<   2004年 10月 ( 73 )   > この月の画像一覧

もう、すっかり見とれてしまった、、、。
寒さも忘れて、ただただ見つめてしまった。

カメラで写真を撮りまくり。
取り憑かれたように撮りまくり。
どこでどう構えても、完璧に絵になる。

そんなエメラルド・ベイ。
レイク・タホの端に位置する入り江のような形をした部分。

エメラルド、とはよくいったもんで。
まさに、エメラルド色のブルー&グリーン・カラーに輝く湖。

透明度の高くて有名な湖でもある。
透き通るくらいきれいな理由は、タホの澄み切った空のせい。

レイク・タホのお水はそのまま飲めちゃうほどのきれいな水。
すべて、積雪が自然に解けて流れ落ちた、雪解け水。
このままボトル詰めして、日本で高く売ってガバッと儲けたくなる旨さ(笑)。

湖の真ん中にぽっかり浮かんだ孤島。
沖縄の孤島でのドクター・コトーもいいけど、こっちも悪くないかな?なんて思ったりして。
ぷす。

そんなエメラルド・ベイに浮かぶ孤島の写真がこちらっ。

b0050879_1352137.jpg
って、この孤島、小さすぎて人、住んでないし(笑)。
[PR]
先週降った初雪にもかかわらずのドカ雪のおかげで、、、
北カリフォルニアのタホのスキー場のうち、既にいくつかがオープン。

ってことで、シーズン・パス(チケット)も購入済みの、我が家ご用達のヘブンリーへも、早速のゲレンデ・チェック!

お家からドライブで7分ちょっと。
でも、この7分ちょっとで、標高差が1200フィートも違ってくる。
*1フィート=30cm
つまり、上に着く頃には気温が10度くらいドロップしちゃうってワケ。
ぷるぷるっ。

お家では真っ青なピーカン晴れ。
でも、頂上では猛吹雪、なんてことも多々あったりするのだ。
冬になると毎晩近くある降雪。
お家の辺は降ってなくても、頂上辺りでは1mくらいの積雪とか。
7分の距離なのに、それくらいあったりする、差。

オープン予定は来月11月の19日。
なので、本日はもちろんお休みなり〜。
でも、既にゲレンデのベースにはかなりの積雪みっけ!

で、こちらが本日のヘブンリー、ベース付近の写真。
b0050879_1339343.jpg

いい感じ〜♪
[PR]
アメリカは明日がハロウィーン

そんなわけで、今週はアメリカの家族や友人から、ざっくざく届いているのがグリーティング・カード。

少し前までは、お店で選んだ紙のカードに手書きでメッセージってのが当たり前だった、、、。
今、やっぱり主流はインターネットのカード

ってなわけで、私に届いてるカードの大半もネットの動画のカードだったりする。
でも、こりはこりで、面白くて大好きなんですけどねん♪

で、こちらが私が今年、家族や友人に送ったネットのカード。
ハロウィーンのカード

おいおい、おまいもネットのカードじゃんかよっ!なーんてヤボなツッコミは置いといて、さくっと開いておくんなますぃ〜(笑)。

アメリカの子供たちが、どんな感じでトリック・オア・トリートしてるか、さくっとアニメで見物できまっす〜。

ちなみに、ドアが開いた瞬間に子供たちが口にする台詞は、こちらっ。

♪TRICK OR TREAT(お菓子くれんのか、いたずらさりたいか、どっちだべ?)
SMELL MY FEET(うりうりっ、足のにほひ嗅いでみそ)
♪GIMME SOMETHING GOOD TO EAT!(なんか食うもん、くりくりーっ!)

やっぱ命がけ
ぷす。

*超意訳の為、よそで恥じかいても知らんぜよ〜♪
[PR]
ってなわけで、今、北カリフォルニアのタホに滞在中。

先週降った初雪で、どこも一面雪景色。
こりが、SF郊外の我が家から車で3時間ってなわけでして。
つまり、、、東京から信州行くようなもんか?
ぷす。

タホの山の上には1m以上の積雪。
場所によっては、すでにオープンしちゃってるスキー場もありだ。
カークウッドシエラ・タホは先週から営業中。
うひょ〜〜〜っ!

各スキー場のコンディッションは、、、
昼間の温度が15度以上と高いため、スキーヤーにとっては、ちびっとぐさぐさ。
でも、スノーボーダーにとっては、全然オッケー。
ってことで、どっちもスノボする若者で賑わう今週末のスキー場。
ぷひーっ。

明日はハロウィーン。
って、こんな雪深い山奥のタホ。
どうやってお菓子をねだるっつーんだ?
雪の中、命がけだよハロウィーン(一句)。
ぷす。
[PR]
今日の午後、タホに到着♪

金曜日の午後だったせいか、特に高速の渋滞もなく。
ただ、あちこちでスピード違反の検問みっけ!

ハロウィーンのある今週末。
かなりの人出が予想されるハロウィーンの夜。
その大半、お菓子に夢中で道路に飛び出しそうな子供たち!
そりゃ危ない、ってなわけで、ポリスが超きびすぃ〜く、普段は見逃してくれそうなちょっとのオーバーさえも厳しくチケット切りまくりの今週末ってわけ。

で、タホにとうちゃーく!

既に裏庭には、30cmの積雪♪
3時間ドライブの後、到着して早々、ご主人様には雪かきの仕事が待っていたのだ。
働き者のアリさん状態。
ぷす。

裏庭で、ちべたそうに片足あげつつ、よろよろしながら用を足す犬っころ達。
下の犬っころ、雪食べてるすぃ〜。

と、私も小腹がすいてきて。
なんかないなかぁ〜、って、パントリー(食料倉庫)を開けて、べっくり。

なぜだか知らないが、知らぬ間に、びりびりっと開封されてる山本山の海苔の袋。
しかも、指で一部分をごそっと千切って食った形跡、、、。
うちのご主人様は、海苔なんて全く興味ないし。
私の食べ物にちょっとでも触ろうもんなら、がうがうっと私に怒鳴られるのを知ってるだけに、手を出すはずも、ない。
、、、(汗)。
いったい、だりが?

タホの別荘に出入りする人は限られている。

一人は、裏庭に通じるパティオドアをお願いした大工さん。
白人の50代のおぢさんがすることじゃー、ないし。

もう一人は、留守の間、毎月掃除に来てくれるハウスキーパーさん。
彼女も白人で40代の大人だすぃ〜。
たまに、10歳くらいの息子を掃除先に連れてくると言ってたけど、、、。
まさか、ねえ?

うちにはセキュリティーが入ってるし、鍵をこじ開けても、パスコードやパスワードが必要となってるすぃ〜。
絶対こっそり侵入不可能。
それに、泥棒さんなら、海苔の味見だけでは済むまい(笑)。

不可解な海苔事件を葬り去ろうとした途端。
ご主人様の叫び声。
ああ、どぎー。

注文して作ってもらった、結構高かった新品の椅子、肘掛けがぶっこわれてるすぃ〜。
木の木目ってやつの部分で、さくっと割れてる、、、(涙)。
幸い、電話して作り直してくれる事になったけど。
また椅子を車に詰め込んでドライブってのが、、、はぁ。

椅子の肘掛け部分に触らないように、そっと座って気を取り直し。
はーぶちーを飲んで、ほっと一息ついて、道中撮ってきたハロウィーン装飾のお家やタホの雪の写真をアップしようとした途端。
ああ、どぎー。

iBookに入れておいた、iPhotoが開かないすぃ〜。
入ってた1500枚のしゃしんがあぁぁぁx〜!
さくっと消えてるざーんすっ!

ご主人様に見てもらえど、存在はするものの名前だけで一向に表示されない写真たち。
ぷすん。
どやったら、戻ってきてくれるのかい、おまいしゃんっ。
まだCDに焼いてないお宝映像もいっぱいあったのにぃ〜〜〜(涙)。

そげなわけで、とっても不可解な今日のタホ。
写真のアップはiPhotoが復旧次第ってことで。
ぷひ〜。

もうこれ以上、摩訶不思議なことが起きませんように、、、。
インディアン・ストアで買った魔よけのお香を焚きながら、、、さらばじゃっ!
[PR]
オーストラリア発信のキュートなブランドUGG。
大人気なのは、パステルカラーのきっちゅなムートン生地のバッグ。

ムートンは今年の流行アイテムのひとつだすぃ〜。
早速ブーツは購入したんだけど、迷っているのがバッグ。

やっぱり、セレブご用達で火がついた人気爆発ちゅーのUGG?
でも、オルセン姉妹やブリトニーっていった、がきんちょセレブ愛用ブランドとなると、ちびっと迷うところ。

今朝、アメリカの高級デパート「ニーマン・マーカス」から買い物情報のメルマガが到着。
その中でもジューシーと並んで、やっぱりフィーチャーされてたのが、UGG。
もう、こりは買うっきゃないっ??

てなわけで、どりにしようか迷ってたら。
なんともキュートなちびたバッグを発見。
くーっ。

これ、即買い決定!
しかも値段も超キュート。
ぷす。
そんなバッグの写真は、こちらっ

くーっ、でしょ??
[PR]
日本だけでなく、アメリカでも盛り上がっているシルク・ド・ソレイユ。

相変わらず旬が過ぎようともモー娘。系アイドルに頼ってのパブリシティ展開中の日本(笑)♪
Excite ニュース

アメリカでは、サンフランシスコ・ジャイアンツのホーム・ベースの駐車場に張ったテントがステージとなる。

大小いくつかのテントが張られ、一番大きなテントがステージ用。
ほかの小さなテントでは、ポップコーンやドリンクなんかのショップ展開。
なんともまあ、気分はサーカス♪

サンフランシスコには、去年末のシーズン・オフに「アレグリア」の上映。
2か月ちょっとの短めだけど、昼夜の二回公演。

サンフランシスコの公演。
席は二種類で、一般席とVIP席。
VIP席は125ドルくらいと、一般席の3、4倍の値段。

でも、払った以上の魅力あり!
で、こちらがVIP席のパッケージの内容♪

まずは、テントちかくの優先駐車場付き(一般は20ドル)。
こり、車社会の地方公演では、かなりのラッキー感♪

続いて、ショーの前のVIPラウンジでのパーティ。

入り口でショーのオリジナル・パンフレットを手渡されて奥へ進むと、、、。
そこはもう夢の世界。

シャンパンやワインやドリンク飲み放題のサービス。
カナッペやサンドイッチなどフィンガー・フードのてんこもりサービス。

しかもこのラウンジ。
シルク・ド・ソレイユのオリジナル・グッズのブティック付きで、混雑もなく先にできちゃうお買い物。

そりだけぢゃない!
とっておきは、その日ステージに出るアーティストらのパフォーマンス。
こり、VIPラウンジのみ。
数人がコスチューム着用で、客の間を回り、歓談や写真撮影に笑顔で参加。
くーっ。

ショーはステージのど真ん中の最前列をキープ。
ショーのインターバルには、またラウンジに戻り、専用のバスルームで混雑もなしの快適さ。

ラウンジに次々とやってくるアーティスト達。
両手に抱えるデザートのおぼん。
昔、サーカス小屋で子供たちに配っていたような感じそのもの。
いい感じ〜。

ドリンクと今度はケーキにアイスにチョコといったデザートのサービス♪
このチョコがまたアメリカのまずいものとは違い、激旨!
さすがおフランスの血が流れてるざーますわよん、ってな極上品。

そしてショーの後半へと続き。
ショーが終わると、またラウンジへ。
最後のVIPサービスは、CDアルバムの配布。
もちろん、これ全部パッケージに含まれているから、無料。
くーっ。

夢心地の気分のまま、余韻を楽しみつつのご帰宅、となるわけ。

アメリカのべガスの華々しい公演も素敵だけど、、、。
こんな地方のテントの公演の方がもっと思い出に残るはず。
ぜひぜひ、機会があったら見てほしい。
そんなシルク・ド・ソレイユのテント公演。
[PR]
アメリカの在住者の間でも、話題に上った世界のウタダ「アメリカ進出」の話題。
でも、悲しいかな、在住者=ニッポンジンの間だけでしか話題にのぼらずのまま、早くもアメリカでは終了の見方が出ておりまっす〜。
Excite ニュース

アメリカでの「世界のウタダ」に関するレポートは、こちらっ
ああ、どぎー。
お先真っ暗状態だすぃ〜〜〜(汗)。
[PR]
くーっ。
なんて可愛い、シロクマくんのハロウィーン♪
Excite ニュース
でも、実際のシロクマくん、、、。
野生動物をなめんなよっ、ってなバリバリの食欲と凶暴性も持ち合わせてるんだろうな。
恐っ。

ハロウィーンの本場、アメリカ。
楽しげな本場のハロウィーン写真は、こちらっ
時差のため、明後日がハロウィーン。
日曜日だけに町にはたくさんの仮装行列が期待できそう!
[PR]
アメリカ本土と違って、ハロウィーンに少し気合いの入れ方が少ないハワイ。
やっぱし、暑いから、なんでせうか?
そういやあ毎年、クリスマスも全然ぴ〜んと来なかったもんなぁ〜〜〜。

ってなわけで、ハワイのハロウィーン。
人通りがやたら滅多に多いのは、カラカウア通り。

でも、7割以上が観光客の冷やかし。
残り3割弱のうち、気合いが入った仮装してるのは1割くらいって所かしらん。

名物のゴールドカラーのポリスマンに会うのも、良し。
「ひとり 最後の晩餐」してるお兄さんのテーブルを眺めるも、良し(笑)。
b0050879_11501530.jpg

車とかタクシーでの移動が面倒でない人へのオススメが、こちらっ。
アロハ・タワーMPとレストラン・ロウ。

まずは、アロハ・タワー。
こっちは観光客半分、ミリタリーのお兄さんや、ロックやライブ好きの若者で賑わうハロウィーンの夜。

夕方からオープンする飲食店では、気合い入れて仮装し働く店員さんたち。
楽しげな雰囲気につられ、こっちの気分も盛り上がりまくり!

ドラキュラにフラダンサーにスパイダーマン。
インディアンにゴジラにスモウレスラー。
今年は先日亡くなったクリストファー・リーブを偲び、スパイダーマンってのも人気だそうで。

各レストランやバーでは仮装大賞もあるし、観光客の参加もOK。
応募資格も、仮装してればいいだけって簡単だすぃ!
もう、出るっきゃない!

レストラン・ロウも負けてはいない。
こっちはどちらかというとロコのおしゃれな人が大半を占めている客層。
真ん中のロウ・バーでなにげに休憩してるモンスター達(笑)。

夜10時を過ぎたら、行くべし!なのはクラブ「Ocean Club」
もー、すんごい熱気。
コスチュームと人の熱気で、みんな汗だっくだくで踊り狂う人がいっぱいのダンスフロア。
それを眺めつつのお酒がこりまた楽しくて、まいう〜。

せっかくハロウィーンにアメリカに来てるなら、ぜひぜひ参加してちょ。
ただし、初心者にはサンフランシスコのカストロ地区はオススメできませぬ。
*カストロ地区、、、ゲイのメッカで、こんなきれいなおねいさんらが練り歩いておりまするっ。
b0050879_11504584.jpg

ぷひーっ。
*真ん中の親子連れは、ストレートなニッポンジンっす(念の為)。
[PR]