スーザン・ボイル優勝ならず。

というわけで、昨夜イギリスで放送されたのが、Britains Got Talentの決勝戦♪

まずは、優勝候補だった、Susan BoyleのI Dreamed A Dream♪



先日、シャヒーン君を褒めちぎった言葉(スーザンの怒りを買った言葉)+αでもって、
スーザンを褒めちぎっているピアース・モーガンが少しだけ胡散臭く感じたけれども、
それを疑うフリして、からかう様な素振りのスーザンが本当に一生懸命な感じで、
ああ、この一週間の間に、かなり酷い目にあったんだろうなあと分ってしまう程に、
スーザンの目付き、ヤバいくらいにナーバスで痛々しくって、観ていられなかったり。

サイモンは、本当のスーザンは優しくてシャイで、少し一杯一杯なだけだったんだよね。
とりあえず色々あったけど、こうして逃げることなく、堂々と歌い切って、よく頑張ったね。
なんて感じで、無難に褒めていたのですが。。。

そして、優勝者までもが驚いた(笑)BGT2009の意外な優勝者発表の様子がこちら♪



自分が優勝しなかった、と分った瞬間、スーザン@ある意味ほっとし緊張が解けて、
やっと笑顔を見せたスーザンと、ピアースのよく頑張ったね、と優しい笑顔と頷きからも、
スーザン@キレやすいというのは、やっぱりメディアのねつ造てんこ盛りだったモヨウ。
スーザンのエレガントでハンブルなコメントを聞いて、納得&内心ほっとしたり。。。

ちなみに、優勝したダンス・グループDiversityは、家族友人らで構成されているそう。
上手だけどぴーんと来ないというか、混乱を避ける為に選ばれた様な気がしないでもなく。
そんな、なんとなーく納得させるにはいい感じ?のDiversityのパフォーマンスは、こちら♪



同じダンス・グループのFlawlessの方が最初は注目度も完成度は高かったけれども、
こうして観ると、素人ながらも、サイモンの言う通り、ちびたからでかたまで揃って、
ちゃんと全員を上手にコラボしている感じが、ほのぼのと可愛いかったりして、
なんだか学校の創作ダンス大会で、家族友人を応援し温かく見守る感じに似てたり(笑)。

2位は、こちらのサキソフォン演奏者のJulian Smith♪



そして、シャヒーン君と同じくらい注目の的だった、ちびっこファイナリストは、こちら♪



よくぞ泣かずに頑張ったね、Hollie Steelちゃん♪

というわけで、多分、一部の嫌がらせのせいで、スーザンの優勝はなかったけれども、
スーザンにまた笑顔が戻って良かった事と、彼女のキャリアと幸せを祈って。。。

もっと沢山ビデオを観てみたい方は、Britains Got TalentのHPで、どうぞ♪
[PR]