PlayStation3をめぐって暴動ちうのアメリカ。

ってなわけで。

日本の発売から一週間遅れ、クリスマス商戦目前の本日にっ、
アメリカで発売開始となったのが、プレイステーション3♪

なんと、月曜からキャンプして金曜の開店待ちをしたお客てんこ盛りぃ。
でもって、なんとも信じられないというか、アメリカらしいというか。
そんなニュースてんこ盛りとなってしまった模様。

コネチカット州では、プレイステーション3を買う為の小銭欲しさに、
二人のガンマンが銃で脅し、お金を巻き上げようとしたところっ、
断った21歳の男性が胸と肩を打たれて重傷ちう。
幸い、命には別状ないとのことだけど。。。

カリフォルニア州では、開店時間を早めろと暴動寸前となっていた客らを、
警察官数人がスタンガンもどきを使って、大人しくさせたとのこと。
ぷぎーっ。

バージニア州のターゲットでは、収集つかない集団をまとめる為に、
警察官らがペイント・ボールを地面に向けて数発乱射したとのこと。

ケンタッキー州では、ベストバイで開店を待つ数人の客めがけて、
BB銃が撃ち込まれたと話すは、地元TV局のキャスターしゃん。
なんと、客にインタビューちう、同じくBB銃で撃たれてしまったとのこと。

他にも、開店と同時にゲーム売り場に走り急いだ為にっ、
アメリカ各地でもって、数人の人が重軽傷を負っただけぢゃなくっ。


うおぉぉぉぉーーーっ。

こんな感じの余りの暴動てんこ盛り騒ぎに、店側が対応仕切れずで、
一部のウォルマートなどで、一時的に閉鎖した模様っ。
あひーっ。

ちなみに、アメリカの量販店である、ウォルマートやベストバイに、
ターゲットなどの店頭には、月曜日からキャンプする客の姿も。

でもって、こり、手に入れた人全てが、ぢぶんで楽しむ訳ぢゃなくて。
ネット・オークションなんかで、大儲けの人てんこ盛り。

本日のアメリカの実売価格は、およそ$500〜600。
がっ、購入直後の価格は、なんとっ、$1,000〜3,000。
こり、買ってすぐ、お店のパーキングでオークションの巻。ぷ。

しかもっ、ネット・オークションの大手であるeベイではっ、
一瞬だったけど、なんと驚きのっ、$30,3000にまでっ。
*ネットで騒がれた数時間後、なじぇか消滅まにっ。ぷ。

面白かったのが、技術調査会社iSuppli社。
$600のコンソールを開けて、中身をチェックし発表したのが、
こりを作る為のおよその実費が$840も掛かるとの見積もりまにっ。
ほほーっ。

しかも、個人所有の普通のパソコンなんかよりもっ、
プレイステーション3の方が優れており、工学的な傑作とのこと。
ふむふむぅ。

ってなわけで。
数年前にXBoxという間違った選択をしてしまった、ごくちまとだんなしゃん。
やっと重い腰をあげ、プレイステーションに切り替えるつもりの今ってことで、
とりあえず、たらいまっ、アマゾンでウェイティング・リストちう〜。
>たぶん、クリスマス前には手に入る方に、−500XBoxっ。
>超甘いので、マイナスまにっ。
ぷしっ。
[PR]