<   2004年 11月 ( 103 )   > この月の画像一覧

ってなわけで、2週間近くに渡って、くりひろげらけた義親孝行の大巨編。
とうとう、明日が最終日なり〜。
ぷひーっ。

ここまでくると、お便秘も大騒音も気にならなくなってくるの巻。
じじばば、いや、義両親のリクエストにも、自然な笑顔で対応中。
こんな楽しいカウントダウンって、、、。
クリスマス以来?
くすすっ。

昨日は猛吹雪とマイナス15度の極寒で、敢えなく2時間でリタイヤした午前中のスキー。
凍えながら帰宅すると、Tシャツ姿で出迎えてくれたヨーダぱぱしゃん(汗)。
家中、完全暖房のタホの家。
外の気温はマイナス5度。
中の気温は25度。
その差、30度。
くーーーっ。

朝方いためた首を癒すため、2階の大きなお風呂で寝そべって浮かぶ極妻。
死海に浮かんだ気分なり〜。

その頃、あんぽんたん夫婦の片割れ、ダーリンしゃん。
大雪の中での裏庭のジャクジーで浮かんでるなり〜。

やっぱり、あんぽんたん夫婦なり〜(笑)。
ぷす。

こんな寒い日のお昼は、やっぱりうどんっよね?
と、主人も義両親も、みんなターキー・サンドイッチ。
がくーん。
情緒のないアメリカ人だすっ。

午後からは、早速ロケ地求めてのドライブ。
今日の極妻、撮影隊。
今年のクリスマス・カードの写真撮影隊の巻♪

10分程行った所にある、カレッジのキャンパス。
大小のモミの木と50cm程はある、誰も踏みしめてないペカペカの新雪。
ここに決まりっ!

数カ所で、さくさくっとカメラと脚立をセッティング。
リモコンでぽくぽくっと80枚以上撮影して、ロケ班、撤収〜!
やたっ。

撮れたてピチピチの写真をiBookにアップ♪
極妻が一番よく撮れてる写真を優先選択して、終了なり〜!
ぷひーっ。

と、カウチで寝転んで、うずうずしてるパパしゃん。
昨夜は、シャルドネとチーズ・ピザの胃に優しい夕飯で、すっかり元気になったパパしゃんって(汗)。
ああ、どぎー。

酸素ボンベ持参で挑む、パパしゃん。
目が見えなくとも、スロット・マシーン大好きのギャンブラーなママしゃん。
お気に入りのスロット・マシーンを発見してはしゃぐ二人。

と、かなりの数の視線を感じる極妻。
やっぱしぃ?
義両親の世話をする、甲斐甲斐しい嫁の姿に感動ってか?
もしくは、ヒトヅマの色気ってやつですかぁ?
ぐふふぅ。

と思いきや、視線の先は、義両親。
酸素ボンベしてるパパしゃん。
目の見えないママしゃん。
そこまでして、やりたいかーっ?
って、視線だったのねん。
ぷすす。

いつもは儲けがゼロなスロット・マシーン。
ところがどっこい。
昨夜のスロット。
全員20ドル程度の元手が、30分で200ドルの勝利♪
ぷひーっ。

と、思い出したのは、ロシア人の友人の言葉。
「老人に当たる様にしてるのよ。」
そんな彼女、元カジノの従業員なり〜。
監視カメラのモニター室で、お客を選んで勝たせてるそうな。

酸素ボンベと目の見えない老人夫婦。
そして世話をする優しい息子夫婦。
おおっ。
いかにもアメリカ人の好きなストーリー♪

なにはともあれ。
ほくほく顔の義両親。

と、もくもく蔓延するタバコの煙にやられたパパしゃん。
ぜぇぜぇと苦しそうに歩く姿も、よろよろ瀕死のヨーダ状態。
危険が危ないっ!

勝利の祝杯がてら、避難したのは「ハードロック・カフェ」なり〜♪

極妻、ピナ・コラーダとローストビーフのサンドイッチ。
サンドイッチ、半分てところで、リタイヤの巻。

主人、ビールとベイビー・バック・リブ。
備え付けのビーンズやフレンチ・フライまで完食っ。

ママしゃん、カルーア・ミルクにポテト・スキンにオニオン・リングに紅茶。
ポテトもオニオンも半分でギブアップなり〜。

パパしゃん、基本なシャルドネに、ベイビー・バック・リブ。
同じく、ビーンズとフライまで完食。

と、パパしゃん。
余裕の笑顔で追加したのは、巨大チョコレート・サンデー。
って、おまい、本当にしんどいのかよっ。
ぷひーっ。
[PR]
ってなわけで、昨日の朝。
外の明るさに目が覚めて、ふと時計を見ると、また5時前!
なんだとーっ!

目が覚めてしまったものは仕方がないっ。
ブラインドを開けると、辺り一面が銀世界。
いや、ウィンター・ワンダーランド♪
きゃーっ。

雪明かりに起こされたことなんて、ケロッと忘れ。
さくさくっと朝食を済ませ、ちゃっちゃっとブログの更新を済ませた極妻。
7時半にはスタンバイ、完了♪
ぷひーっ。

8時半からリフトがオープンするヘブンリー♪
まだまだ余裕たっぷりの今朝。
外は氷点下の世界。
ってなわけで、腰痛持ちの極妻。
空いた時間を潰すべく、ストレッチ&ヨガ。
そう、上級スキーヤーは、まず準備運動から入るの巻。

、、、ポキっ(汗)。
ああ、どぎーっ。
極妻がストレッチ中の極妻に寄って来た、犬っころ。
犬っころを驚かそうと、首だけ横を向いたその瞬間。
寒さで既におかしかった、極妻の首。
ポキって音と共に、ヘルニア発生!
うーうーうー♪

ふえーん。
あんぽんたん、、、。
仕方なく、ホッカイロの首巻き状態のものを巻き、薬を飲んでの挑戦。
とほほ。

今朝は、家の周りで、既に極寒のー5度。
もう、見てくれなんて関係ないの巻。

スキージャケットの中にフリース・ジャケットを2枚重ね着。
顔にはスキーマスクの上から、頭全体を包み込むフリース帽をかぶり、その上からゴーグル。
この姿で銀行に行ったら、間違いなく、タ・イ・ホ♪
くすすっ。

ヘブンリースキー場には9時に到着♪
山の上を見上げると、真っ白な雲がものすんごいスピードで移動中。
、、、(汗)。

いやな予感、的中。
最初に乗ったのは、ヘブンリーのトラム(50人乗りの大きなゴンドラ)。
さくさくっと10分で山の上に到着♪

、、、(汗)。
ああ、どぎーっ。
まっしろだしーっ。
見えないしーっ。
さぶいしーっ。

どれくらい寒いかを実況中継すると、、、。
白く凍りついた、おっさんのヒゲ。
歪んだフレームを直そうとした瞬間、バキッと音を立てて割れたサングラス。
鼻の下からツララ状にぶら下がる、子供の鼻水。
ああ、どぎーっ。

10分ほどで一回転する、3人乗りリフト。
その椅子の上に積もった、5cmの雪。
10分で5cmって、、、(汗)。
まさに、シベリア超特急。
ぷひーっ。

あまりの寒さに、どんどんと強ばって行く体。
ゴーグルにも張り付く雪で、視界もゼロ。
コブの衝撃を避けようにも、同じく強ばってしまったブーツ。
まるで、ガンダムの中にでも入ったかのような気分。
ぷすす。

ゴンドラ側の温度計に目をやる主人。
と、固まったままの引き攣り笑いの彼。

「な、何度なのぉ?」恐る恐る尋ねる極妻。
「ま、マイナス1度、って、はははははーっ。」

寒さに壊れた主人の返答に依ると、ただいまマイナス1度。 
なーんだ、マイナス1度なんだー。
って!
そりって、摂氏にすると、マイナス15度じゃんかよぉぉぉぉぉーっ!!
ひょえーっ。

寒さに負けて、フカフカの新雪だろうが、2時間でリタイヤした極妻と主人。
トラムで麓に戻ると、なぜか雲ひとつないドピーカン♪
そりに騙され、軽装で臨むバカちんなボーダー達。
教えてやんないもんにぃ〜。
ぷす。

と、麓に並ぶ、たくさんの大人や子供達。
スキー・スクール?
いいえ、違いまっすーぅ。
実は、みーんな迷子たち。
滑り降りているうちに、視界5mの猛吹雪に巻かれてしまった人たち。
とりあえず、おりて来れただけでも、儲け物ってなもんで。

ヘブンリーで働くおにいさんたち。
「今日はせっかくの新雪なのに、仕事で滑れなくって残念ね。」と労りの声を掛けた極妻に反して、かえって来た言葉は、、、。
「うんにゃ、とんでもないっす。 こんな極寒の日に、滑るなんて、あんぽんたんだすっ!」
ああ、どぎー。
あんぽんたん、見っけ♪>ぢぶん&ダーリン。
ぷひーっ。
[PR]
昨日も朝早くから、雪かきしまくりだった主人。
一度降り出すと、数時間置きにドライブウェイや裏庭の雪かきをしないと、手遅れになってしまうの巻。
バケーションに来たのか、労働しに来たのか(笑)。
そんな勤労夫の姿を眺めつつ、極妻、暖かい部屋の中で、ホット・チョコレートに舌鼓。
ぷひーっ。

雪かきを続ける主人の元に来た、下の犬っころ。
自分の背丈以上の雪の中、さくっと用を足した犬っころ。
b0050879_0173732.jpg
ぶるぶるっと震えながら、主人の足をカリカリしつつのおねだり攻撃。
さぶいっ。
おい、おまいっ。
おり、さぶいっ。
抱っこしろっ、おまいっ。

b0050879_018962.jpg
とばかりに、突然、うさちゃんジャーンプっ!
ぴょーん、ぴょーん!!
って、おまい、縦飛びかよっ(笑)。
ぷひーっ。
[PR]
ってなわけで。
昨日は、ほぼ一日中吹雪だった、タホ。

お昼前に、新しく買ったブーツの調整に出かけた主人。
一人残されてはたまるもんかと、一緒に出かけた極妻。

お昼の気温、ー7度なり〜。
さぶっ。

猛吹雪で視界もゼロ。
そんな中、決死隊の様な装備で臨む、スキモノ強者スキーヤーたち。
その姿、まさに映画「ホワイトアウト」を地で行ってるの巻。
昨日まで雪がないとボヤいてたのが、まるで嘘みたいだすっ。

ブーツを直しついでに、近くのQuizno's(クイズノーズ)というサンドイッチ店でランチ♪

ここ一年ちょっとでカリフォルニアの至る所に出店したクイズノ。
まさに、一時期のスタバやクリスピー・クリームの勢い。

お味の方は、「サブウェイ」がヘルシーかつ新鮮な野菜のシンプル系とすると。
クイズノは美味しさを追求したダイエットの敵って感じ。
ベーコンにチキンにサラミにハムに、なんでもチーズたっぷりでろでろにカロリー・アップ♪
くーーーっ。

ランチの後は、近くのお土産店を冷やかしつつの腹ごなし。>かすかなる、抵抗。
ぷすす。
と、2時間前に勇ましく出かけたスキーヤー達の姿発見!
全身真っ白の雪だるま状態。
あっさり破れて戻ってきた姿に思わず失笑の巻。
ぷすす。

午後になっても降り止まない雪。
どんどん積もりそうな、ふかふかで大粒の雪。
いい感じ〜〜〜♪

昨日まで、毎日2本のシャルドネを空け続けた義父、ヨーダパパ。
今朝から、ずーっとお腹ゆるゆる。

ってなわけで、カジノへゴー♪は、またまた延期なり〜。
今夜はカジノ・ホテルで「タワー・オブ・パワー」のライブもあったのになぁ(涙)。
こうも振り回されると、なんだか悲しいのを通り越して、笑えてきたりする、、、。
うひゃひゃひゃひゃ〜。
って、極妻、壊れる寸前??
きゃーーーっ。

ってことで、ぽっかり空いた午後のプラン。
雪かきマシーンで玄関前の雪を数時間置きにせっせと吹き飛ばす、主人。
その間、裏庭で犬っころと雪にたわむれ遊ぶ、極妻なり〜。

夕方になって、やっと降り止んだ雪。
昨夜からのトータル、約40cm!
一晩で、40cmって、、、(汗)。

b0050879_026065.jpg犬っころ達も、思わずドアで立ち止まってしまう雪の量。
ぷすす。


b0050879_0262246.jpgやっぱり、裏庭のデッキでも立ち止まってしまう犬っころ達。
ぷひーっ。


飛び込むぞ〜っと、潔く走り出した瞬間。
脱兎のごとく、走り続け。
さくさくっと用を足して戻って来た犬っころ達。
はやっ。

お腹ゆるゆるのヨーダパパ。
カジノだけでなく、今夜の外食も中止なり〜。

だなっ、お腹壊してるし、当たり前だなっ。
残りもののターキーでスープでも作ろうとした優しい嫁、極妻。

と、何やらメニューのリクエストしてきた、ヨーダぱぱ。
へ?
、、、(汗)。
今夜は「お腹に優しいチーズピザが食べたい」らしい。
しかも、シャルドネ付きでって、、、(汗)。
ああ、どぎー。

オーブンで、モッツアレラ・チーズとガーリック・マッシュルームのフライをかりっと焼き上げた、極妻。
毎日の世話&接待で、ちかれきってる主人へのサービスのおつまみ♪

ヨーダぱぱ達へのピザをオーブンで焼く準備をしてる主人。
美味しいオーストラリアのメルローを開けて。
主人と一緒に乾杯♪

と、テーブルに戻ると、、、
ああ、どぎー。
ヨーダぱぱ、モッツアレラ・チーズとマッシュルームのつまみ。
全部、完食してるしーーーっ。
ぷひーっ。

呆れるのを通り越し、苦笑いする主人。
主人も、壊れる寸前?
ぷひーっ。

主人と私は,面倒なので一昨日のサンクスギビングの残りのターキー。
こり、結構普通のこと。
どの家庭でも、大量に余ったターキーを持て余し。
毎日、サンドイッチやスープ、オムレツなんかに変身させて、強引に食べまくるの巻。
日本でいう、正月開けの余った餅?
ぷすす?

50cmのピザもママしゃんと一緒に平らげた、ヨーダぱぱ。
今夜のシャルドネ、ちょっと控えめの1本なり〜♪
って、そいでも、食い過ぎ&飲み過ぎっ。

その後も、元気にビリヤードに参加してきた、ヨーダぱぱ。
おまい、呼吸が苦しかったんではないんか?
えっ、えっ?
詰問する代わりに、見事ナインボールでやっつけた極妻。
負けないじょーっ。
ぷひぷひーっ。
[PR]
ってなわけで。
終盤を迎えた義親孝行。

ここ2週間弱。
毎日、極妻の頭の中に流れる、ひとつの歌。
そりは、、、
クリスタル・キングの「大都会」
♪ああ〜、はってしぃなぃ〜〜〜♪

ってな感じで、果てしなく続くかの様に思われた義親孝行。
火曜日には終結の巻。
今日は土曜日。
明日もう一日スキーを楽しんだら、翌日の月曜日に帰宅っちゅーわけで。

今朝は、昨夜から降り続く雪が吹雪となり、スキーも断念。
昨夜からの積雪量は、ヘブンリーで25cm。
くーっ。
どうせなら、タホに到着した今週の頭に欲しかったとです。

吹雪の今。
とりあえず、自宅待機。

でも、家にはある、大きな問題。
そりは音。

耳の悪い義母しゃん。
最大限まで上げまくってる、テレビのボリューム。
側にいると、耳の鼓膜が破裂しそうになるほどな大音量。

昨夜、義両親が見ていたテレビ番組のクリスマス・キャロル。
鈴の音のような聖歌隊のはずが、、、
聴こえてくるのは、ヘヴィメタとしか思えない激しい音。
まさに、デフ・レパード♪
*デフとは、英語で「耳の聞こえない人」
ぷひーっ。

ってなわけで。
極妻、さくっと二階のベッドルームに避難中。
ドアを閉めても聞こえるテレビの音って、、、(汗)。

今日の予定。
まずは、主人の新しいスキー・ブーツをお直しがてら。
二人でこっそり、静寂なランチタイムを楽しむの巻♪

続いて、今年のクリスマス・カードの写真撮影。
毎年、極妻んちは、家族揃って(主人、私、犬っころたち)の撮影なり。
そりを元に、クリスマス・カードを作ってるなり〜。
毎年、太ったり痩せたりする主人にも注目っ♪
ひみちゅっ!

午後はカジノ。
昨日のディナーの後に寄るはずだったけど、パパしゃんがちかれて、今日に延期の巻。

昨夜、じじばば、いや、義両親を連れてのディナー。
お店はランチで発見したハワイ風の店「カラニズ」

極妻は、少しでも和食に近いものをってことで。
アヒ・ポキ(マグロのしょうゆ漬け)と、寿司&刺身の盛り合わせをオーダー。

出て来たのは、寿司と刺身。
へ?
アヒ・ポキは??
ハワイに行ったことのない白人ウェイトレスのおねいさん。
寿司と刺身が前菜で、アヒ・ポキはメインと思ってるらしい。
ぷひーっ。

寿司と刺身。
もう、悲しくなるくらい少ないバラエティ。
「アヒ・ポキも頼むから、まぐろは抜いてね。」っていうオーダーもころっと忘れたおねいさん。
お皿に並ぶのは、まぐろ、サーモン、茹で海老、はまち、さばの寿司が一巻ずつ。
その横に、同じ魚が2切れずつ、、、。
刺身って、こりかい??
ああ、どぎー。

本日の教訓。
タホで刺身はいただけない。
ぷひーん。

唯一、期待していたアヒ・ポキ。
おまいまで、おりを裏切るのか〜!
ってな感じのスーパー並みのフツーさ加減。
極妻が作るアヒ・ポキの方が数倍マシってな代物。
一口サイズで、14ドルって(涙)。
詐欺ぢゃ〜〜〜。

ちなみに、本日のパパしゃんのシャルドネ。
きっちり、2本なり〜。

パパしゃんは、前菜はロブスターのビスク(スープ)、貝のワイン蒸し、白身魚のソテー、そして、アイスクリームとコーヒー。
って、おまい、食い過ぎっ。

そんな食い過ぎパパしゃん。
心臓病とダイエットを兼ねて、ひとつだけ頑に守っていることがある。
そりは、牛肉を食べないこと。
そのおかげで、体重が130キロから120キロに減ったらしい、、、(汗)。

って、おまい、ステーキ食ってもいいから、甘いものやめれっ。
ぷひーっ。

ママしゃんは、クラブ・ケーキに、ステーキ(毎度のことながら、一口だけで、8割方残して終わり)、そして、バナナ・ブレッド・プディング。

ママしゃんも、全然学ばない人。
小食で、いつも大半残してしまう。
なのに、自分の懐は傷まないと横でほくそ笑むパパしゃんの強引な押しに負けて、いつもステーキやデザートを注文。

で、結果「残すのは苦痛」という戦争を体験したママしゃんの前に並びまくる、ひとくちしか手をつけてない残り物の数々。
おまいら、、、いつかバチ当たるぞ。
って、すでに80歳だしーっ。

主人は、サラダと白身魚のソテーに、コナ・コーヒー。
珍しく、少なめのヘルシー・コースだし。
ちょっと、学んだらしい、昨夜の主人。
ぷひーっ。

ってな感じで。
ここぞとばかりに食い意地張りまくりのパパしゃん。
食い過ぎて、ダウン。
っちゅーわけで、食後のお楽しみ、カジノでゴー♪も今日に延期。

果たしてどうなるか、今日のカジノ?
今日こそ、学ぶのか、パパしゃんとママしゃんっ!
乞うご期待っ。
ぷひぷひーっ。
[PR]
ってなかんじだった、今朝のヘブンリー・スキー場。
カリフォルニアのサウス・レイク・タホにあるヘブンリー。
昨日は午後かちびっとばかりの吹雪なり〜。

サンクスギビングだった昨日。
ホリディ・シーズンにピッタリの雪景色ってなもんで。
ちゅんちゅん。

で、今朝。
約1インチ=2、3センチの新雪。
プラス、毎晩夜通しで働くスノー・マシーンの雪。
5、6センチ程度の新雪なり〜。

キュッキュッとなる雪。
久々〜。

カービング・スキーのキレの良さ。
くーーーっ。

朝9時から3時間程スキーを楽しんだ主人と極妻。
スキー場のカフェで雪景色を眺めつつのランチ。

極妻は、ホットドッグにチリ&チーズをかけたチリ・ドッグと、フライ(フレンチフライ)。
主人は、チーズバーガーとフライ。

スキー3時間もしたし、いいよねっ(汗)?
そんな問いかけに無反応で膨らみ続ける極妻のお腹。
ああ、どぎーっ。

今夜からタホでは猛吹雪。
明日も吹雪かもしれないとの天気予報。

今夜は昨日に引き続き、パシフィック・リム料理の「カラニ」でディナー。
もちろん、じじばば、いや、義親孝行の巻。

その後は、カジノへゴー♪
って、心臓病に喘息持ちの80歳のパパしゃん。
酸素ボンベを持参しての、カジノ参上(汗)。

そこまでして、したいのか、パパしゃんよ?
いいえ、違うんだす。
実はやりたがってる方は、目の見えないママしゃん。

どっちもどっちってかーっ?
ぷひぷひーっ。
[PR]
と、一瞬見間違えちゃうかの様なレストランを発見♪

ヘブンリー・スキー場の麓。
カジノ・ホテルやコンドミニアムが集まるヘブンリーのゴンドラ乗り場。
その近くに、今週オープンしたのが、ハワイ風レストラン♪

新しいレストランと聞くと、お尻がむんずむんずしちゃう極妻。
早速、昨日のスキー帰りに寄ってみたなり〜。

その名も「Kalani's」
くーーーっ。

b0050879_9343920.jpgドアを開けると、まるでホノルルのアラン・ウォンズに来たかの様な錯覚を覚えるインテリア。
壁紙から照明にガラスまで、まぢ、ハワイの今時のレストランの店内。
くーっ。


サンクスギビングの当日の午後ってなわけで。
キリリとよく冷えたシャルドネをお供に、軽めにハワイ式の前菜「ププ・スタイル」にてスタート♪
お通しは、クリスピーなクラッカー・タイプのパンとオレンジ風味のバター。

b0050879_93562.jpgまずは、「フライド・カラマリ」
よっぽど、好きなんだねぇ、なんて言うのは、しっこく!
カリフォルニアの定番人気だすっ。
で、カラニのカラマリ。
ちょっと冷凍感のある小イカだけど、からりと揚がっている。
ソイソース(醤油)アイオリとチリ・アイオリの2つのソース。
こりはもう少し勉強していただきたい味。


b0050879_935321.jpgお次は、「カルーア・ピッグのケサディア」
ケサディアとは、チーズと肉をトルティーア(ソフト・タコス)で挟んだメキシカン料理。
蒸し焼きのポークとチーズを挟んだハワイ風アレンジ。
ちょっと甘めの柔らかポークに、マンゴー・サルサやワカモレ(アボカドのサルサ)との相性もバッチリ♪
ビールが欲しくなる逸品なり〜。


b0050879_9355875.jpg続いては、「ベイクド・モチコ・チキン」
モチコ・チキンとは、もち粉をまぶして揚げた、立田揚げの様なもの。
ハワイの日系人の定番家庭料理なり〜。
ベイクド、ってなわけで、まぢでオーブンで焼いてあった。
ふっくら柔らかチキンだけど、、、
やっぱり揚げが好きなり〜。
ぷひーっ。


b0050879_9362988.jpg〆は、「ボルケーノ・チョコレート・ケーキ」
ホカホカの山型チョコケーキをフォークで刺すと、中からチョコソースがとろ〜り。
まるで活火山みたい、ってなわけで「ボルケーノ」
ちょっともちもちしすぎな生地だけど、ソースはごうかーく♪


こんな感じのメニューを作り出したのは、ハワイ出身カリフォルニア在住のシェフ。
くーっ。

でも、なにかが足りない。
日本食の様な繊細さや工夫が見られない。
よく言えば、シンプル。
悪く言えば、大味。

そう、アラン・ウォンやロイ山口にあって。
サム・チョイに足りないもの。
そんな繊細さ。
こり、三店とも食べ比べた人にしか分からないの巻。
ぷひーっ。

でも、極妻。
こりも何かの縁ってことで。
パトロンとなり、毎回タホに来る度に、顔を出す約束しただす。
シェフは選ぶだけぢゃなく、育てることも必要だすっ。
ぷひーっ。

店の右側が、寿司コーナー。
毎日空輸する新鮮な日本やハワイの魚がネタ。
握ってるのは、カリフォルニア在住が長過ぎてへんてこな日本語を話すロックな日本人のおやぢ。
真っ黒な衣装で、一見いかがわしい音楽プロデューサーの様な出で立ちで、にぎにぎっ。

店の真ん中には16席ほどの大小のテーブル。
天井も高く広く感じるが、テーブル同士が近いため、隣近所の会話が丸聞えなり〜。
よって、食事中にぷひぷひ叫ぶの、禁止っ。
ぷひーっ。

店の左側は、バー。
雪山を眺めつつ、トロピカル・ドリンクってのも、あり??

と、テーブルに挨拶に来たオーナー。
いかにもなマッチョだけど愛想の良いハワイアンの彼。
名前は「Hoku」
ぷすーっ。

実は、極妻の犬っころ2匹。
上のトイプーの名前が「Hoku(ホク)」
下のトイプーもどきの名前が「Lani(ラニ)」
オーナーの名前に、店の名前。
こりって、何かの運命だすかーっ?
ぷひーっ。

オーナーのホクしゃんに、思わず「うちの犬の名前と同じだす〜!」と叫んだ極妻。
ホクしゃんいわく「いつも3つのどれかで返される」とのこと。
一番多いのが「うちの犬と同じ名前〜!」
二番目に多いのが「ホク・ホー(ドン・ホーの娘で歌手)と同じ〜!」
三番目に多いのが「ホクズ(カハラ・マンダリンのレストラン)と同じ〜!」
ぷすす。

帰り際にドアまで見送ってくれたホクしゃん。
ハグして、握手した極妻。
「はぁい、ホク、また来るね♪」っていいつつ。
ついつい、犬っころみたく、ホクしゃんの頭をヨシヨシしそうになったの巻。
ぷひーっ。
[PR]
ってなわけで。
サウス・レイク・タホにある、ヘブンリー。
ヘブンリー・スキー場の麓にある、ゴンドラ。
スキー・シーズンの今だけでなく、春から秋も頂上の展望台まで上がっていけちゃったりする。

ゴンドラの麓に立ち並ぶのは、カジノ・ホテルやコンドミニアム。
冬のスキーに、春から秋のつりやキャンプにゴルフにビーチと、年中通してのかなりな集客率。
そりをみすみす逃す手は無い、とばかりに。
ここ2年くらいで、大型スーパーやショップにレストランが次々とオープン中♪

っちゅーわけで。
この度、人気のスポットに新しく仲間入りしたのが、こちらっ。

b0050879_885941.jpgじゃじゃーんっ♪
アイス・スケート場なり〜。
ちょうど零度くらいの外の気温。
ただ水をまくだけで、つるんつるんの天然スケート・リンクの誕生。
って、もちろんこちらは専門家による製作。


有料かはわからないけど。
本日オープンなり〜♪

ちなみに、写真の左手に見える建物。
こっちは来月オープン予定の映画館だす〜。
今まで、近くになかったのが不思議なくらい。
こりで、親だけでなく、子供も楽しめるカジノ・タウンの出来上がり〜♪
ぷひーっ。
[PR]
ってなわけで。
昨夜は「サンクスギビング・デー」

オーブンに入れたターキーを待つこと2時間。
こんがり焼けた香ばしいターキーの出来上がり♪

b0050879_183334.jpgこのターキー。
写真では小さく感じちゃうかもしれないけど。
チキンの丸焼きの、ほぼ8倍。
でかっ!


一生懸命、専用のカービング・ナイフで削る様に身を切り取る主人。
切っても、切っても、まだまだ半分にも達しない。
ってなわけで、半分くらい切り取った所で、あとはクマの餌。
って、クマという名の犬を飼ってる訳ぢゃあなくて。
正真正銘、本物のクマ。

タホのクマ。
決まったゴミの日に必ず出没しては、ゴミ漁り。
昨夜も徘徊したと思われるクマ。
我が家のゴミ箱もなぎ倒してあったの巻。
こわっ。

b0050879_185116.jpgで、ターキー。
こんな感じで、好きなものを取り、何度かお代わりしつつ、ワインと一緒に楽しんじゃうのが決まり♪
極妻のお気に入りは手羽と皮。
マッシュドポテトにグレービーをかけて、スタッフィング、パン、クランベリー・ソースを少々。
やむやむっ。


シャルドネ2本で、お代わり3回も楽しんでた、パパしゃん。
ママしゃんも、ランチを抜いて挑んだターキー。
主人も2回のお代わりなり。
犬っころたちも、しっぽフリフリ、みんなの周りをぐるぐるして、おねだり攻撃。
ぷひーっ。

昨夜のターキー。
グルメなスーパーだけあって、むちゃくちゃまいう〜♪
味付けもさることながら、なんともしっとりなお肉に皮までまうい〜なターキー。
一昨年、ご相伴にあずかったアメリカ人友人夫婦が2日間かけて焼き上げたターキーの100倍くらい旨かった〜っ。
ひみちゅっ。
[PR]
極妻の出身地、名古屋。
ってなわけで、名古屋といえば、えびふりゃー。
なわけなくて。

ういろうでも、淡雪でもないわいっ。
そんなもん出して来たやつ、しばいたるじょーっ。

名古屋といえば〜。
どて煮に、味噌カツ、手羽先、ひつまぶしに、味噌煮込みでいっ♪

どれも極妻の大好物なり〜。
でも、作ろうと思ったら、アメリカでも作れちゃうの巻。

そんなんぢゃあ、なくて。
食べたくても食べれない、作りたくても作れない。
名古屋が誇るチープ・グルメの王様。
そんな名古屋の名物が、こちらっ。

そりは「スガキヤのラーメン」♪

故川島なお美の血がワインで出来ているのであれば、、、
極妻の血は「スガキヤのスープ」で出来てるわいっ。
ぷひんっ!

そのスガキヤ・ラーメン。
なんと、来年頭に東京にも進出するそう。
幼なじみが立派になっていくようで嬉しい気持ち半分。
なぜか、自分が一番最初に目をつけた売れてない新人アイドルが、いつのまにか「うたばん」なんかに出ちゃう程メジャーになってしまった悲しい気持ちも半分なり〜。
ぷすん。

なにげにスガキヤのサイトに遊びに行った極妻。
発見したのは、なんとも驚きの中部関西地区の展開!
石川、福井、岐阜、京都、滋賀、兵庫、大阪、奈良、三重、静岡、奈良。
もう、名古屋だけの味ではないのねぇぇぇぇぇ〜(涙)。

知らない人の為に、「スガキヤ」ひとくち解説。
名古屋で生まれた、豚骨ベースのくどさがないのにコクがあるスープ。
全部飲み干しても、またお代わりしたくなるうまさ。
とろける美味しさの自家製焼豚。
麺は少し縮れた中細面。

手の込んだ味なのに、なぜかチープさが漂う、地元の味。
その秘密は、価格♪
メンマと焼豚入りの基本のラーメン、290円なり〜。
極妻のお気に入りの焼豚5枚入りの肉入りラーメン、350円なり〜。
やすっ。

実家に帰る際の密かな楽しみ「スガキヤ」

と、驚きの新事実!
東京にあるアメリカのB級グルメのシナモンロール店「シナボン」
その「シナボン」を招聘したのが、なんと「スガキコ」
こりまたびっくり。
やるな〜、スガキヤ。

そんな侮れないスガキヤ。
なんともっとべっくりな発見あり!

極妻の実家近くのパチンコ屋隣の扶桑ゼント店。
前回の帰国時、通りがかっただけで、寄らなかったことを後悔の巻。

このお店のみのメニューが、こちらっ。
赤ラーメン550円、白ラーメン500円、暁ラーメン550円、
普通のスガキヤより、200円も高いしーっ。

こりだけぢゃあ、ない。
カツカレー550円、ビールに、チャーシュー丼300円、角煮300円、唐揚げ300円、揚げ餃子250円なんてのまで♪
なんだそりっ!
コリはもう、行かないと♪

ハワイ在住の従姉妹との帰国が運良く重なった場合。
次回の飲み会の〆はここに決定っ。
ぷひーっ。

PS スガキヤがお近くになくて、ぜひともこの「チープなB級グルメの王様」を試してみたい、そこのあなたっ。 
名古屋のスーパー「アピタ」の「eーショップ」にて、インスタント版のスガキヤが購入出来まっせ〜♪
定番「とんこつ」だけでなく、隠れた人気の「醤油ラーメン」と、「とんこつ」と人気を二分する「味噌煮込み」もお忘れなく〜♪
親切な極妻より〜。
ぷすす〜。

あ〜、スガキヤ食いて〜〜〜っ。
[PR]