Cirque du Soleil「Kooza」@サンフランシスコ公演♪

ってなわけで。

数年前から、ほぼ毎年恒例となったシルク・ド・ソレイユのSF公演。
前回のコルテオのレポートは、こちらっ

2007年度は、11月17日から1月20日まで「Kooza」を好演ちうーっ。
早速、旦那しゃんと一緒に観に行った、クーザのレポートの始まり始まりぃ。

b0050879_3251694.gifSFジャイアンツのホームベースの、
駐車場に見えてくるのが、テント♪
見た途端、胸わくわく&どきどき。
くーーーっ。

と、今回も、前回&前々回に引き続き、タパス・ルージュを購入。
タパス・ルージュとは、公演前とインターミッションにVIPテント内で、
シャンパンやカクテルに数々のやむやむをカウチに座って楽しめたり、
VIP専用トイレや、同じく専用のテント側の駐車場がついてるチケット。
もりなく、座席も最前列からの一番手前のぶろーーーっく♪
くーーーっ。

さくさくーっと、VIP専用駐車場に車を停めて。
わくわくしながら、タパス・ルージュのテントに入って行くと。。。

b0050879_3265399.jpg天井からぶら下がるファブリックに、
照明やクーザの映像が映り込み、
なんともいえない妖しい美しさに。

b0050879_59244.jpgお出迎えのスタッフも、こんな感じで、
いつもより長〜く逆立ちしてま〜す。
くすす。

b0050879_5101573.jpg今回のバーは、BONBAYの協賛。
シャンパン、白&赤ワインに、
ジンを使ったカクテル数種♪
タパス・ルージュの入口でも、
バニー姿の金髪おねいしゃんらが、
カクテルを手渡してくりまーっす。

b0050879_513518.jpgやむやむオードブルてんこ盛りぃ♪
アートな感じのデコレーション・テーブル。
カナッペなんかのフィンガー・フードが、
あっという間に群がる人々に食べ尽くされては、
奥から新しいやむやむを載せたトレイが運ばれ、
テーブルに置く前に、あちこちから手が伸びて、
あっという間になくなり、すぐに奥へと引返し、
また奥から新しいやむやむが。。。
ってな感じで、引っ切りなしに運び込まれまくり。

b0050879_5175899.jpgドライトマト&チーズ♪

b0050879_5181199.jpgチキンのクリーム系の和えモノ♪
揚げたクラストの裏に海苔が。
ちびっと、びみょ〜な風味。

b0050879_5183153.jpg一番人気だった、焼き鳥っ♪

b0050879_518449.jpgベトナム風のナマス・サンド?
食べてないので、想像ちうっ。

b0050879_519411.jpg大変だわっ、やむやむが足りないわっ!!
ってな感じで、奥へと急ぐ、スタッフ♪
>うそっ、ただのデコレーションまにっ。
くすす。

ってな感じで。
一時間ほど、楽しく美味しくやむやむを楽しんだ後は。。。
お腹も膨れ、アルコールでホロ酔い気分のまま、メイン会場の中へ。

今回のKoozaのちびた映像は、こちらっ
ごくちまの大好きなクラウン(ピエロ)達が主人公。
一昨年の公演でもクラウンを演じていた、サインフェルドでお馴染みの、
クレイマーに良く似た芸風のクラウンが、キング役♪
くーーーっ。

ネタ・バレになると困るので、余り書きたくないんだけど。。。

オープニング前に、お供のクラウン二人を引き連れ、ぷちコントをしたり、
客席を練り歩いては、お客しゃんのポップコーンを盗んだと思ったら、
他の人にそれをぶちまけたりと、相変わらずのハチャメチャぶり。

今回は、ステージ上にバンド&ボーカルのステージが特設されていて、
より一層の臨場感でもって、音楽と唄とパフォーマンスが楽しめる仕組み。

今回は、アレグリアみたいな、いまいち分りにくいストーリーや、
パフォーマンスは一切なしの、単純明快な楽しいショー♪

ジャグラーあり、ジャンプあり、一輪車あり、ハシゴやブランコ芸あり、
大車輪に、シーソー・ジャンプに、中国雑技団顔負けの少女芸ありで。

その中から、特にごくちまがシビれたのは、柔らか少女達の芸。
キレイなメイクと衣装で着飾った少女3人の、身体の柔らかいこと。

同じくシビれたのは、大きな八の字の車輪をぐるぐると動かして、
その車輪の外や中を走ったり、バク転しながら、駆け回る芸。

他にも、一輪車しながら、おねいしゃんを抱えてのパフォーマンスや、
器械体操を思わせる、シーソーを使った見事なジャンプの数々に、
ナイナイの岡村を彷彿とさせる、ちびたジャグラー芸などなど。

上のクラウン以外のキャラクターも、なかなかの大ヒット。
主役の凧が上手にあげられない不器用でビビりのイノセントに、
ステージの下にいる、メカニック担当の一見水兵ちっくなキャラや、
ステージ正面の席のお客しゃん@要注意のバッド・ドッグなどなど。

バッド・ドッグの他にも、客席のお客しゃんらをステージに上げて、
一緒にパフォーマンスしたりと、一体化して盛り上がった2時間半。
くーーーっ。

と、とちう、インターミッションが入り、向ったのは、こちらっ。

b0050879_52010100.jpgインターミッション=デザート・タイム♪
皆の興奮覚めやらず状態のまま、
より一層の盛り上がりへ。。。

b0050879_5215873.jpgデザートてんこ盛りのVIPテント♪

b0050879_5221498.jpgと、前回よりも更にグレード・ダウン。
今回は、アイスクリームもなしっ。
がくーん。

ってな感じで。
デザートは、いまいちだったけど、ショー自体が最高だった、クーザ♪

と、今回は、とある日曜日の午後1時&4時の二部の1時の部ってことで。
帰る際に早く出られる様にと、駐車場入口側であるテントの左端に駐車。
こりで、渋滞フリーだとほくそ笑んでいたらばっ。

b0050879_522269.jpgなんと、1時の部の人達が帰る頃には、
4時の部の人達てんこ盛り。
もりなく、入口付近は大渋滞まにっ。
ああ、どぎーっ。

ってなわけで。
本日の教訓;二部ある日の早い部の時は、右端出口方面に駐車の巻。
ぷいぷいっ。

b0050879_5224079.jpg段々と遠くなる、テント。。。
また来るからねーーーーっ。
待っててねーーーっ。

ってな感じで。
帰りの車内では、旦那しゃんとショーの話で盛り上がりまくり。
あっという間に、さくさくーっと、お家に到着まにっ。
ホクとラニを呼び集め、お土産代わりにと披露したモノは、こちらっ。

b0050879_5225375.jpgタパス・ルージュのおみやっ。
パンフレットに、特製ミントに、
シルクドソレイユのベストCD♪
くーーーっ。

ってなわけで。
シルク・ド・ソレイユのファンなら、今回のクーザは逃すべからずっ。
もう一回観に行こうかな〜〜〜。
ぷいぷいっ。
[PR]