アメリカでロブスターを食べる♪

ってなわけで。

先日、ロブスターに痛点はないと発表されたばかりのアメリカで。
なんと、ボストン沖で上がったのが、巨大ロブスター、その名もブッダ。
って、すごい名前つけられてるしぃ。

ちなみに、普通のロブスター、1.5パウンド(約1.4Kg)なりぃ。
このブッダと名付けられたロブスター、22パウンド(約10Kg)なりぃ。
しかも、ブッダの体長はおよそ1m♪
ぷひーっ。

かなり遅いと言われる、ロブスターの成長。
食べ頃サイズの1.5パウンドに成長するのに掛かるのは、5−7年。
ってことは、このブッダ、少なくとも50歳以上なんだそう。

ちなみに採った魚屋さんでのロブスターの売値。
普通のサイズ一匹、15ドル前後。
ブッダをそれに換算すると、約350ドル。
ああ、どぎーっ。

って、このブッダ。
いったい、何人で食べきれるのか?
なーんてヤボな推測は、なし。
幸運な事に、水族館へ寄贈されたブッダ。
果たして、環境変わっちゃって長生き出来るのかな??

ちなみに、ハワイのワイキキにある、アラワイ運河。
ここ、楽園の島ハワイらしからぬ、ワイキキの汚点。
汚い下水と汚水で、底には泥や油がたっぷり。
ってことで、想像つかない生物、生息しまくり。

体長30cmもある、川エビの様な生き物。
どうみても、フグの様な生き物。
長い鰻のような、蛇のような生き物。
ああ、どぎーっ。

しかも、ハワイのローカルの人たち。
この生き物、釣って、食べてますから。
ぷひーっ。

と、話は戻って、ロブスター。
極妻も、主人も、友人も、家族も、みーんな大好き。

ある日、アメリカ人の友人宅での食事会に招かれた極妻と主人。
美味しいワインを持参していくと。
そこにはメイン州から取り寄せた、活ロブスター♪
いえーい♪

箱の中には、一匹$35のロブスターがうようよ。
SFのスーパーで買うと、一匹$20弱。
スーパーの活ロブスターと味が変わらない気がするのは、極妻だけ?
ひみちゅ♪

と、中に、一匹息絶えたロブスター、発見!
すかさず、「触っちゃダメだ!」と怒鳴るアメリカ人のご主人。
どうやら、死んだロブスターには毒が回ると信じてるらしい。
毒って、、、フグぢゃあるまいし。
ぷすす。

たぶん、死んだロブスター。
毒ぢゃなくて、不味くなる何かが脳から降りてくるくらい。
きっと、そう。
だって、中華マーケットでは、死んだのいっぱい売ってるもんっ。
ぷす。

ワインとアペタイザーとおしゃべりに花が咲き。
みんなの顔がロブスター色になった頃。
茹で立てロブスターの登場なりぃ♪

と、みんな一斉に無口なロボットに変身っ。
ほじほじ、ぱくぱく、ちゅうちゅう。
同じ動作しか記憶させられてないロボット状態。
甲殻類を食べる時のこりって、どうやら世界共通♪
ぷすすー。

大皿のロブスターがあっという間に半分に減り、、、
と、殻用の皿に投げ捨てられるは、頭の部分。
どうして、捨てちゃうんだすかーっ?
ミソが一番やむやむなのにぃ。

極妻の主人初め、大半の人が「頭はきもい」らしい。
「美味しいのにぃ、もったいないだす!」とミソ食う極妻。

と、「うへー」って目で見られたのは、最初の数秒間。
「こり、食べて。」
「良かったら、どうぞ。」
あっという間に、極妻の皿の上、、、
ロブスターの頭、てんこもりぃ。
ああ、どぎーっ。

友人夫婦宅に招かれたゲスト6人で、合計8人。
中には、中学生くらいの子供達も参加の巻。
実は彼ら、日本人を観るのは初めて。

「じーーーっ。」>極妻を観る、二人。
「ちろっ。」>二人の視線に気づく、極妻。
「さっ。」>観てないふりする、二人。
「じーーーっ。」>しばし、この調子、続く。

ってことで、最初は目を合わせなかった彼ら。
しばらしくて、極妻が英語を話す生き物と理解した途端。
さくさくーっと仲良しになった彼ら。

極妻を相手に、ビリヤード真剣勝負。
って、極妻、おまいらと同じちびっこぢゃないだすよーっ。
しゃーっ。

と、そんなちびっこ達まで兄弟そろって。
「おりのも、やる。」>ややジェントルマン風。
「ほらよっ。」>良い事したと思いこんでる節。
って、ロブスターの頭、寄越しますから。
ああ、どぎーっ。

太ももな大人の分を断るのも嫌らしいわ。
ましてや、ちびっこの気持ちを踏んづけたくはなかった極妻。
8個分の頭、食べましたから。
ぷひーっ。

そいでも、極妻の皿の上に残る、8個の頭。
「うっぷ」>のど元にこみ上げる、8個分のミソ。
いやいやーっ。

しかも、極妻の主人なんて、この件以来。
どんなレストランへ行こうが、どんなメンバーで行こうが。
誰かがロブスターを食べる度に、、、
「いやあ、ボクってラッキーだすよ♪
妻と一緒にロブスター食べると、身の部分、倍になる訳だすから。」
しっこくぅ。

ってなわけで、それ以来。
我が家では、食卓に上がる事がなくなった、ロブスター。>うそ。
ちょっと懐かしくて、書いてみました。
ぷすすっ。
[PR]