まつ毛が伸びる薬「Latisse(ラティッセ)」と怖い副作用♪

整形外科業界によると、今年減ったのが、美容整形や豊胸手術とレーザー脱毛らしく、
逆に安定した需要で、少し増えて来ているのが、ボトックスなんだそう。。。
失業者が面接時に少しでも若く見える様にでは?という業界内の見方だそうですが。

今回ご紹介するのは、ボトックスと同じ会社から賑々しく発売された、Latisse♪
毎日上まぶたのまつ毛の生え際に塗り続けると。。。

4週間後には、こんな感じに。
25%くらい長くなったり、
106%くらい太くなったり、
18%濃くなったりするそう。
ほほーっ。


アメリカのLatisseのHPで詳しくチェックしようと検索していたらば見つけたのが、
既に、日本の代理店?が、アメリカから処方もなしに輸入販売中とのこと。
はやっ。

アメリカの副作用についてはこちらに、
The first step: talk to your doctor(まずは医者に相談して下さい)。
つまり、アメリカのFDAで認可されたとはいえ、医者の処方なしでは買えないモノ。
HPの検索ツールから、登録されている信頼のおける医者を捜し、検査してもらい、
傷や感染がなく、他の薬の影響がないか確かめた上で、処方して貰う様にと指示。

副作用についても、以下の通り。
使用後にすぐ痒くなったり、アレルギー反応が出たりすることや、
目の不快やドライアイに充血などから、塗った部分の皮膚が黒くなる色素沈着など。

ちょっぴり不安になって、更にアメリカのLatisseのHP内にリンクされている、
プロダクト・インフォメーションを開いてみると。。。

*製品成分にアレルギーのある人は使用しないで下さい。
これ、無視すると怖いでしょうね〜。

*眼圧の高い人は、必ず医師に報告すること。
これ、シャレになりませんよね〜。

*まぶたの皮膚の色が黒ずんでくるる場合があります。
パンダ状態になっちゃうんでしょうか??

*ただ、まぶたに限っては、使用中止後に数週間から数ヶ月で元に戻ります。
ほーっ。

*黒目部分の茶色がより濃くなる場合があり、その色素沈着は永久です。
カラー・コンタクトしてまで薄茶色希望の人とか、困るでしょうね〜。

*薬剤を塗った部分に、まつげ以外の体毛が濃くなる場合があります。
まつ毛ぼーん♪
まつ毛以外の体毛ぼーん♪

*使用中に、まつ毛が全て均一に濃くなったり伸びたりする場合だけじゃなく、
*一部だけが、長くなったり、濃くなったり、色がムラになったり、繁ったりします。
*その際は、使用停止すると元に戻ります。
これって、かなりみっともない??

*使用中は4ヶ月程でまつ毛が長くなりますが、使用中止すると元に戻ります。
つまり一度使ったら最後、付けまつ毛と同じく、辞められない止まらない〜♪

*使用中に万が一、感染や視力の低下や結膜炎やまぶたの異常を覚えた場合は、
すぐに使用を中止し、医者に検査してもらって下さい。

ところが、日本のラティッセのHPに書いてあることは、とても少なくてびっくり。

Q.LATISSEの副作用として何が考えられますか?
A.LATISSE薬を使用しておこる副作用では「目のかゆみ」や「充血」などがあらわれる方がいらっしゃいます。使用した方のうち 約4%が症状が出たと報告されています。LATISSE薬塗布部位付近の肌や目に出る一般的な症状のほかに、軽い副作用が出ることがあります。肌の黒ずみ、目の炎症、目の乾き、まぶたの充血があげられます。

Q.目にかゆみを感じたらどうすれば良いですか?
A.目のかゆみは使用後すぐに出てくる症状ですが、あまり長続きはしません(初期の間1~2週間)。目のかゆみだけなら、アレルギー症状でも目に傷が入っているというわけでもありません。かゆみがいつまでも続く場合や他の症状が出る場合は医師にご相談ください。

というわけで、まつ毛ぼーん♪を切望のあなた。。。
アメリカでさえ、09年の1月に医師の処方のもとで販売されたばかりなので、
いくらFDAで認可されたとはいえ、色々と怖い副作用のレポが上がるのはこれから。
カラー・コンタクト・レンズの様に、視力を失ってからではシャレになりませぬ。
必ず、日本のお医者さんで眼圧等の検査をして貰い、相談してからにしませう〜。
[PR]