スターウォーズのNYイベント開催ちうーっ♪

ってなわけで。

99年と02年にも行われた、NYのチャリティー、Stand-A-Thon♪
今年も既に、4月30日から始まっておりまーっす。

スターライト・スターブライト・子供基金の、
NYラインと呼ばれるこのイベント。
スターウォーズと、子供基金との共同募金活動なりぃ。

スタンダソンの名前の通り、立ったまま募金活動に励むチャリティー。
人数と立ち時間に対し、契約スポンサーらが寄付する仕組み。
たくさんの人が、長く並ぶと、より上がっていく寄付金額って訳。

ダースベイダーに、ヨーダに、
ストーム・トゥルーパーら、
コスチュームに身を包んだ、
ファンが集結する先はっ、
NYのZiegfeld Theatre
(ジーグフェルド映画館)。
*NYLineの02年のイベントより

今月19日にこちらで封切りされる、「シスの復讐」
もちろん、初日のプリミア・チケットは、即日完売。
ところが、まだまだ手に入るチャンス、ありまっせー。
とばかりに、盛り上けてるのが、このNYライン。

メンバーとなり、コス・プレに身を包み、募金活動したり、
もしくは、寄付金のみの参加でもって、点数を貯めるとっ、
なんとっ、完売のプリミア・チケットが手に入る!
だけでなくっ、お宝グッズも点数によって貰えてしまうの巻。
くーーーっ。

うしっ、ぢゃ、おりも並ぶじょーっ!と、興奮ちうの、あなた。
こり、簡単じゃないだすから〜。
毎日数時間毎のシフト制で貰えるのは、僅か数ポイント。
こりを、60ポイント貯めると、やっと貰えるチケットってな訳で。

ざっと計算してみても。。。
チケットを得る為の必要最低時間は、毎日12時間×19日。
ぷひーっ。

がっ、チケットの為だけぢゃ、ありましぇーん。
02年のイベントでは、なんとっ、300時間も立ち続けたファンまで!

過去のイベントの成功で、ボランティアとして褒められただけでなく、
ヲタ呼ばわりすら返上、と嬉しい誤算まで♪
ぷすす。

昼間だけでなく、朝晩ずーっと続く、このイベント。
大人も子供も楽しめる、トリビア・クイズに、ビンゴや、
他にも、難病の子供達の為に、楽しいイベントの数々も♪

嬉しいことに、今年はLAにまで飛び火した、このイベント。
スタンダソンで集められた寄付金で、買うのはこちらっ。

「宇宙戦争」で対決挑むっ、
スピルバーグ監督が手にするはっ、
ファン・センターなりぃ♪

任天堂の協力で作られた、
病室専用のゲーム機器。
TVにDVDに、ゲーム・キューブと、
色々楽しめる移動式ゲーム台。
一台、$3,250なりぃ。

この、スターライト・スターブライト子供基金。
小児癌や心臓病に小児喘息や糖尿病などの難病や、
重度の障害や怪我に苦しむ子供達への支援する、団体。

ちなみに、スティーブン・スピルバーグは、同基金の共同創設者。
しかも、名誉会長でも、ござーい♪

これまでにも、このイベントにより、
全米1,000の病院に4,000個のファン・センターを設置。
難病で病院外に出られない子供達に憩いの場を提供の巻。
ごうかーく♪

これまでのNYラインの募金額は、
99年「Episode I: The Phantom Menace」では、$15,000。
02年「Episode II: The Attack of the Clones」では、$18,000。

そして今年は、こりを上回る募金額になるそうで、
なんとっ、会員やスポンサーにトイザらスやレゴ社の協賛に依りっ、
スターウォーズお宝グッズのオークション、開催ちう〜♪
こんなのやっ、こんなのまであるじょーっ。
だれでも参加可能なオークションは、こちらっ

オークションには興味ないけど、募金したいという、あなたっ。
こちらを、くりっく♪
クレジット・カードや、ペイパル他の方法による寄付が可能なりぃ。

「Thank you for your generous support and...
 May the Force be with you...always.」
しゃーっ。
[PR]