ヘルニアのブロック注射(麻酔&ステロイド)の副作用♪

ってなわけで。
昨年の夏にビリー隊長のせいで、慢性の腰痛から酷いヘルニアになり、
同年11月にアメリカの整形外科で打ってもらったのが、ブロック注射。
それまでの詳しい経緯なんかについては、こちらっ

日本では、エピとかエピドラとも呼ばれる、このエピデュラル注射。
ネットでググっても、余り副作用について書かれていなかったので、
ごくちまの体験談が参考になればと思って、今日は「その後」について。

まず、このブロック注射に入っているのが、麻酔薬と大量のステロイド。
どうして、麻酔薬とステロイドが入っているかというと。。。

痛いからと運動せずにいると、筋肉が緊張したり、血流の流れが悪くなり、
疼痛物質が溜まり、余計に痛くなるという、悪循環に陥っちゃうので、
まず麻酔を打つ事により、交感神経の緊張を解し、血流の流れが良くなり、
溜まった疼痛物質も流れ、筋肉や緊張も解れてリラックスすると同時に、
消炎剤であるステロイドが炎症を抑えるという仕組みなんだそう。

アトピー治療にも使われる副腎皮質ステロイド剤は、超強力な消炎剤。
アメリカのお医者しゃんやアメリカ人のおともらちらに依ると、
大した事ないし、副作用も少ないよ、とのことだったけれども。。。
ごくちまは、いつも大抵のアメリカの薬の副作用が出ちゃったりして、
旦那しゃんにも「まるで薬の副作用の見本市だね」と言われた程。

で、気になるステロイドの副作用をネットでググってみると。。。
ステロイドの長期服用、もしくは大量服用した場合の副作用には、
身体のむくみ、生理不順に、免疫力の低下、高血圧、骨粗しょう症
脂肪の異常沈着による急激な腹部や腰回りの脂肪の増加などなど。
ああ、どぎーっ。

ってな感じで。
いやーな予感てんこ盛りに感じながら、注射を受けて数日後。
予定よりも一週間遅れてやってきたのが、その月の生理。
今までは、きっちり28日周期で来ていたのが、一週間の遅れ。
でも、まあ、これぐらいで済んだなら、よしって感じ♪

と思いきやっ。
その遅れてやって来た生理が終ったのが、きっちり4週間後。
そう、5日間でも、一週間でもなく、4週間まるっと生理続行っ。
すぐにフラダンスまにになり、鉄分のサプリメントを摂取スタート。
そんな長い生理も昨年末には終了し、これで楽しいお正月が迎えられる♪

と思いきやっ。
一週間のブレイクの後、またまた始まったのが、翌月分の生理。
ああ、どぎーっ。

ってな感じで。
生理不順に嘆きつつ、注射の後の再診に病院を訪れた際のこと。。。
待合室で一緒になったのが、60代くらいのアメリカ人のおばしゃん。
痛かったですよねー、なんて感じで腰痛&注射話に花を咲かせつつ、
ふと生理不順の話を振ってみたら、おばしゃん@激しく乗って来たーっ。

なんと、この60代のおばしゃん。。。
腰痛で注射を受けたのが、既に閉経後2年経過していた52歳の時。
ところが、注射の後すぐに生理らしきモノが始まり、びっくり仰天。
慌てて掛り付けのお医者しゃんに相談すると、お医者しゃんも超びっくり。

その後、腰痛の痛みが戻って来たので、半年毎に注射を受けたらしく、
その間の2年間は、おばしゃん@ずーっと生理があったんだそう。。。
恐るべしっ、ステロイドっ。

年が明けて、やっと注射後2度目の生理が普通に終ってほっとしていたら。
突然始まったのが、右側の腰痛と脇腹の激痛。

最初は、腰痛の様な感じだったのが、刺された様な痛みになったり、
皮膚が超敏感になり、火傷の様な痛みになったり、打撲の様だったり。
余りの痛さに、ヒートパッチ(温湿布)をしてみても、全く効果なし。

もしやして、麻酔とステロイドの効果が終ってしまったのか?
もしくは、ステロイドのせいで、腎臓をやられてしまったのか?

と、4日目の朝、痛みが少し和らいだ感じになり、ほっとしつつも、
ふと気になって腰や脇腹を触ってみると、脇腹に妙なブツブツを発見。

もしやと思い、ネットで確認した後、休日だったのですぐに電話予約し、
さくっと車を飛ばして行って来たのが、救急病院。。。

ごくちまの勘は大当たりで、診断された病名は、帯状疱疹。
雅子様がストレスからなった病気として世間では有名なモノ。
ごくちまの場合は、見事ステロイドで免疫力が落ちちゃった結果、
ちびたの頃に患った水痘(水疱瘡)が、復活しちゃったという訳。

ちなみに帯状疱疹は、そんな感じで弱っている時に出て来たりして、
元々、神経部分に潜んで出待をし、登場する際も神経部分を襲撃するそう。
最初の数日間は酷い痛みが特徴で、続いてニキビみたいなブツブツが現れ、
それが痛かったり痒かったりで、放っておくと、慢性の痛みになるそう。

ごくちまの場合はすぐに気付き、病院で一週間の抗生物質を貰い、
きっちり飲んで叩いたので、1ヶ月後の今は、殆ど痛みも痒みもなく、
ブツブツの痕も、うっすら残っている程度で、ほぼ消えそうな感じ。
おかしいと思ったら、さくっと病院へ行く事をオススメの巻♪

ちなみに、ごくちまが貰った薬は、FAMVIAという薬のジェネリック。
と、こりがまた、ごくちま@薬の副作用の見本市と呼ばれるだけあって、
飲み始めてからの2日半、それはもう激しい頭痛に襲われまくり、
身体もむくみ、眼球が飛び出す感じで、辛かったこと。
ぷぎー。

ってな感じで。
おっとろしーって感じのステロイド。。。
生理不順に免疫力の低下と帯状疱疹だけかと思ったら、大間違いまにっ。
哀しい事に、脂肪の異常沈着まで起こってしまったらしく、、、
注射前と注射後の食生活&運動量は、全く同じだというのに、
さくさくーっと、ごくちまの腰回りのみ限定で、脂肪増加まにっ。
やっと、ちびっとずつ減り始めたけど、どうせ来るなら、お胸に来いっ。
ぷぎぷぎーーーっ。

本日のおまけ♪
ごくちまのそんな「ぷぎぷぎ感」を表してるビデオは、こちらっ
ぷぎー。
[PR]