アメリカの駐車禁止には、気をつけろの巻♪

ってなわけで。

昨日から、ごくちまの住むSFベイエリアのお天気、超快晴っ。
とうとう、ベイエリアも夏本番、ってことで、今日の気温は101度なりっ。
こり、摂氏でいうと、40度近くなりっ。
ぷぎぷぎーっ。

ってことで、今日のごくちま日記は、ちびっと涼しい話題をば。

アメリカの交通取締りは、超厳しくて有名。
駐禁の場所に車を停めようもんならっ、さくっとチェックが入りっ、
例え1分だろうと、違法駐車の罰金ステッカーを、さくっと貼付けられるか。
もしくは、レッカー車で、ばいばーいの巻っ。

しかも、駐禁する場所に依っては、とんでもない罰金刑となり、
ハンディキャップ用の駐車場に停めた場合の$250の罰金や、
バス停に停めた場合の$265という、超高額な罰金まで。
ああ、どぎーっ。

って、高額な罰金で済むならマシなりっ、と思えてしまうのが、
アメリカの道路脇に設置してある「消火栓」の前に停めた場合。
ああ、どぎーっ、くらいぢゃ、済まされない結果は、こちらっ。

b0050879_8402122.jpg
コワッ、コワッ、コワ━━━━━(((( ;゚Д゚))))━━━━━━ッ !!!
[PR]