身に、あん肝に、とさか。
自家製ポン酢で、さっぱりと。
あん肝が少し蒸し過ぎだけど、
日本酒欲しくなっちゃう美味しさ♪
ごくちまとだんなしゃんが選んだのは、
ピュリニ・モンラッシェ・ルフレーブ♪

b0050879_10485549.jpg同じく、ごくちまの前菜、
その名も、“リサのまかない食”♪
こり、もんごうイカのそうめんを、
雲丹と鶉の卵に山葵醤油で。
こりがまた、うんめーーーっ。
って、こんな美味しいまかないなら、
ごくちまも雇って〜ん。
ぷしっ。

b0050879_10491197.jpgこり、だんなしゃんの前菜、
鴨肉と肝他のコンフィのラビオリ♪
ひとくち食べた、だんなしゃん、
思わず、にっこり。
コクも旨味も凝縮さりた、ソース。
ごくちまも、もりなく、にんまり。
ぷしっ。
こりは、赤でもよろしいかと。

b0050879_10492462.jpgこり、だんなしゃんのメイン、
ヒロ・シェフの定番人気メニュー、
お酒でマリネした鱈の焼き物、
エビ餃子と、紫蘇のスープで♪
紫蘇っつーのが、ミソっ!
こりも、また、うんめーっ、とばかり、
だんなしゃん、にっこにこぉ。
ぷすす。

b0050879_10493980.jpgこりが、とどめなりーーーっ。
な、ごくちまのメインの、
松茸のリゾットの上にはっ、
鰻の蒲焼きと、フォアグラ・ソテー♪
こってり、とろーり、うまうまーっ。
ワインとこりがまたっ、合うっ!
くーーーっ。
でも、ちびーっとリゾット多すぎ。

b0050879_10495378.jpgこり、ごくちまのデザート、
特別メニューのバニラ・アイス♪
って、他にも色々あったけど、
カフェインだめで、チョコはパス、
あれダメ、これダメ、の結果、
バニラ・アイスだけになりまちたっ。
ちょっと甘くどかったのは、ひみちゅ。
ぷしっ。

ってな感じで、やむやむ大満足のレストラン「Ame」
カリフォルニア料理は興味あれど、胃がもたれてる観光客のみなしゃんや、
どっちかっていうと和食系が恋しいって感じの在住のみなしゃんへ、
オススメなりーーーっ。
ぷひひーん。
[PR]
ってなわけで。

先日、ストーンズのSFライブのチケットを捨ててまでっ、
ごくちまの目が、きらりんこしちったのは、こちらっ。
SF郊外はオークランドにある、「Oliveto/オリベット」でのっ、
期間限定のイタリアから空輸されたての生トリュフのディナー♪
ぷひぷひーーーっ。

オリベットの共同オーナーである、ボブ・クラインしゃん。
毎年恒例のイタリアへの黒&白とりふの仕入れへと、お出かけの巻。
仕入先は、イタリアはキャンティ在住の友人のとりふ・ハンターしゃん。
ちなみに、我が家のとりふ素手ハンターは、まにまにしゃん。
ぷしっ。

ボブしゃんは、その後、ウンブリア州へと白とりふの旅を続けた結果。
ここ数年の不作?に比べ、今年は豊作?に恵まれ、値下げとの事。
ってことで、昨年度と同じ予算でも、たっぷしの収穫となっ。
ごうかーく♪

ちなみに、今回の買い付けの旅。
前半は雨で湿気ってしまい、長旅には不向きというアクシデントがっ。
ところが、旅の後半の晴天に依り、いい状態にてお持ち帰り、完了♪
って、意外ととりふって繊細なのねんっ。

で、今年の頭からエグゼ・シェフとなったのが、ポールしゃん。
今月15日から18日までに開催さりた、とりふ・ディナーの指揮を取りっ、
生み出したのがっ、こちらのメニューっ。
しゃーーーっ。

前菜とサラダより。。。
Tortino of Wild Mushrooms, Leeks, and Truffles
Salad of Sea Scallops, Monterey Bay Squid, and Mussels with Root Vegetables and Black Truffles
Insalata di carne cruda of Axis Venison Tenderloin with Black Truffles
Poached Salted Farm Egg with Cardoons, Celery, Black Trumpet Mushrooms, and fonduta valdostana
Belgian Endives with Parmesan fonduta
Mixed Chicories with Truffled bagna cauda
Garden Lettuces with Mushrooms vinaigrette

プリミ・ピアッティより。。。
Vellutata of Cauliflower and Leeks with Chanterelle Mushrooms and Parmesan
Crespelle of Dungeness Crab and Porcini Mushrooms
Pumpkin gnocchi with castelmagno Cheese and Black Trumpet Mushrooms
Agnolotti dal plin
Pici with Sausage, Nutmeg, and Lemon Zest
Tagliatelle with Herbs and fonduta valdostana
Gnocchi di polenta taragna with 'Savoy' Cabbage, pancetta, Sage, and taleggio Cheese
Wild Nettle pennette with Bay Scallops and Wild Mushrooms
Hazelnut fettuccine with Duck Livers, pancetta, Sage, and vin santo

グリル、ソテー、そして ロテスリーより。。。
Scaloppine of Willis Farm Pork al sugo bianco with polenta farinata
Truffled Sweetbread and Spiny Lobster Sausage with Fried Shoestring Potatoes
Roast Atlantic Cod and Poached Oysters with White Vegetables and Black Truffle Mayonnaise
Spit-Roasted Paine Farm Pigeon with Swollen Raisins, Walnuts, and foie gras Sauce
Charcoal-Grilled Axis Venison with Chestnut Purée and 'cipolline' Onions Braised in vin santo
Truffled cotechino with 'Savoy' Cabbage and Sweet Onion Sauce
Jones Farm Rabbit Braised in Arneis with 'zolfini' Beans

デザートより。。。
Bosc Pear and Moscato sorbetto
Coffee Cognac Chocolate Chip Ice Cream
Warm Tangerine Pudding Cake with Buttermilk Ice Cream and 'Meyer' Lemon Sauce
Chestnut Ice Cream and Chocolate Puff Pastry Sandwiches
Pumpkin Tart with Candied Ginger mascarpone
Chocolate Hazelnut torta
Persimmon Cheesecake with Grand Marnier Sauce

って、こんな英語&伊語が、ごちゃ混ぜのメニューなんて、意味不明っ!
そんなあなたへ送る、ごくちまの写真日記は、こちらっ。

b0050879_455592.jpg泣く子も黙る、バルバレスコ82年物♪
Vigneto Castellizzano,Piedmont
まるで年代物のバルサミコ酢の味っ。
ボトルでなくクワトロで$75って、
中身は偽物疑惑がフツフツと(笑)。
お隣は、特注の$5.50/gの白とりふ。
こり1個で$100と、まさに宝石♪
ぷい〜〜〜んっ。

b0050879_46861.jpg黄身がとろりのポーチド・エッグと、
今が旬のポルチーニ茸と、
セロリ他のソテーの上に、
フォンデュータ・ソースとろり♪
この上に、買った白とりふを、
ざっくざくスライスしてもらうと、
ぷい〜ん、ぱくぱくっ、やむやむーぅ。
で、幸せ〜〜〜♪

b0050879_46217.jpgこり、ミックス・チコリのサラダ、
バーニャ・カウダのドレッシング♪
酸っぱさとアンチョビ利きまくりで、
ちびっと、とりふの香り殺してて、
だんなしゃんから、しっこくの逸品。
悪くはないし、正統派だろうけど、
ごくちまも、こり、いまいちなりぃ。
ぷしっ。

b0050879_463460.jpgこり、ベルジャン・エンダイブの、
パルメザン・フォンデュータ♪
チーズ好きには、たまらんっの逸品。
とりふも、ぷい〜んで、
ソースも、パンにつけちった程。
やむやむーぅ。
ここに、ポルチーニ茸のソテー、
あっても悪くなかったかもねーん。

b0050879_464919.jpgこり、タリアテッレ・パスタの、
ハーブとフォンデュータ・ソース♪
既に半分なのは、食い意地の方が、
ブロガー魂より勝っちまいまちたっ。
ローズマリーが強すぎて、しっこく。
フォンデュータも正統派だけど、
いまいち深みもコクもなくて、
ちうと半端な逸品なりぃ。

b0050879_47143.jpgだんなしゃん共に、ごうかーくの逸品。
白とりふバターたっぷしのっ、
ニーマン・ランチのステーキ2人前♪
溢れ出る肉汁にとりふの香り、
骨際の肉なんて、もーぅ、たまらんっ。
お供は、90年物のバルバレスコ、
Asili, Produttori, Piedomont。
って、82年の後では、うすっ!

って感じで、やむやむディナーを満喫した、ごくちまとだんなしゃん。
デザートは、もちろん、もーぅ無理無理っ!の満腹状態。

と、残ったのは、白とりふしゃん。
しっかりと請求書にチャージされた、白とりふしゃん。
既に、お会計は済ませ、どうするべか、と思っていたらばっ。

丁寧にナプキンで包んだ上、アドバイスまでくりた、お店のおねいしゃん。
「こり、少し湿らせた方がいいのよんっ。
でもって、ジップロックとか密封はダメよんっ。
同じナプキンに生卵を包んでおくとねっ、
翌朝には、白とりふオムレツが作れちゃうのよんっ。」
ごうかーく♪

b0050879_472494.jpgで、こりがお持ち帰りのとりふしゃん♪
って、おくるみに包まれた宝物状態。
ごくちまが、下し金でスライスすると、
こりが意外と、かなりの量。
翌日でも、キッチンに行くだけで、
ぷい〜ん、って、とりふ畑状態。
ホク&ラニも、すんすんしてるしぃ。
くーーーっ。

で、こっからが、ごくちまの腕の見せ所っ!
昨夜のパスタにダメ出しした、だんなしゃん。
今まで、本場イタリアで白とりふコースを満喫しまくってるらしく、
お店のパスタをむぐむぐしつつ。。。

「こんなの、ちがわーい。
ボクが一番やむやむと思った、白とりふのパスタはねー、
中にパルメジャーノやパンチェッタが入っててねー、
そんでもって、コクも風味もたっぷりでねー、
バターも生クリームもいっぱいだったんだじょー。」

なんだとーーーっ!
ひとりでやむやむ食べやがってからにーぃ!
ぷんすか!!

と、怒る気持ちをエナジーにして、作った翌日のディナーが、こちらっ。

b0050879_473817.jpgごくちま風、白とりふ・ディナー♪
白とりふとオリーブ油たっぷりの、
エッグ・ディップと茹でアスパラガス♪
パンチェッタとパルメジャーノ、
生クリームとバターと白とりふ、
こりでもかっ、と創作したパスタ♪
やむやむーぅ。>自画自賛。
カリフォルニアの重めのカベルネと。

もりなく、だんなしゃんも、大喜びの巻ぃ♪
って、創作だけに、味見しつつ適当に作っちったから。。。
二度と同じ物は、作れましぇーんっ。
ぷしっ。

もちろん、こげな料理を2日続けて食べちまうとっ、
ごくちまのさすがに強靭の胃袋さえもっ、もりなくっ、えろえろ状態なりぃ。
で、ここで登場、大活躍しちったのが、こちらっ。

おら、がむらの柴漬しゃん♪
こりがまた、んまいっの何のって!
炊き立ての白いご飯に、やむやむぅ。
ねこしゃん、ありがとなりーっ。
毎朝、やむやむ満喫ちうーっ。
ぷひぷひーっ。
ぷりっ。
●>お礼のとりふ。>ラニ

ちなみに、この毎年恒例のとりふ・ディナー。
既に、来年の分を予約する常連客で、いっぱい♪
しかも、今年は新聞のグルメ欄にて紹介しちったもんだからっ。
異常なまでに、席の確保のみつこしだったこと!

また、食べ遅れちった、ベイエリアのみなしゃん。
もし在庫があれば、週末のメニューに一部登場するかも、とのことっ。
とりふ希望者は、おりべっとへ急げっ。
しゃーーーっ。
[PR]