今日は、秘書の日♪

ってなわけで。

本日、4月27日は、アメリカでは秘書の日♪
カードに、花束に、クッキーに、チョコレートに。
色んなプレゼントで、秘書しゃんへの感謝の気持ちを表す日。
って、日本と同じく、なんとも商業的な日だすのぉ。
ぷしっ。

で、一昨日の極妻。
プリ・秘書デーとばかり、ケーキ作製に取りかかりの巻。

冷蔵庫に常備してある、バターに、ミルクに、卵に。。。
キッチンを見回すと、黒くなったバナナ6本、はっけーん♪
うーん、アメリカで定番人気のバナナ・ブレッドに決定なりーっ。

まずは、お砂糖とバターを合わせて、ミキサーに入れて。
卵に、バニラに、と、、、
さっ、サワー・クリームがないじょーーーっ!

焦った極妻、冷蔵庫の中、きょーろきょろ。
おっ、クリーム・チーズ、はっけーん♪
ってなわけで。
色目が似てるので、クリーム・チーズで代用の巻。
ぷしっ。

チーズでぼやけた味を引き立たせる為、
生地の間に入れたのは、シナモンと胡桃とブラウン・シュガー。
果たして、吉と出るか、凶と出るかっ。

と、意外や意外っ。
サワー・クリームと同効果で、しっとりケーキの出来上がりぃ♪
もちろん分量多めの、ローフ型4本分なりぃ。
ごうかーく♪

で、昨日の朝、忘れずに会社に持参した、だんなしゃん。
お昼前には、味見した秘書しゃんより、お礼のメール到着。
「しっとりして、スパイス効いて、やむやむだったじょーっ。」
ほっ。

ほっとしたのも束の間。
昨日の午後からは、パイ生地の作製開始なりーーーっ。

こり、バターを練り込む、本格パイ生地。
そこらじゅう粉だらけにして、混ぜて、寝かせた後、
折り返して、伸ばして、折り返して、伸ばして。。。
そりを繰り返すこと、十数回。
極妻の腕、テニスより、ちかれまくりなりーっ。

出来上がったパイ生地を横目に、しばし中身を考る、極妻。
バナナ・クリーム・パイは、移動が大変だし、
アップル・パイは、しょっちゅう作ってるし、
パンプキン・パイも、つまんないしのぉ。

で、今回、初挑戦となったのが、ピーカン・チョコレート・パイ。
こり、アメリカ人には人気だけど、日本人には激甘なパイ。
アメリカの甘さ慣れした極妻さえ、一口で降参したモノ。
ってなわけで、レシピなんぞ持ってるわけなく。。。

ネットでレシピ探すこと、20分。
出てくるレシピ、みーんな量も材料も、ばーらばら。
ぷすん。

「アメリカのケーキ、何でもアリーーーっ。
何でもミキサーに入れて、ひたすら混ぜて、さくっと焼く。
こり、アメリカのケーキの基本と醍醐味なりーーーっ。」

と、突然開き直った、極妻。
あとは、閃くがままに、突き進むの巻。
しゃーっ。

卵に、ブラウン・シュガーに、チョコに、コーン・シロップに、
と、ここまでは、ネットのレシピ通り。

で、こっから先は、運試し&力試し♪
モラセスに、コーヒー少々に、シナモンに、
カルーア・リキュールと、小麦粉、追加の巻。
きゃーっ。

パイ型の中にパイ生地を敷き、ナッツを敷き詰め。
上から、どばーっと液体流し込み。。。
350°Fのオーブンで焼くこと、1時間。
出来上がった、ピーカン・チョコ・パイは、こちらっ。

b0050879_9312971.jpgいつもと同じく、
パイも分量多めで、
いっちゃいましたーっ。

見るからに甘そうなっ、
ピーカン・チョコ・パイ、
2皿のかんせーい♪
ぷひーっ。

で、先日手配しておいた、可愛い花束の到着を待って。
だんなしゃん、花束と一緒にパイを秘書しゃんへプレゼントなりぃ。
くーーーっ。

行き当たりばったりで作った、ピーカン・チョコ・パイ。
果たして、お味の方は如何なりぃ〜。
どきどきーっ。

と、秘書しゃんより、大感激のメール、とうちゃーく♪
なんとっ、今までの歴代ケーキの中で「トップ3」に入るとなっ!
なっ、なんだとーっ。

しかも、「また作ってね。」って。
ああ、どぎーっ。
レシピなんてないし、分量も覚えてないじょーーーっ。
どーするー?
しゃーっ。

2日連続で作製してきた、秘書しゃん感謝祭ケーキ・シリーズ。
3日目の本日、トドメとばかりに、こりから作製するのはっ。
ブルーベリー・チーズ・マフィンなりぃ。

こり、実は、なんちゃってブルーベリー・マフィン。
ネットのブルーベリー・マフィンのレシピを基に、
真ん中にクリーム・チーズを、ぎゅぎゅーっと押し込み、
その上からブラウン・シュガーとシナモンを、ぱらぱらーっと。
こりがまた会社の人に、えらい評判だったの巻。

って、ごくちまのレシピって。。。
こんなええかげんなモノばっかりやないかって?
だって、食べるのはアメリカ人なんらむぉーん。
ぷしっ。
[PR]