United Breaks Guitars(僕のギターを壊したユナイテッド航空)♪

この「United Breaks Guitars♪」、なんと、とあるバンドの歌のタイトルで、
事の起こりは、昨年春にSons of Maxwellというバンドがツアー中の移動の足に、
ユナイテッド航空を利用した際、機内のカルゴに荷物を積み込む係員らが、
ギターを投げたり乱暴に扱っているのを他の数人の客らと共に窓から目撃し、
目的地に到着してみると、やっぱり特注の$3,500のギターが壊れていたので、
ユナイテッド航空に9ヶ月に渡り弁償をとクレームし続けた所、結果は「No!」

目撃者が数人いたにも関わらず、知らぬ存ぜぬとかわされた挙げ句に、
かなり冷たい扱いを受けた彼らが、最終的にノーと言った担当者に対して、
じゃあ、僕、これを歌にして、皆に聞いて貰うからね!と啖呵を切ったメンバー。
ということで、こうなったら歌を作って抗議するしかないと思いついた彼らが、
作り上げた3曲の内の1曲目のビデオがめでたく完成するや否や、
本当にYoutube他で注目を集め、ブレークし始めているビデオは、こちら♪



なかなかにキャッチーで、歌詞といいキャストといい、上手く出来てること♪
ユナイテッド航空の係員(に扮する女性陣)の態度、見た事あるある〜!
クレームしても無視したり開き直ると、こんな感じの偉そうな態度だったりしますよねー。
いやあ、ぜひとも大ヒットして、CMAなんかで特別賞とって欲しいですねー。

もっと詳しく、ユナイテッド航空との経緯が知りたい方は、こちらで♪
[PR]