バレンタインに届いた、花束♪

ってなわけで。

お花を貰うのが余り嬉しくないという、まにまにしゃん。
彼女のぶろぐで、あつ〜く語っておりまするぅ。
ぷす。

極妻もかって?
いえいえ、極妻は、お花がだーいすき♪

昔、開店祝いのお花さえ。
おばしゃん達に混じって貰ったことがあるほど、好き♪
ぷしっ。

と、名古屋の風習とも呼ばれた、開店祝いのお花争奪。
こりを知らない人の為に、少しだけ説明♪

名古屋に伝わる、変なゲン担ぎとでもいうのかな?
特に飲食店やパチンコ店に賑々しく飾られる大輪の花輪。
ありを、開店直後、むしりまくるのが名古屋のおばしゃん達。
ぷひーっ。

って、泥棒ぢゃんかよーってか?
いえいえ、とんでもない。
こり、名古屋では逆に喜ばしい事だったんだじょ。

一本残らず取られると、「商売繁盛」ってことらしく。
昔は、「持ってけ、泥棒♪」とばかりに、取らせ放題。
店主さんも、にこにこ笑顔にて黙認の巻。

最近では、プラスティックや造花を使用したり。
「盗まない」様、見張りをつけたり。
もう、風物ではなくなってきちゃってるらしいけど。

昔から土いじりが大好きだった、極妻。
今も裏庭で、せっせとガーデニングに精を出す毎日なりぃ。

ワイキキのコンドに住んでいた時でさえ。
ラナイに蘭の鉢植えを育てていた程、だーいすき♪

そんなハワイ時代に覚えた、ハワイの大好きな風習。
お花のレイ♪


ハワイでは花束よりも、レイを貰う方が、かなり一般的。

こり、お誕生日、母の日、卒業式、結婚式などなど。
ありとあらゆる記念日やお祝い事にと、大活躍♪
レイの数が多いと、自慢出来ちゃったりするくらい。

「アロハ・フライデー」と呼ばれる、週末前の金曜日。
アロハ・シャツやムームーを着て、会社に行く多くのローカル。
首にはしっかりと、アクセサリー代わりのレイ♪

そして、極妻が一番好きなのが、お出迎えのレイ♪

こり、ハワイに行ったことある人なら、ご存じのはず。
空港のあちこちで、歓迎されて首にかけられる、レイ。
「アロハ♪」の挨拶と一緒に、そして、ホッペにちゅっ。
くーーーっ。

「あー、帰ってきたんだなー!」
そんなオハナ(家族)の歓迎を受けると、もう、だっくだく。
ぷひーっ。

レイを知らない米本土の友人らを出迎えた際。
極妻が用意したのは、イエロー・ジンジャー・レイ。
再会を祝い、レイをあげてみたものの、、、
さくっと外され、車の中に放置されたままのレイ。
ぷすん。

なんて失礼な男やって?
実はこり、極妻のミス。
好き嫌いが分かれるのが、香りの強いジンジャー・レイ。
他にも花粉が多い花は、アレルギーの人には要注意。

極妻の他に好きなシチュエーションはディナー。
ハワイでのディナーで、ちょっとドレスアップする際。
そっと隠し持っていたレイをプレゼントされちゃったりすると、、、
たまりまへんな〜。
ぷしっ。

そんなディナーの際も、レイ選びには要注意♪
お花の種類によっては、色素が沈着する場合も有り!
せっかくのドレスにシミがついては、ディナーも台無し。

ってなわけで。
また近いうちに、今度は「レイのタブー話」でもあげるとして。
レイの話はここでお終い。

で、アメリカでは、バレンタインだった昨日。
既に、極妻の友人らから、届いていた花束♪
チューリップに、蘭に、バラに、ガーベラしゃん。
極妻の大好きなお花でいっぱい♪

と、「ピンポーン♪」
玄関を開けると、、、大きな花束が到着♪
なんと、NY出張中の主人から。
ぷすす。

と、主人の花束。
かなり豪華なんだけど、ユリの花が、てんこ盛り〜。
って、実は極妻、ユリが苦手の巻。
前に話したのにな〜。
ぷすん。

ネットのフラワー・ショップで注文してくりた、主人。
たぶん、忙しい間を縫っての注文。
きっと、こり、バレンタイン用のページの、一番最初に登場するお花に間違いなし。
とほほ〜。

でも極妻っ。
そんな覚えてない、うっとつけの主人がだーいすき♪
ぷすす。
[PR]