イタリアのブランド・アウトレット情報♪

ってなわけで。

ご存知の通り、イタリアのお休みは、日曜日(と、店に依っては月曜日も)。
つまり、だんなしゃんのクライアントである、ブランド各社もお休みの巻。

で、ごくちまが提供した某日曜日のプランが、ブランドのアウトレット巡り♪
セール大好き人間のごくちまと違って、プロパー大人買いのだんなしゃん。
最初は乗り気でなかったけれど、怖い奥しゃん孝行として、承諾の巻。
ぷすす。

b0050879_2205090.jpg腹が減っては戦は出来ぬ、ってことで、まずは朝食。
なんとなく久々に、コツコツってしたくて、卵っ。
カリカリのベーコンとソーセージとパンに、
アメリカと同じく紅茶がいまいち故、オレンジジュース。
結構いい感じの所謂高級ホテルだけど、朝食はハズレ。
毎晩、盛大にイタリアン祭り開催中って感じだから、
朝昼ダイエットとして、バランス的には、いい感じ。
くすす。

で、だんなしゃんがフロントに頼み、手配してくれたのが、ハイヤー。
フィレンツェ郊外にあるアウトレットの数々の中から、好きな場所へ行けて、
かつ何時間でも待っててくれる、という、いわば時間制のハイヤー。
メルセデスのハイ・クラスで、1時間に付き、確か25ユーロとかで、
でもって、片道、45分は掛かったような記憶あり。。。

ごくちま@バーゲンハンターとしては、アウトレットに行くんだから、
もっと得する気分を味わう為に、安いツアーなんかで行きたかったけれど。
時間制限あるから、落ちついて見れないよ、と言われて、納得。

ってことで、さくっとハイヤーに乗り込み、向かったのは、こちらっ。

b0050879_23094.jpgどんどんと郊外へ進んで行くと、
果てしなく広がるゴッホ・カラー♪
これだけあれば、描きたくなるよね。
って、あれはフランスの向日葵なりっ。
ぷしっ。

b0050879_2323934.jpg巨大アウトレットのThe Mallに到着。
広々とした高原系の敷地内を見て、
思い出したのは、ナパのアウトレット。
超軽食のカフェが一軒のみっ。
トイレの記憶は、なしっ。
たぶん、カフェやショップにあるはず。
>暑くて蒸発してたらしい。ぷ。


ちなみに、このTHE MALLに入ってるブランドは、こちらっ。
Agnona, Alexander McQueen, Balenciaga, Bottega Veneta, Emanuel Ungaro, Ermenegildo Zegna, Fendi, Giorgio Armani, Gucci, Hogan, I Pinco Pallino, La Perla, Loro Piana, Marni, Salvatore Ferragamo, Sergio Rossi, Stella McCartney, Tod's, Valentino, Yohji Yamamoto, Y-3 e Yves Saint Laurent, Emilio Pucci .

ちなみに、ごくちま特派員のレポートに依ると。。。
*バレンシアガ: 40−75%オフだけど、日本人サイズは殆どなしっ。
*アルマーニ: 上に同じっ。
*マルニ: 上に同じっ。
*ステラ・マッカーシー: 着れそうなスタイルに限って、サイズなしっ。
*アレキサンダー・マクィーン: 上に同じっ。
*ラ・ペルラ: 種類が多く探すのが苦労、又アメリカのセールと大差なしっ。
*プッチ: 2シーズン以上古いプリントとバレバレで買う勇気なしっ。
*フェンディ: 昨シーズン物が殆どで、割安感なしっ。
*フェラガモ: 市内やミラノ店の方が豊富で安かったりっ。
*グッチ: 上に同じっ。
*セルジオ・ロッシ: 外反母趾になりそうな靴しか残っておらずっ。
*アニオナ: 趣味じゃないので、パスいちっ。
*ボッテガ・ベネタ: ババ臭いモノしか残っておらずっ。
*ロロ・ピアーナ: ベイビー・カシミア好きだけど、30度強の暑さで、パスっ。
*ヨージ・ヤマモト: 入る気にもならずっ。
ぷしっ。

ってな感じで、ハイヤー飛ばして、買う気満々だったというのに。
ごくちま、上記ブランド店での収穫は、なんとゼロっ。
ぷぎーーーっ。

と、はなからアウトレットには興味のなかった、だんなしゃん。
ごくちまのお財布兼荷物持ちとして、雇ってあげたはずなのに。。。
立場を忘れて、お目々キラキラで、飛び込んで行ったのが、ゼニヤっ。

普段プロパーで買いまくってたゼニヤが、なんと40ー75%のオフっ。
しかも、男性客が少ないのか、メンズの品数豊富&在庫てんこ盛りぃ。
おまけに、お店も店員も本店と雰囲気変わらずと、そそられまくり。

ここは、セール慣れした、ごくちまスタイリストの出番とばかりにっ、
だんなしゃんのバケーション用の麻やシルクのカラフルなシャツ数枚に、
週末のカジュアル・ディナー用の綿シャツ数枚や、柔らかいチノ他、
さくさくーっと、お買い上げまにっ。

と、スタイリストとしての腕を振るったにも関わらず。。。
やっぱりここのレディースさえも、サイズ切れで何も見つからずで、
だんなしゃんばっかし狡いな、と、落ち込んじゃったのが、ごくちま。

そんなごくちまを宥めるが如く、入ったのが、トッズとホーガン。
ザ・モールの中で、一番の広さと涼しさを誇る、トッズ・グループ。
もしかしたら、一番安くて探し甲斐ある店かも。。。

ちびっと申し訳なく思った、だんなしゃん。
ごくちまの好きそうな靴&バッグを探しに、あれこれチェック。
ぷしっ。

と、ここで、さくっと調子に乗った、ごくちま。
手当たり次第に履いて痛くないドライビング・シューズ他5足、お買い上げ。
ついでに調子ぶっこいて、色違いの同じプチ・バッグを、3つ、お買い上げ。
ごうかーく。

がっ、人間調子に乗ると、とんでもない目にあうもので。。。
この時に買った、靴全て、歩くと痛いという事実が後日発覚し、お蔵入りの巻。
バッグもプチ過ぎて、余り活用せずのまま、箪笥の肥やし寸前の巻。
ああ、どぎーっ。

とりあえず、何か見つかって満足した、ごくちま達が向ったのは、こちらっ。

b0050879_327596.jpgプラダのアウトレット♪
PRADAグループからは、Miu Miu,
Helmut Lang, Prada Sport, Jil Sander
入口の受付で、番号札を貰って、
店内では、商品の番号札を貰い、
最後にレジで、さくっと清算の巻。
免税の手続き(デタックス)も、
清算の時に、お忘れなく。

で、ごくちま特派員の感想はというと。。。
人気の黒や茶のスタンダードなバッグ類は、大半が売り切ればかり。
人気のない赤や紺色なんかだと、形もサイズも、かなり豊富。
>たぶん、定番系に見えるモノは、アウトレット用の商品が大半。

いかにもプラダのナイロン系なら何でもいい、っていう人には、いいかも。
が、ちゃんとした義理土産品を探すには、意外と見つかりにくいかも。
>貰っても嬉しくない系、多しっ。

流行を気にしないのであれば、服も昨年&一昨年シーズン物が豊富。
プラダもプラダ・スポーツも、かなりサイズが豊富で、値段は40−75%オフ。
靴は、プラダもプラダ・スポーツも、2年前のシーズン物だったりで、
かつサイズ切ればかりで、和田アキ子しか履けなさそうなサイズのみ。
ぷしっ。

店内に置ける各ブランド・スペースは、店内の広さを10とすると、
プラダ4:プラダ・スポーツ3:ミュウミュウ1:H.L.1:J.S.1って感じぃ。

ミュウミュウはタイプじゃないし、ヘルムート・ラングもパスいちっ。
ジル・サンダーは30%オフ〜だけど、可愛いドレス、靴にバッグ、発見っ。
ごくちま、さくさくーっとパーティ・バッグとドレス他、お買い上げの巻。
>ちなみに、今も、たまにディナー時なんかに、ご愛用ちう。
*今年は、グループからジル・サンダー売却とかで、今はないかも?

フィレンツェのアウトレットは他に。。。
DOLCE & GABBANA : D&G, Dolce & Gabbana
VICTORIA : Prada, Miu Miu, Helmut Lang, Fendi, Ruffo, Jil Sander, Geox, Versace, Hugo Boss.
なんかもあったり、ローカルなブランドのショップも数多く点在。

ってな感じで。
アウトレット巡りを楽しんだ、ごくちまとだんなしゃんの終点は、こちらっ。

b0050879_3564386.jpgホテルに戻って、かんぱーい♪
だんなしゃんは、キリリと冷えた白ワインで、
ごくちまは、疲れた身体に優しい甘さの、
桃とプロセッコのベリーニで、おちかれさま〜。
下の店より旨い生ハムとメロンで、やむやむっ。

b0050879_402256.jpgホテル内の柱で販売されていた、
大理石の破片で作られた絵画と小物入れ。
大きさ、なんと6×8cmとか超ぷちっ。
ごくちま、特別欲しくはないけれど、
数ミリ・サイズの細かい手仕事に、
イタリア人の美術技師魂を、見たっ。

b0050879_435018.jpg同じく、ホテル内の柱で販売されてた、
カラフルな生地とビーズで作られた、
いかにもイタリアンなプチ・シューズ。
これまた特に欲しくはないけれども、
技師魂てんこ盛りに、ほぉ、っとため息。

ってなわけで。
アウトレット・ショッピングを楽しんだ、ごくちまとだんなしゃん。
たぶんアウトレットでは、合計で3時間くらいは、うろうろしてたはず。
ハイヤーの料金は、チップもあげて、確か200ユーロ弱だったかな。

で、ごくちま、またアウトレットに行きたいか、と聞かれると。。。
うーん、たぶん、余程滞在長くないと、行かないかも知れません。
だって、ミラノ市内ぶちっくの夏のセールの方が断然安く豊富だもん。
ぷいぷいっ。
[PR]