アメリカで一番家賃が高い州♪

ってなわけで。

アメリカの最低賃金$ 5.15。
こりは、1BR(キッチン・ダイニング兼リビング、プラス寝室)の家賃(レント)と水道光熱費を賄えるであろうってことで、97年に計算・設定された最低賃金。

こりが、2BR(上のにプラス、寝室)のレントを賄うためとなると、、、
最低でも平均$15.37の時給!
でないとやっていけないっちゅー、今回のレポート。

ハワイは7番目に高い$17.60の時給
そいでないと、暮らせませんのぉ、だそうで。

こり、収入のうち、3割以上をレントに使ってはダメダメ!
っちゅーか、無理でっせー、という計算からなるものらしいっす。

なんでもハワイ州のなかでは、カウアイ島が最悪だそうで。
中間クラスの家の値段がぶっ飛びの急上昇中の今。
2年前には3BRの家賃$900だったのが、今では$1,500-2,000!

カウアイの一軒家に、3、4家族が同居ってなのも不思議でない光景とか。
一軒家の周りに8-10台の車が駐車している光景。
こり、決してパーティーぢゃなくて。
実は、同居してるゆえのフツーじゃ考えられない光景。
ああ、どぎー。

ちなみにアメリカで、一番安い郡は、こちらっ。
ウェスト・バージニアの$9.31の時給で賄えちゃうレント。
ちょっと恐そな場所だったりしてぇ(汗)。

ちなみに、、、
2BRのレントを払う為に稼がないといけない時給のトップ10は、こちらっ♪
(州、時給)
1. D.C. $22.83
2. Calif. $21.24
3. Mass. $20.93
4. N.J. $20.35
5. Md. $18.25
6. N.Y. $18.18
7. Conn. $17.90
8. Hawaii $17.60
9. Alaska $17.07
10. Nev. $16.92
*Census Bureau & the Department of Housing and Urban Developmentのデータ参照。

おおーっ。
アメリカで一番レントの高い州はサンフランシスコ!だったのねぇ。

SF市内、マリン郡、サン・マテオ群の1BRのレントを賄うための時給、、、
なんと、驚きダントツの、$22.63!
ぷひー。

そりが2BRとなると、$29.60!
うひゃーっ。

こいだけのレント払う為、、、
平均で80時間以上の労働が必要。
もしくは、2個のかけもち仕事が必至。

ハワイでは多いんだよね。
昼間サラリーマンで、夜はウェイトレスやバーテンダーってのも。
楽園に住むのも命がけよのぉ。

今から老後のハワイの為に、せっせと貯金しよーっと。
ぷひぷひっ♪
[PR]